特集 PR

ふたりで描く、ひとつの絵〜三尾あすか・あづち姉妹がひとりの「アーティスト」になるとき〜

第2話:「いつまでも続く、トランスフォーメーション」

三尾あすか&あづち
テキスト:小林宏彰
撮影:廣瀬育子、neutron、CINRA編集部 写真提供:neutron
『ふたりで描く、ひとつの絵 〜三尾あすか・あづち姉妹がひとりの「アーティスト」になるとき〜』 第2話:「いつまでも続く、トランスフォーメーション」をdel.icio.usに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 『ふたりで描く、ひとつの絵 〜三尾あすか・あづち姉妹がひとりの「アーティスト」になるとき〜』 第2話:「いつまでも続く、トランスフォーメーション」をlivedoorクリップに追加 『ふたりで描く、ひとつの絵 〜三尾あすか・あづち姉妹がひとりの「アーティスト」になるとき〜』 第2話:「いつまでも続く、トランスフォーメーション」をlivedoorクリップに追加 twitterでつぶやく

作品に込められた「甘い毒」

三尾あすか&三尾あづち合作
『ワカラナイケドシッテイル』
2011年/910×1170mm/ミクストメディア

澄み切った、しかしどこか寂しさを漂わせる瞳が、こちらを見つめている。

何かを静かに訴えかけるような視線。そこには、不思議な透明感があった。

隠れてはいるけれども、確かにその絵に宿っている、痛み。それはあからさまなものではなく、あくまで静かに、柔らかなトゲのように見る者の心へと刺さり、甘みのある毒をしずかに広げていく…。

『ワカラナイケドシッテイル』は、画面中央を丸く囲む立体部分の外側を、双子の姉のあすかが、内側を双子の妹のあづちが描いた作品である。ふたりの筆は、防波堤となる立体部分で堰き止められることで、むしろ安心して激しさを発露させているかのようだ。外側=静、内側=動、と対比的に描き込まれた絵は、見る者の心を捉えるべく、ゆらゆらと熱を放射していた。

展示を通覧して、はじめて見える世界観

3F 2F 1F

6月8日から26日まで、東京・南青山のneutron tokyoにて三尾あすか・あづちの二人展が行われた。展示のタイトルは『トランスフォーメーション(=変質・変容)』。かの岡本太郎が好んで用いた「メタモルフォーゼ(=変身・変態)」という言葉になぞらえ、この展覧会を経たふたりの変貌・進歩を想像して名付けられたという。会場は、2009年以来制作されてきた合作が中心となり、彼女たちの世界観が観客を包み込む見事なものだった。

ギャラリーの1階には、いずれもおよそ横幅3メートル、縦1メートルの大作『しずかな革命』『ケシンたち』をはじめとした多数の作品群があり、2階にはヴィヴィッドな色合いの作品が数点配置されていた。白い背景のもと、それらの作品は良く映え、どっしりとした風格をそなえている。そして3階には、作品の搬入を終えたのちに制作したという壁画に加え、あすかの刺繍及びペイント作品、あづちの平面及び立体作品が置かれ、二人展としての世界観を堅牢に作り上げていた。

この展示では、作品個別の力強さもさることながら、通覧したときに湧き起こる彼女たちの脳内風景を垣間見たかのような感覚が特徴的で、それこそ彼女たちが伝えたいものなのだと感じられた。作品によってさまざまにモチーフを変え、使用する色も変え、平面と立体を駆使してできあがったひとつの世界観。では、その魅力とはどんなもので、また彼女たちはどんなことを伝えようとしていたのだろうか?

三尾あすか&あづち
PAGE 1 > 2

「ふたりで描く、ひとつの絵」連載もくじへ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場 1

    『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場

  2. マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』 2

    マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』

  3. 坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演 3

    坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演

  4. 『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録 4

    『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録

  5. GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力 5

    GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力

  6. 星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う 6

    星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う

  7. 伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売 7

    伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売

  8. 北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開 8

    北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開

  9. 映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋 9

    映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋

  10. Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を 10

    Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を