横浜流星がダークサイドに堕ちた青年役に 藤井道人監督『ヴィレッジ』

2022. 05.19
©2023「ヴィレッジ」製作委員会

藤井道人監督・脚本、スターサンズ制作の映画『ヴィレッジ』が2023年に公開される。とある⽇本の集落・霞⾨村を舞台に、横浜流星演じる主人公・片山優の変化と社会構造の歪みを浮き彫りにしたヒューマンサスペンス。母親が抱えた借金の支払いに追われながらゴミ処理施設で働く片山の希望のない日々が、幼なじみの美咲が東京から戻ったことをきっかけに動き出す。横浜は「日々の辛い状況から逃げたくても逃げられない。我慢しか出来ない青年を生き、身も心も削られましたが、彼の変化を楽しみにしていただきたいです」とコメント。企画・製作・エグゼクティブプロデューサーは河村光庸(スターサンズ)。

2022年5月19日のニュース一覧へ 新着記事一覧へ

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて