特集 PR

対談:狩生健志(俺はこんなもんじゃない)×大谷能生

対談:狩生健志(俺はこんなもんじゃない)×大谷能生

インタビュー・テキスト
柏井万作(CINRA.NET編集長)
撮影:松井(HMV online)

一度聴いたら忘れられない「俺はこんなもんじゃない」ってバンド(長いので「俺こん」と略す)。彼らが作り上げた3枚目のアルバム『OWKMJ』は、「未知との遭遇」とでも言うべきか、とにかく魅惑的な作品だった。決して他のCDでは味わえない、完全に独自な俺こんワールドが展開されている。異世界の音楽なのに、懐かしさとか、夢中で遊んでいる時みたいなウキウキ感がわき上がる。決まりきったフォーマットでは届かない、人の奥底にある感情に訴えかけてくる作品なのだ。

さて、この作品の不思議に迫るべくお招きしたのは人気の批評家であり音楽家の大谷能生さん。俺こんの真相に迫ったこの対談、かなり面白いのでご一読を!(長いけど!!!)

期間限定!フリーダウンロード
『OWKMJ』のオープニングを飾る“OWKMJのテーマ”を、1週間限定でフリーダウンロード配信中!!

HMV onlineでは、本対談の動画や、「俺はこんなもんじゃない「OWKMJ」を読み解く10枚」を公開中

狩生くんたちのコミューンはアートスクール系と違って、それぞれが「勝手にやってる」感じが良いなって思う。

―俺こんの音楽ってものすごくオリジナリティーがあると思うんですけど、「こういう音楽を作ろう!」というヴィジョンがあったんですか?

狩生:インスト・ミュージックをやろうとかサックスを入れたいとか何も意図していたわけではなくて、いつの間にかこうなっていたんです。周りにいた人を色々合わせていって、やりたいことをぶつけていったら今の形になったっていう感じですね。

大谷:なりゆきかぁ。

狩生:うん、なりゆきは結構重視してますね。

大谷:それは初めて会った時にも思ったんだよね。なんか狩生くんたちってコミューンっぽくてさ(笑)。みんなで一民族みたいな感じがあって、音楽もすごく民族音楽っぽく聴こえるんだよね。

狩生:日本っぽさがあんまり無いっていうことですかね?

俺はこんなもんじゃない

Page 1
次へ

リリース情報

俺はこんなもんじゃない『OWKMJ』
俺はこんなもんじゃない
『OWKMJ』

2009年3月28日発売
価格:2,200円(税込)
漫想社 MANSODISK-007

1. OWKMJのテーマ
2. 遊星からの物体X(アルバムver.)
3. 題名のない音楽会
4. スタジアム
5. OPEN THE GATE
6. 葬儀の日
7. 瀬
8. 空地
9. 冥土から
10. the end

リリース情報

大谷能生『持ってゆくうた 置いてゆくうた』
大谷能生
『持ってゆくうた 置いてゆくうた』

2009年3月31日発売
価格:2,100円(税込)
アクセス・パブリッシング

音楽と深い関係性の中から生み出された多くの文学作品。 そうした文学作品と作家たちの音楽との関係性を暴き、作品中に登場する音と音楽、言葉の持つ時間の流れを辿っていく。 音楽で読み解く新たな文学ガイド!

プロフィール

俺はこんなもんじゃない

2003年に1stアルバム『epitonic』、2007年に2nd『2』を発表。SXSW2007出演を含むUSツアーをおこなう。2008年イースタンユース結成20周年記念CD『極東最前線2』に参加。2009年3月末リリースの3rdアルバム『OWKMJ』はメンバー自身が完璧に納得する過去最高傑作。様々な編成を経て現在6人。

大谷能生

1972年生まれの批評家、音楽家。著書に『大谷能生のフランス革命』、『東京大学のアルバート・アイラー ―東大ジャズ講義録』シリーズ(菊地成孔との共著)、『貧しい音楽』など。その他、mas、feep、simなどのバンドで活躍している。間もなく新刊『持ってゆくうた 置いてゆくうた』が発売される。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材