特集 PR

対談 ボクデス(小浜正寛)×桜井圭介(音楽家/ダンス批評)

対談 ボクデス(小浜正寛)×桜井圭介(音楽家/ダンス批評)

テキスト:
桜井圭介
構成・撮影:柏井万作

ボクデスこと小浜正寛は、とにかく幅の広い人だ。ビートたけしに絶賛されたこともあれば、振付家として賞をもらったこともある。さらにアート界では、村上隆による『芸術道場』で「誰ピカ賞」を受賞、というように、彼の辞書に「ジャンル」という文字はない。そんなボクデスが、間もなくソロパフォーマンス・ベスト・ライブ『スプリングマン、ピョイ!』を行なう。果たしてそこでは、どんなパフォーマンスが観られるのか? 同公演のプロデューサーである桜井圭介氏との刺激的な対談、ぜひご一読を。

あわてふためく挙動不審な男っていうのが自動的に生成されるじゃない? その挙動りがものすごくダンスだなーって。

桜井:今のお客さんってさ、これは演劇なのかダンスなのか、とかって結構気にするじゃない?? 僕は全部ごったまぜにして境界を無くしたいなと思ってやってるんだよね、「吾妻橋ダンスクロッシング」を。それで、こないだ今回のボクデス公演の構成表を初めて見せてもらったとき、わー、要素がいっぱいあるなー、こんなに色々違う事を一人でやってるヤツがいる、それがボクデスってことか、って思ったんだよね、あらためて。ボクデス=“一人吾妻橋”、あと、ボクデス=多重人格って(笑)。

ボクデス:今回は集大成ということで、これまでの作品を全部まとめてつなげると、こんな事になっちゃうんだ! っていうのを見せれればなと。だから、個々の元ネタは別々の機会に作ったもので、その都度、意識が違うっていうのが強いですかね。

桜井:それ、多重人格だよ(笑)。人格が交代制で出てくるんだから。それはともかくとして、それで?

ボクデス:例えば、“蟹ダンサー多喜二”はダンス作品なんですよね。“河童次郎のキュウリ・アート”はダンスじゃないっていう意識。

蟹ダンサー多喜二

桜井:自分の中の別人格だ、と(笑)。どこが違うの?

ボクデス:ダンスって「グルーヴ」だと思うんです。で、グルーヴが何かって言ったら、やっぱり見てて、「溝」か何か分からないけど、つながってて気持ち良いものって思うんですね。で、「蟹」は僕の中ではつながってるんですよね。つまり、グルーヴって、身体じゃなくてもモノでも良いと思ってて、蟹の脚の揺れには、グルーヴがあると思って作ってるんですよ。だけど。“河童次郎”に関して言うと、何もグルーヴ感を生んでないというか。

桜井:モノ(キュウリ)を踊らせてはいないって事ね?

ボクデス:そうそう。

桜井:だけど、“蟹”も“河童”もボクデスの身体自体はどうなってるのかな? 俺は両方とも踊ってるって思ってるわけ。なんで“河童”が面白いかっていうと、やっぱりボクデスの身体の状態が面白いのね、僕的には。あわてふためく挙動不審な男っていうのが自動的に生成されるじゃない? その挙動りがものすごくダンスだなーって俺は見てたわけ。じゃあ、寝て喋る“ムニャムニャ君”は何? 演劇?

ボクデス:演劇ですね。

桜井:なるほどね。ムニャムニャ言ってる台詞っていうのは全部意味ないじゃん、寝言だから。もちろん面白い台詞なんだけど、どうでもいい事言ってるわけじゃないですか? 僕は、寝言言う為に寝転がって、ごろんごろんしてるその身体の状態が面白いんだよね。

ボクデス:へえ~。

ムニャムニャ君

桜井:“ムニャムニャ君”でしか出てこないボクデスの身体性っていうのがあって、それはダンスだっていう風に俺は解釈してるのね。全部そう。だって、芝居見てるときも、役者が立ってるときの猫背とかさ、そういうものがいいなあって思ったりするし。グルーヴィだ、って。そうすると猫背=ダンスって事で、演劇の身体性、ダンス性っていうのは役者の猫背とか斜めってる身体とか変な癖とかそういう事で、そこを俺はダンス(的なるもの)って言ってるんだけどさ。

ボクデス:うんうん、そうか。ムニャムニャしてるときに、自分で身体のことは考えてなかったですね。

桜井:蟹を振ってるときは、自分の身体がどうなってるのかっていう意識は抜けてるのかなあ。

ボクデスインタビュー

ボクデス:はい、それどころじゃないです。蟹の状態を見てるとか、口の中が泡で気持ち悪いとか、そういう事でいっぱいで。蟹の足が取れたりとか、ヤバい汁が多いとか、そういう事を思ってて。“ムニャムニャ君”のときは、目をつぶってて、あ、今、ドアが開いたとか、イメージしながらやってます。身体のことは、ほっぽり出してますね。どっちかっていうと。

桜井:意識してないからリラックスしてる。

ボクデス:そう、リラックスはしてますね。

桜井:あと“蟹”の時も蟹に集中してるから、身体はリラックスだよね、ある意味。だからグルーヴがある、と。そういう事か。

ボクデス:あーそういうことか。

桜井:一個、発見したよ、今(笑)。で、河童が河童巻きつくってる時も、

ボクデス:一生懸命ですよ。

桜井:今、自分がどう見えてるかとか、それどころじゃない、と。

ボクデス:“河童”はあわてふためくように、やりづらいような仕掛けはしてるけども、基本的に身体じゃなくて料理とか、作ったものの方に僕の気はある。

桜井:最近のダンス(批評のターム)の流行りでいうと、あれだね。「タスク」ってことだ。

Page 1
次へ

イベント情報

『吾妻橋ダンスクロッシングpresents』
ボクデス・ソロパフォーマンス・ベスト・ライブ『スプリングマン、ピョイ!』

2009年3月19日(木)・20日(金・祝)
会場:スーパー・デラックス(東京都港区西麻布3-1-25 BF)
構成・演出・出演:小浜正寛

プロフィール

ボクデス

遊園地再生事業団、ニブロール、フィリップ・ドゥクフレ『IRIS』等に出演する小浜正寛のソロ・パフォーマンス・ユニット。キリンアートアワード2001奨励賞受賞。振付家として、『旧バニョレ国際振付賞ヨコハマプラットフォーム』(04)、『トヨタコレオグラフィーアワード最終審査会』(06)出場。また、俳優として、TBSドラマ『SCANDAL』やCM『ライオン/ストッパ下痢止め』等に出演。演劇、ダンス、美術、映像の枠を斜にクロッシングするかのような活動が注目を集めている。

桜井圭介(音楽家/ダンス批評)

執筆活動をはじめ、『吾妻橋ダンスクロッシング』『HARAJUKU PERFORMANCE+(PLUS)』などのキュレーション、「ダンスを発明」するワークショップ、「ダンスを再発見する」レクチャー、『トヨタコレオグラフィーアワード』などの選考委員、音楽家として振付家とのコラボレーション(ミクニヤナイハラ『青の鳥』、砂連尾理+寺田みさ子『O[JAZ]Z』等)など、あの手この手で、ダンスとのオルタナティヴな関係を模索中。著書に『西麻布ダンス教室』など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス “Tシャツ”

6月にストリーミング配信オンリーでリリースされたアルバム『Popcorn Ballads』から“Tシャツ”のPVが公開。約1分のロックチューンに合わせた、スピード感ある清々しい映像。劇中で強制着用させられる「サニーデイサービス」TシャツはROSE RECORDSのオンラインショップで予約販売中。曽我部恵一の愛犬・コハルちゃんが送る眼差し、においを嗅ぐ姿に悶絶。(川浦)