特集 PR

トクマルシューゴ インタビュー

トクマルシューゴ インタビュー

インタビュー・テキスト
柏井万作

海外はレーベルが多いし、いろんな音楽を受け入れる受け皿がありますね。

―ファースト・アルバムはアメリカのレーベルからのリリースでしたが、どんな経緯だったんですか?

トクマル:日本に住んでいる外国人の友人がいるんですけど、彼がmusic relatedというニューヨークのインディーズ・レーベルに僕のデモCDを渡してくれたのがきっかけでした。当時の日本には僕みたいなソロ・アーティストをリリースしているところがなかったので、国内のレーベルは探しもしなかったんです。海外はレーベルが多いし、いろんな音楽を受け入れる受け皿がありますね。

―国内以上に海外での反響が強かったと聞きますが、レーベルがしっかりプロモーションしてくれたんですか?

トクマル:元々小さな個人経営のレーベルなのであんまり(笑)。でも、ニューヨークにあるOTHER MUSICとスウェーデンにあるDOTSHOPというお店が大きく取り上げてくれたのが大きかったです。OTHER MUSICなんて本当に小さなお店なんですけどね。

―世界規模の口コミですね(笑)。音楽に力があれば、ちゃんと評価されていくっていう好例だと思います。トクマルさんは事務所を付けず、基本的に全て自分でマネージメントしていますよね。これからのバンドやアーティストにとってお手本になる存在だと思っているんですが、それは継続していく予定ですか?

トクマル:事務所つけると自分のやりたい方向で進めないかもしれないから、今のところはこのまま自分でやりたいと思っています。単純に好きな音楽を作っていたいだけなので、メジャーに行きたいというのもないし、行きたくないというのもない。やりたいことが出来る環境があれば良くて、そういう点ではイースタンユースが凄いです。彼らは自分たちで事務所をやって、周りに頼らず上がっていった。そういうスタイルは憧れますね。

―イースタンユースは自主企画で積極的に新しい人を紹介したり、そういう活動自体がリスナーから支持されてますよね。逆に、事務所がないと大変なこともやっぱりあるんですか?

トクマル:事務所経由じゃないと上の人たちとコンタクトが取れないことがあるのは面倒ですね。海外での僕の立ち位置を理解して一緒にやってくれるような、そこまで考えてくれる事務所がないのも理由の一つなんですよね。

―では、リリースされたばかりのサード・アルバム『EXIT』について聞かせてください。今作を含めトクマルさんの音楽には玩具やガラクタなどいろんな音が使われていますが、どうしてそういう音を使おうと思ったんでしょうか?

トクマル:18~20歳まではずっとギターばかりで曲を作っていたから、単純に飽きたんです(笑)。他の色んな楽器の音色があまりに新鮮で、色んな楽器を買ってみたんですよ。

―普段あまり聞かないような楽器音のアンサンブルが独特の世界観を構築してますよね。

トクマル:僕にもよく分からないんですけど、ああいう作り込まれた世界が好きなんですよね。元々カートゥーン・ミュージックが好きで、それと同時に、プログレやサイケとかドロドロした音楽も好きで。その二つを合わせるとこうなるというか。あまり深くは考えてなくて、遊んでた感じですかね。普通のものを作る気はまったくなかったし、そんなのは僕じゃなくても作れると思うので。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

プロフィール

トクマルシューゴ

100種類以上の楽器/非楽器を操り、レコーディングからミックスまで全てをひとりでこなす。デビュー作『Night Piece』(2004)、セカンド・アルバム 『L.S.T.』(2005) の相次ぐ海外リリースによって、一躍世界で最も注目される若手日本人アーティストのひとりとなったポップ・マエストロ。2006年には初のヨーロッパ・ツアーを敢行。日本でも旺盛なライヴ活動を展開し、キセル、七尾旅人、湯川潮音、イースタンユース、 SAKEROCK、二階堂和美、54-71、OGRE YOU ASSHOLE、nhhmbase、テニスコーツ等と共演したほか、アニマルコレクティブをはじめ20以上の海外アーティストとの共演もした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像