コラム

CINRA MAIL MAGAZINE連載コラム『全裸』2009年4月配信分(vol.221~224)

CINRA MAIL MAGAZINE連載コラム『全裸』2009年4月配信分(vol.221~224)

武田砂鉄
2009/05/26

vol.223 満員電車で山之内さん達が(2009/04/20)

全裸

ある程度の満員電車に乗らなければならない。仕方が無い。でもそれなりに快適な環境を目指していく。少しは空いているかもしれない前方か後方かを探す。しかし、どこもたいして変わりはない。そんな時、何となく女性が多い車両を探す、割と懸命に。だってそっちのほうがいいじゃんか。これに対する反論がありましたら下さいな。無いのです、女性が多いほうがいいのです。

前方から2両目を覗くと、どうやら女性率高し。いざ入店とばかりに乗車、しかし、踏み入れて発見、奥地に戯れるオジサマ達の御姿よ。店先にかわいいオネーちゃんを出しといて、お店の奥から強面のオッサン登場で数万円のポッキーを食わされるアレのごとし。満員電車に乗ると、本を読めるわけでもなくイヤフォンの音量を上げられるわけでもないものだから、ひとまず自分の目の前にいる誰それの今日の心境を勝手に作り上げていく。

この4月に課長代理に昇格した山之内さんの予定。今日は金曜日なので、10時から管理職会議がある。代理とはいえ管理職の仲間入りを果たした山之内さんはこの会議に出るのが楽しみである。いや、正確に言うと、「あ、これから、管理職会議だから」とフロアに言い残すのが楽しみなのだ。背中に注がれるあの視線の気持ち良さが分かるようになってから、なんだか空気が美味しい。

季節を先取りしすぎた感のあるノースリーブの幸恵は、昨日の受注ミスを引きずっている。6000個で良かったのだが、7000個の発注。数が多い分には構わなかったのだが、数が多くなることによって納期が遅れてしまうのだ。朝一に電話して納期の件をうまくおさめられなければ、この案件自体が流れてしまう可能性もある。それだけは何とか避けておきたい。

9時45分に代々木のドトールで里崎さんと打ち合わせをする予定になっている弓長卓雄は、書類をまだ読み切れていないために焦っている。先方に納得してもらうプレゼンテーションができそうにもない。書類を前にしているものの、どうにも頭を通り過ぎていく。まず別の話題で盛り上げて取り込んでおく必要がある。娘の入学式があったんだっけか。それだ。

ちっとも面白くない。でも、ちょっと面白い予定を抱えている人なんてそんなにいないんであって、ちっとも×ちっとも×ちっとも×ちょっと×ちっとも位が普通の満員電車なのだ。終点につき、改札へ向かう所で、なんとなく山之内と幸恵と弓長がタテに並んだ。その後ろに付いていく。乗り換え専用改札を通り過ぎると、山之内は直進し、幸恵はすぐそこのホームへ登っていき、弓長は接続列車の時間を計っている。僕はウォークマンの電池が危なさそうなので、音量を小さくしてごまかしてみた。何てことない日常を書く小説やマンガ達よ、いやはや本当に日常は何てことないんですから、そんなに日常を小出しにしないでくれ彩らないでくれ、そもそも日常は小説にもマンガにもならんのですよ。そして、その「ならなさ」が大事だと思っておるのですよ。

Page 3
前へ 次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開