特集 PR

WATER WATER CAMELインタビュー

WATER WATER CAMELインタビュー

インタビュー&テキスト
柏井万作(CINRA.NET編集長)
撮影:小俣奈緒子

もうちょっと希望のあること言おうよ!(笑)

―WATER WATER CAMEL(以下、WWC)は1995年、中学2年生の時に結成したんですよね。

齋藤キャメル(C):そうなんです。結成12年って言うと、「おっさんか?」って思われる(笑)。

―(笑)。最初の頃はどんな音楽をやっていたんですか?

C:ミスチルとかTHE BOOMとか、あらゆるものをやってましたよ。高校2年生頃からオリジナル曲をやり始めたけど、ファンクとか激しめのロックとか今のWWCとは全然違う感じで。

―若さ溢れる音楽だったんですね~。シャウトとかしてた感じ?

田辺玄(T):してたしてた。そのまま飛んでってステージからいなくなってましたね(笑)。だから当時を知ってる人には「随分変わっちゃったね」なんて言われます。実はその頃が一番盛り上がってて、お客さんも100人くらい来てくれてたんだよね(笑)。

C:横浜スタジアムでライブやることがあって、バス3台借りて180人くらいで遠征したり(笑)。

―メチャメチャ売れっ子じゃないですか (笑)。そういう変遷を同じメンバーで共有してきてるのがまた面白いですよね。好きな音楽とかも、10代の頃からずっと共有してきているんですもんね?

T:いや、全然バラバラなんですよ。普通バンドって、「こういう音楽やりたい」というところでメンバーが集まると思うんですけど、僕らの場合はまず「バンドやりたい」ってところから始まってるからね。

C:だから結束はないですが(笑)、家族に流れてる空気みたいのがバンド内にありますね。

―実際に今は3人で一軒家に住んでいるとのことですが、家がスタジオと化しているんですよね?

C:そう、『花がよくにあう』も家で録りました。だから全然お金かかってない(笑)。

T:頑張ればドラムも録れるし、リハもできちゃったりする。

C:山梨にいる時も玄の家でやってたしね。とにかく金がなかったから、ないなりにやるしかないっていうのもあるしね。

―それでこのクオリティーの高さは凄いと思います。今回は「凪」という曲を紹介させてもらうんですが、この曲はどんな風に生まれてきたんですか?

C:新宿の高層ビルでコンピューターを打っていたんです。そこには広い窓があって、いつも景色を見ながら仕事してたんですけど、その時そこからいい空が見えて。その景色を見ながらその場でパタパタパタと歌詞を打って。

―そこから故郷の山々が見えたわけですね。

C:そう、まさに歌詞の通りで。その景色見ながら、「ハァうんざり」って。今の俺大嫌い、って思いまして。

須藤剛志(S):もうちょっと希望のあること言おうよ!(笑)

C:いや、それが本当のことなんです。僕ね、小さな世界でただ家族と静かに暮らしていたいだけなんですね。東京でコンピューターとか打っているような人間じゃない。だから常にうんざりしているんですけど、その瞬間は、凄く良い時間だったんですよ。風がなくて、雲がピタリと止まっていて。高層ビルだから下界も見えないし、本当に時が止まったみたいでドキドキしたんです。僕はそういう「あ、来た」っていう瞬間に歌詞がズラズラっと書けるし、先に歌詞から作ると納得した曲になりますね。メロディーが先に出来て後から歌詞を付けるといらないこと言ってしまうことが多くなるんですよ。

T:言葉に意味、必然性があって曲が生まれてくる感じだよね。音はどうしても抽象的になるし、こういう歌モノはまず言葉があった方がいいものになるよね。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

WATER WATER CAMEL
『花がよくにあう』

2007年11月21日発売
価格:1,800円(税込)
Gondwana label

WATER WATER CAMEL
『AIRSHIP』

2007年2月7日発売
価格:1,800円(税込)
Gondwana label

プロフィール

WATER WATER CAMEL

東京郊外の宅録スタジオと化した一軒家で、音楽的自給自足の毎日をひっそり送っていたが、2007年2月ついにファーストアルバム『AIRSHIP』でささやかにデビューを果たす。今のところ「巨星現る」とかそういった話は聞こえてこないが、ニッポン全国の小粋なカフェやお寺なんかにまでお呼ばれされたりして、なかなかちょっとしたものなのかもしれない。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで