特集 PR

WATER WATER CAMELインタビュー

WATER WATER CAMELインタビュー

インタビュー&テキスト
柏井万作(CINRA.NET編集長)
撮影:小俣奈緒子

もうちょっと希望のあること言おうよ!(笑)

―WATER WATER CAMEL(以下、WWC)は1995年、中学2年生の時に結成したんですよね。

齋藤キャメル(C):そうなんです。結成12年って言うと、「おっさんか?」って思われる(笑)。

―(笑)。最初の頃はどんな音楽をやっていたんですか?

C:ミスチルとかTHE BOOMとか、あらゆるものをやってましたよ。高校2年生頃からオリジナル曲をやり始めたけど、ファンクとか激しめのロックとか今のWWCとは全然違う感じで。

―若さ溢れる音楽だったんですね~。シャウトとかしてた感じ?

田辺玄(T):してたしてた。そのまま飛んでってステージからいなくなってましたね(笑)。だから当時を知ってる人には「随分変わっちゃったね」なんて言われます。実はその頃が一番盛り上がってて、お客さんも100人くらい来てくれてたんだよね(笑)。

C:横浜スタジアムでライブやることがあって、バス3台借りて180人くらいで遠征したり(笑)。

―メチャメチャ売れっ子じゃないですか (笑)。そういう変遷を同じメンバーで共有してきてるのがまた面白いですよね。好きな音楽とかも、10代の頃からずっと共有してきているんですもんね?

T:いや、全然バラバラなんですよ。普通バンドって、「こういう音楽やりたい」というところでメンバーが集まると思うんですけど、僕らの場合はまず「バンドやりたい」ってところから始まってるからね。

C:だから結束はないですが(笑)、家族に流れてる空気みたいのがバンド内にありますね。

―実際に今は3人で一軒家に住んでいるとのことですが、家がスタジオと化しているんですよね?

C:そう、『花がよくにあう』も家で録りました。だから全然お金かかってない(笑)。

T:頑張ればドラムも録れるし、リハもできちゃったりする。

C:山梨にいる時も玄の家でやってたしね。とにかく金がなかったから、ないなりにやるしかないっていうのもあるしね。

―それでこのクオリティーの高さは凄いと思います。今回は「凪」という曲を紹介させてもらうんですが、この曲はどんな風に生まれてきたんですか?

C:新宿の高層ビルでコンピューターを打っていたんです。そこには広い窓があって、いつも景色を見ながら仕事してたんですけど、その時そこからいい空が見えて。その景色を見ながらその場でパタパタパタと歌詞を打って。

―そこから故郷の山々が見えたわけですね。

C:そう、まさに歌詞の通りで。その景色見ながら、「ハァうんざり」って。今の俺大嫌い、って思いまして。

須藤剛志(S):もうちょっと希望のあること言おうよ!(笑)

C:いや、それが本当のことなんです。僕ね、小さな世界でただ家族と静かに暮らしていたいだけなんですね。東京でコンピューターとか打っているような人間じゃない。だから常にうんざりしているんですけど、その瞬間は、凄く良い時間だったんですよ。風がなくて、雲がピタリと止まっていて。高層ビルだから下界も見えないし、本当に時が止まったみたいでドキドキしたんです。僕はそういう「あ、来た」っていう瞬間に歌詞がズラズラっと書けるし、先に歌詞から作ると納得した曲になりますね。メロディーが先に出来て後から歌詞を付けるといらないこと言ってしまうことが多くなるんですよ。

T:言葉に意味、必然性があって曲が生まれてくる感じだよね。音はどうしても抽象的になるし、こういう歌モノはまず言葉があった方がいいものになるよね。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

WATER WATER CAMEL
『花がよくにあう』

2007年11月21日発売
価格:1,800円(税込)
Gondwana label

WATER WATER CAMEL
『AIRSHIP』

2007年2月7日発売
価格:1,800円(税込)
Gondwana label

プロフィール

WATER WATER CAMEL

東京郊外の宅録スタジオと化した一軒家で、音楽的自給自足の毎日をひっそり送っていたが、2007年2月ついにファーストアルバム『AIRSHIP』でささやかにデビューを果たす。今のところ「巨星現る」とかそういった話は聞こえてこないが、ニッポン全国の小粋なカフェやお寺なんかにまでお呼ばれされたりして、なかなかちょっとしたものなのかもしれない。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」