特集 PR

『クリエイターのヒミツ基地』Volume36 かわベーコン(イラストレーター・漫画家)

「にゃっちーず」のキャラクター制作をご紹介!
細かいこだわりが詰め込まれたユルいキャラのヒミツ

一見、かわいいキャラに見えますが、う○こモチーフを身につけていたりと、ちょっぴりオゲレツでヤンチャ、だけどなぜか癒されてしまう「にゃっちーず」の姿。かわベーコンさんの個性的なキャラクターはどのように出来上がっていくのでしょうか? その制作工程をご紹介します。

下絵

作業工程1:下絵

まずはイラストのもとになる下絵をデジタルで描いていきます。かわベーコンさんが使用するPCはWindows8搭載の液晶一体型デスクトップ。デジタル制作を始めたのは高校生の頃。「将来を考えて、デジタルもアナログも両方できれば便利だなと思ってPCを使い出した」そうです。ソフトウェアは、SYSTEMAX社のペイントツール「SAI」を使用しています。

かわベーコン:迷っているときは、紙に筆ペンでスケッチを描いて構図を決め込んでからになりますが、下絵はペンタブレットを使ってデジタルで描いていきます。最初からデジタルで描けば修正も簡単。ペン入れの線と紛らわしくならないように青や赤のハッキリした色で、鉛筆ツールでザクザク描いていきます。下絵といっても、私の場合は構図も決まっているので、完成版に近い感覚です。

ペン入れ

作業工程2:ペン入れ

先ほど描いたカラー線画の下絵の上にレイヤーを重ね、本番の線画をペン入れしていきます。ここでもペンタブレットが大活躍。下絵のナチュラルな線の勢いを殺さないよう、キャラクターのパーツのバランスにも気を使いながら、サラサラとなぞっていきます。

かわベーコン:本番の線はインクと同じ黒で。イラストによって多少変えますが、若干太めのブラシツールで描くことが多いです。「にゃっちーず」のペン入れで一番気を使うのは、顔の輪郭とお腹の丸さ。昔よりも今のほうが少し丸っこくかわいらしい輪郭になっています。お腹の丸みも、あまり膨らませてしまうとただのデブキャラになってしまうので、ほど良い丸さを心掛けています。丸みが上手くいくまでは、何度も線を描き直しますね。

着色

作業工程3:着色

線画ができあがったら、次は着色です。かわベーコンさんの特徴でもある、明るくて淡い色合いは、どのように作られていくのでしょうか。

かわベーコン:ほぼ全ての場合、バケツツールで色を指定して一気に塗っていきます。パステル調だったりスモーキーな明るめの色を多く使うのは、見ていて元気になれる色だから。「にゃっちーず」は色の白いキャラクターなので、キャラクター本体に色を添えるのは表情作りとなるあご下などのうすい影と、ほっぺたのピンクくらいですね。背景にはグラデーションも多用しますが、デジタルだとグラデーションの色パターンもすぐに変更できるので、アナログよりも断然ラクですね。

カラーモードの変換

作業工程4:カラーモードの変換

Twitterやブログなどウェブ上で公開するイラストは、着色が終わった段階で完成となりますが、グッズや紙媒体などに使われるイラストでは、PCモニターなどで使われるRGBカラーモードから印刷用のCMYKカラーモードに色データを変換して納品します。とくにかわベーコンさんは、グッズ用のオリジナルイラストを描く機会も多いため、カラーモードの変換はよく行なうそうです。

かわベーコン:絵を描くのに使っている「SAI」では、RGBカラーからCMYKカラーへの変換ができないので、「Adobe Photoshop」を使ってファイルを変換しています。他のイラストレーターさんは、おそらく「Photoshop」を使う機会はもっと多いんじゃないかと思いますが、私はほとんどこの作業にしか「Photoshop」を使用しないので、他の機能にあまり詳しくないのが欠点ですね(笑)。

勢いの良いタッチで描かれているように見える「にゃっちーず」ですが、その制作過程にはかわベーコンさんらしい、デザイン上の細かいこだわりが詰め込まれています。そして注目してもらいたいのがイラストの背景。「意外と背景は描き込んでいるんですよ」とかわベーコンさんが言うように、「にゃっちーず」たちが暮らす部屋の調度品などはリアルに描き込まれています。「にゃっちーず」たちが暮らしているのは、もしかしたらあなたの隣の部屋なのかも? そんな想像を膨らませながら「にゃっちーず」たちと付き合ってみると、さらに楽しみが広がりそうですね。

PAGE 1 > 2 > 3

「クリエイターのヒミツ基地」連載もくじへ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら