特集 PR

佐藤玲インタビュー

佐藤玲インタビュー

インタビュー・テキスト
杉浦太一(CINRA, Inc. 代表取締役)
柏木ゆか
撮影:柏木ゆか
2008/05/28

窓の外の景色を見てるだけで、すごくワクワクするし、楽しいんです

─どういった経緯でカイカイキキに所属されたんですか?

佐藤:高校卒業前の春休みにGEISAIの1回目に出品をして、そこでは賞は穫れなかったんですけど、そのしばらく後にカイカイキキの方から電話があって、「今までの作品全部持ってきて下さい」って言われたんです。何がなんだかわからぬまま、とりあえずアトリエのある埼玉まで行って、カイカイキキの方や村上さんに作品を見てもらったんですね。それからまたしばらくして 「入らないか」と。自分自身全く状況がわからなくて、その後になってようやく、「あ、そういうことだったのか」と気づきました(笑)。それまでは自分が作ったものを「作品」としてあまり意識をしていませんでしたし、作品を白い手袋をして扱うっていうことにまず驚いたりして(笑)。

─高校卒業と同時にカイカイキキに所属されて、同時に専門学校も通っていらしたとのことですが、所属される前、つまり社会的に「アーティスト」になる前と後で、何か状況や考え方に変化はありましたか?

佐藤:もうすっごい変わりましたね(笑)。それまでは本当に楽しくて作品を作っているだけっていうかんじでしたから。でも、作ること自体の楽しさは何も変わりません。逆にその作る楽しさ以外のことが全て、180度変わったっていうかんじなのかなあ。観る人がいることを考えたり、作ることに〆切があったり。

─佐藤さんの作品を見ると、何かを訴えかけるものというよりは、ごく日常的な情景を表現していますよね。

佐藤:そうですね、私はいつもアトリエまでの通勤途中に写真を撮ることが多いのですが、「昨日は気づかなかったのにここに花が咲いていた」とか、「あそこに変な看板があった」とか、そういう日常の中の楽しさを見つけるのがすごく好きなんです。だから電車に乗っていても、窓の外の景色を見ているだけで、すごくワクワクするし、楽しい。逆に他の人が楽しいもの、例えばテレビゲームとかの楽しさはよくわからなくって、もう、ただ外を見ているだけで楽しいんです。

─そうして撮られた写真の上に絵が乗っかるわけですが、どんな想いで写真の上に絵を描かれているんですか?

佐藤玲インタビュー

佐藤:この風景の中にこういう人がいたらいいな、とか、見えてはいないけど本当はこういう世界なのかもしれないな、とか、そういう妄想をして描いていくことが多いですね。写真を最初から撮る人だったら抵抗があったかもしれないけど、私の場合は昔から紙袋にもチラシの裏にも絵を描いていて、その延長線のようなものだったので、あまり抵抗がなく描けました。

─なるほど。きっとそういった、みんなが日常を生きていて見過ごすような「楽しさ」や「ワクワク」が佐藤さんの頭の中には無限に広がっているんですね。毎日が海外旅行的なワクワク感、って言ったら語弊があるかもしれませんが、そういう日常への視点を教えてくれるような気がします。でも、こういった作品を言葉で説明するのって大変ですよね。

佐藤:そうなんですよね。けっこうむずかしいです。でも、言葉で細かく説明するより、最近はもっと単語で表現できないかな、と思っていて。例えば三つの単語を組み合わせたら、なんとなくイメージがわかったり。普段から詩を読んだりしているので文章で説明するよりそっちのほうがしっくりきそうな気がしています。

─今回の初の個展は通常の展示だけではなく、会場内に喫茶店「千歳緑」をオープンするなどおもしろい試みをされてましたが、この「千歳緑」は元々ご家族でやっていたお店なんですよね?

佐藤:そうです。高円寺で3週間だけやっていたお店なんです。

佐藤玲インタビュー

─3週間だけっていうと、何かあったんですか?

佐藤:元々電車の運転手をしていた父がはじめたお店だったんですけど、3週間したらお金がなくなっちゃって(笑)。ほんとなら、そういうことも考えて最初はある程度お金を準備しておくんでしょうけど、ウチの家族はきっとそうじゃないんでしょうね。店舗の運営期間より準備期間の方が長かったんじゃないかな。幻のお店ですよ(笑)。私も準備期間や開店してからの3週間中、たまに手伝ったりしてました。父は昔、詩を書いたりしていたようで、仕事を始めてからは仕事一筋という感じでしたから、きっとやりたかったことがいっぱいたまっていたんだと思うんです。父が「千歳緑」をはじめてからわかったことですね。

─じゃあ、お父さんの夢が佐藤さんの個展で復活したんですね。

佐藤:そうなんです。だから個展のときにすごくうれしそうにしてくれてよかった。元々日曜日だけのカフェの運営予定だったのに、会社を休んでまで自分から来てくれたりして。父は、そこが本物のカフェみたいに、きびきび働いて過ごしてました。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

佐藤玲個展

2008年6月26日(木)~8月8日(金)

会場:アメリカ ニューヨーク Lehmann Maupin Gallery

プロフィール

佐藤玲

GEISAI#1をきっかけに、村上隆率いるカイカイキキに所属。パリのカルティエ財団で開催された「ぬりえ」展を始めとし、多数のグループ展に参加。今年4月には日本初の個展となる『SUN』を開催(Kaikai Kiki Gallery, 東京)しており、今後は6月26日から8月8日までNYのLehmann Maupinにて個展が開催予定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談 1

    ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談

  2. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 2

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  3. 『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら 3

    『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら

  4. 歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来 4

    歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来

  5. 新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任 5

    新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任

  6. ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一 6

    ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一

  7. 米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録 7

    米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録

  8. ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着 8

    ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着

  9. 『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞 9

    『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞

  10. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 10

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために