特集 PR

『クリエイターのヒミツ基地』Volume36 かわベーコン(イラストレーター・漫画家)

「にゃっちーず」のキャラクター制作をご紹介!
細かいこだわりが詰め込まれたユルいキャラのヒミツ

一見、かわいいキャラに見えますが、う○こモチーフを身につけていたりと、ちょっぴりオゲレツでヤンチャ、だけどなぜか癒されてしまう「にゃっちーず」の姿。かわベーコンさんの個性的なキャラクターはどのように出来上がっていくのでしょうか? その制作工程をご紹介します。

下絵

作業工程1:下絵

まずはイラストのもとになる下絵をデジタルで描いていきます。かわベーコンさんが使用するPCはWindows8搭載の液晶一体型デスクトップ。デジタル制作を始めたのは高校生の頃。「将来を考えて、デジタルもアナログも両方できれば便利だなと思ってPCを使い出した」そうです。ソフトウェアは、SYSTEMAX社のペイントツール「SAI」を使用しています。

かわベーコン:迷っているときは、紙に筆ペンでスケッチを描いて構図を決め込んでからになりますが、下絵はペンタブレットを使ってデジタルで描いていきます。最初からデジタルで描けば修正も簡単。ペン入れの線と紛らわしくならないように青や赤のハッキリした色で、鉛筆ツールでザクザク描いていきます。下絵といっても、私の場合は構図も決まっているので、完成版に近い感覚です。

ペン入れ

作業工程2:ペン入れ

先ほど描いたカラー線画の下絵の上にレイヤーを重ね、本番の線画をペン入れしていきます。ここでもペンタブレットが大活躍。下絵のナチュラルな線の勢いを殺さないよう、キャラクターのパーツのバランスにも気を使いながら、サラサラとなぞっていきます。

かわベーコン:本番の線はインクと同じ黒で。イラストによって多少変えますが、若干太めのブラシツールで描くことが多いです。「にゃっちーず」のペン入れで一番気を使うのは、顔の輪郭とお腹の丸さ。昔よりも今のほうが少し丸っこくかわいらしい輪郭になっています。お腹の丸みも、あまり膨らませてしまうとただのデブキャラになってしまうので、ほど良い丸さを心掛けています。丸みが上手くいくまでは、何度も線を描き直しますね。

着色

作業工程3:着色

線画ができあがったら、次は着色です。かわベーコンさんの特徴でもある、明るくて淡い色合いは、どのように作られていくのでしょうか。

かわベーコン:ほぼ全ての場合、バケツツールで色を指定して一気に塗っていきます。パステル調だったりスモーキーな明るめの色を多く使うのは、見ていて元気になれる色だから。「にゃっちーず」は色の白いキャラクターなので、キャラクター本体に色を添えるのは表情作りとなるあご下などのうすい影と、ほっぺたのピンクくらいですね。背景にはグラデーションも多用しますが、デジタルだとグラデーションの色パターンもすぐに変更できるので、アナログよりも断然ラクですね。

カラーモードの変換

作業工程4:カラーモードの変換

Twitterやブログなどウェブ上で公開するイラストは、着色が終わった段階で完成となりますが、グッズや紙媒体などに使われるイラストでは、PCモニターなどで使われるRGBカラーモードから印刷用のCMYKカラーモードに色データを変換して納品します。とくにかわベーコンさんは、グッズ用のオリジナルイラストを描く機会も多いため、カラーモードの変換はよく行なうそうです。

かわベーコン:絵を描くのに使っている「SAI」では、RGBカラーからCMYKカラーへの変換ができないので、「Adobe Photoshop」を使ってファイルを変換しています。他のイラストレーターさんは、おそらく「Photoshop」を使う機会はもっと多いんじゃないかと思いますが、私はほとんどこの作業にしか「Photoshop」を使用しないので、他の機能にあまり詳しくないのが欠点ですね(笑)。

勢いの良いタッチで描かれているように見える「にゃっちーず」ですが、その制作過程にはかわベーコンさんらしい、デザイン上の細かいこだわりが詰め込まれています。そして注目してもらいたいのがイラストの背景。「意外と背景は描き込んでいるんですよ」とかわベーコンさんが言うように、「にゃっちーず」たちが暮らす部屋の調度品などはリアルに描き込まれています。「にゃっちーず」たちが暮らしているのは、もしかしたらあなたの隣の部屋なのかも? そんな想像を膨らませながら「にゃっちーず」たちと付き合ってみると、さらに楽しみが広がりそうですね。

PAGE 1 > 2 > 3

「クリエイターのヒミツ基地」連載もくじへ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施