特集 PR

トクマルシューゴ インタビュー

トクマルシューゴ インタビュー

インタビュー・テキスト
柏井万作(CINRA.NET編集長)

海外はレーベルが多いし、いろんな音楽を受け入れる受け皿がありますね。

―ファースト・アルバムはアメリカのレーベルからのリリースでしたが、どんな経緯だったんですか?

トクマル:日本に住んでいる外国人の友人がいるんですけど、彼がmusic relatedというニューヨークのインディーズ・レーベルに僕のデモCDを渡してくれたのがきっかけでした。当時の日本には僕みたいなソロ・アーティストをリリースしているところがなかったので、国内のレーベルは探しもしなかったんです。海外はレーベルが多いし、いろんな音楽を受け入れる受け皿がありますね。

―国内以上に海外での反響が強かったと聞きますが、レーベルがしっかりプロモーションしてくれたんですか?

トクマル:元々小さな個人経営のレーベルなのであんまり(笑)。でも、ニューヨークにあるOTHER MUSICとスウェーデンにあるDOTSHOPというお店が大きく取り上げてくれたのが大きかったです。OTHER MUSICなんて本当に小さなお店なんですけどね。

―世界規模の口コミですね(笑)。音楽に力があれば、ちゃんと評価されていくっていう好例だと思います。トクマルさんは事務所を付けず、基本的に全て自分でマネージメントしていますよね。これからのバンドやアーティストにとってお手本になる存在だと思っているんですが、それは継続していく予定ですか?

トクマル:事務所つけると自分のやりたい方向で進めないかもしれないから、今のところはこのまま自分でやりたいと思っています。単純に好きな音楽を作っていたいだけなので、メジャーに行きたいというのもないし、行きたくないというのもない。やりたいことが出来る環境があれば良くて、そういう点ではイースタンユースが凄いです。彼らは自分たちで事務所をやって、周りに頼らず上がっていった。そういうスタイルは憧れますね。

―イースタンユースは自主企画で積極的に新しい人を紹介したり、そういう活動自体がリスナーから支持されてますよね。逆に、事務所がないと大変なこともやっぱりあるんですか?

トクマル:事務所経由じゃないと上の人たちとコンタクトが取れないことがあるのは面倒ですね。海外での僕の立ち位置を理解して一緒にやってくれるような、そこまで考えてくれる事務所がないのも理由の一つなんですよね。

―では、リリースされたばかりのサード・アルバム『EXIT』について聞かせてください。今作を含めトクマルさんの音楽には玩具やガラクタなどいろんな音が使われていますが、どうしてそういう音を使おうと思ったんでしょうか?

トクマル:18~20歳まではずっとギターばかりで曲を作っていたから、単純に飽きたんです(笑)。他の色んな楽器の音色があまりに新鮮で、色んな楽器を買ってみたんですよ。

―普段あまり聞かないような楽器音のアンサンブルが独特の世界観を構築してますよね。

トクマル:僕にもよく分からないんですけど、ああいう作り込まれた世界が好きなんですよね。元々カートゥーン・ミュージックが好きで、それと同時に、プログレやサイケとかドロドロした音楽も好きで。その二つを合わせるとこうなるというか。あまり深くは考えてなくて、遊んでた感じですかね。普通のものを作る気はまったくなかったし、そんなのは僕じゃなくても作れると思うので。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

プロフィール

トクマルシューゴ

100種類以上の楽器/非楽器を操り、レコーディングからミックスまで全てをひとりでこなす。デビュー作『Night Piece』(2004)、セカンド・アルバム 『L.S.T.』(2005) の相次ぐ海外リリースによって、一躍世界で最も注目される若手日本人アーティストのひとりとなったポップ・マエストロ。2006年には初のヨーロッパ・ツアーを敢行。日本でも旺盛なライヴ活動を展開し、キセル、七尾旅人、湯川潮音、イースタンユース、 SAKEROCK、二階堂和美、54-71、OGRE YOU ASSHOLE、nhhmbase、テニスコーツ等と共演したほか、アニマルコレクティブをはじめ20以上の海外アーティストとの共演もした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開