特集 PR

ロックの宇宙船 avengers in sci-fiインタビュー

ロックの宇宙船 avengers in sci-fiインタビュー

インタビュー・文
柏井万作(CINRA.NET編集長)
撮影:古田あずさ 衣装提供:CA4LA

自らのバンド名に付けた「sci-fi = SF」という言葉そのままに、独自の近未来的ダンスロック・サウンドを完成させた3ピースバンド「avengers in sci-fi」。間もなくセカンドアルバム『SCIENCE ROCK』をリリースし、年末恒例の大型イベント『COUNTDOWN JAPAN 08/09』やASIAN KUNG-FU GENERATIONのツアーへの出演が決定するなど大舞台へ飛び立とうとしている彼らに、新作やこれからの展望について伺った。

自分達のストライクゾーンにがっちりはまるものを自分達で作らなきゃと思うようになりました

―アベンジャーズはどんな風に活動を始めたんですか?

木幡:稲見と僕が高校の同級生で、最初は普通にコピーバンドから始まって。THE BLUE HARTSとかthee michelle gun elephantとか、Hi-STANDARDとかやってましたね。

稲見:エアジャム周辺のメロディック・パンクをよくやってて、オリジナル曲をやり始める手前はREACHのコピーをやることが多かったんですよ。REACHってメロコアからどんどん変化してエフェクターを多用してたから、コピーするのにエフェクターが必要になってきて。

―それが今のアベンジャーズのエフェクティブなサウンドにつながってるんですね。

ロックの宇宙船 avengers in sci-fiインタビュー

木幡:でも最初のオリジナルはもう本当どメロコアって感じだった(笑)。確かに最初はREACHっていう完全な雛形があったけど、REACHもREACHで変化していくから自分達の中でど真ん中ストライクっていうものがなくなっちゃって。だから、自分達のストライクゾーンにがっちりはまるものを自分達で作らなきゃと思うようになりましたね。

―アベンジャーズの音楽はロックですけど、クラブ・ミュージックの影響も感じ取れますよね。打ち込み系の音楽もよく聴いていたんですか?

木幡:世代的に打ち込み=小室哲哉みたいな感じだったから、打ち込みってもともと大嫌いで(笑)。そういう“時代のモノ”とは違うものを求めて聴いたのがNIRVANAで、そういうところからギターを弾き始めたりしてるから、シンセが鳴ってる音楽は一切聴かなかったかな。

―でも、いまはシンセ使ってますよね(笑)。

木幡:さっき話したREACHもそうだし、自分の感性に合致するものがなくなっていく過程で、自分も違うものを聴いてみようかなっていう気になる。そういうときにUnderworldとかThe Chemical Brothersとか聴いたりしたんです。あとはまあ、WRENCHの影響が意外とデカイですね。

―ダンサブルなところに魅かれたんですか?

木幡:そうですね。あとは質感がゴリゴリしてるところもありつつ、ギターがエフェクティブでスペイシーな感じがして。もともとスペイシーな感じのものが好きだったんで。

―スペイシーといえば、今回のジャケットデザインはPink Floyd『狂気』へのオマージュになっていますよね。以前は「Atom Heart Mother」(Pink Floydのアルバム名)をバンド名にしていたこともあったり、かなりのPink Floyd好きなんですか?

木幡:曲は意外と好きじゃないんですけどね(笑)。なんか、Pink Floydっていう存在にちょっと魅かれるっていう。神秘性みたいな。

―世界観がデカさはアベンジャーズも共通してる部分じゃないですか?

木幡:何を作るにも、コンセプチュアルにしたいって気持ちがあるんですよ。「avengers in sci-fi」っていう名前で音楽をやるからにはバンド名と音がリンクしてたいし。

Page 1
次へ

リリース情報

avengers in sci-fi『SCIENCE ROCK』
avengers in sci-fi
『SCIENCE ROCK』
2008年11月5日発売
価格:2,500円(税込)
HKP-018 K-PLAN

1. Homosapiens Experience (Save Our Rock Episode.1)
2. Save Our Rock
3. Ibiza Sunset
4. Sci-Fi Age Riot
5. Starmine Sister
6. Heartbeat Satellite (S.O.S From Sci-Fi Planet .A)
7. Space Diamond (S.O.S From Sci-Fi Planet .B)
8. Minneapolis
9. Beats For Jealous Pluto
10. Science Action
11. Itsuka_Mata_Ucyu_No_Dokoka_De.

イベント情報

2nd album『SCIENCE ROCK』 release live
『ACCESS ALL UNIVERSE TOUR』

2009年1月23日(金)
会場:京都WHOOPEE'S

2009年1月25日(日)
会場:岡山CRAZY MAMA 2nd ROOM

2009年1月27日(火)
会場:熊本Drum Be-9

2009年1月28日(水)
会場:福岡Drum Be-1

2009年1月30日(金)
会場:広島ナミキジャンクション

2009年1月31日(土)
会場:松山SALON KITTY

2009年2月1日(日)
会場:徳島CROWBAR

2009年2月7日(土)
会場:宇都宮HEAVENS ROCK

2009年2月8日(日)
会場:熊谷HEAVENS ROCK

2009年2月11日(水)
会場:札幌mole

2009年2月13日(金)
会場:新潟CLUB JUNK BOX mini

2009年2月14日(土)
会場:郡山CLUB #9

2009年2月15日(日)
会場:仙台MACANA

2009年2月20日(金)
会場:名古屋APOLLO THEATER

2009年2月21日(土)
会場:大阪ファンダンゴ

2009年2月22日(日)
会場:神戸BLUEPORT

プロフィール

avengers in sci-fi

神奈川県内の高校の同級生だった二人に長谷川が加わり、2002年頃からavengers in sci-fiとして活動開始。2004年にミニアルバム「avengers in sci-fi」、2006年に1stフルアルバム『avenger strikes back』をリリース。

2008年にはライブ会場限定シングル『PLANET ROCK_CD』の発売をはさみ2ndフルアルバム『SCIENCE ROCK』がリリースされる。ポップでありながら3ピースの概念にとらわれないサウンドを基本に、様々な音楽要素を吸収したスタイルは「ロックの宇宙船」と評される。ちなみに「アヴェンジャーズ・イン・サイファイ」と読む。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら