特集 PR

人懐っこくもオルタナティヴ YOMOYAインタビュー

人懐っこくもオルタナティヴ YOMOYAインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
インタビュー写真:柏井万作
2009/04/30

アメリカのインディ・ロックを背景に、フォークからハードコアまでを取り込んだ独自のバンド・アンサンブル、ジャパニーズ・ポップスの伝統を受け継いだ良質なうた、さらには電飾を施したステージでのパフォーマンスでも話題の四人組、YOMOYA。昨年発表した初の単独音源『YOURS OURS』に続く新作『Yoi Toy』では、クラムボンやオウガ・ユー・アスホールらも使用する山梨・小淵沢にあるスタジオ「星と虹」でのレコーディングを敢行。アンサンブルとメロディの素晴らしさはそのままに、環境を生かした、楽器の生々しくオーガニックな響きが印象的な、またしてもの傑作が誕生した。インタビューに答えてくれたのはフロントマンの山本達樹(Vo/G)。どこかふわっとしていながらも、強い芯を感じさせるその人柄は、YOMOYAの音楽そのものだった。

HMV onlineでは、メンバーによる新作の全曲解説などを掲載中です!

メロディ自体は自分のものを歌ってると思うんです。

―バンドって、メンバーが共通のバックグラウンドを持っていて、それがそのままバンドの音楽性に反映されるタイプと、メンバーそれぞれが独自のバックグラウンドを持っていて、それが合わさることで独自の音楽性を形成するタイプと、二つに分かれると思うんですが、YOMOYAはそのどちらと言えますか?

山本:どっちかって言うと後者ですけど…バックグラウンドが被っているところを底上げしたという感じですかね。

―USインディ好きっていうのは被っている部分?

山本:それは僕とベース(岡崎英太)だけで…でもそれが出ちゃってますかね(笑)。

―ですね(笑)。じゃあ長倉(亮介:Key)さんと東(孝治:Dr)さんは?

YOMOYAインタビュー

山本:長倉は元々ポップ畑で、一番好きなのは細野(晴臣)さん関連、はっぴいえんどとか。あとソウル…カーティス・メイフィールドとか大好きだし。ドラムの東くんは途中加入なんですけど、彼はJ-POPも好きですし、ハードコアのレーベルを手伝ったりもしてます。oto RECORDSっていうのがありまして、ハードコアなバンドもやったり、CDの流通・販売とかもしてて、DIYな感じです。

―山本さんはUSインディがルーツですか?

山本:世代的にはT-BOLANから入ったりして(笑)。B’z、エアロスミス…みたいに段々ハードな方に行って、メタリカまで行きました(笑)。USインディはその後ですね。

―ソング・ライティングにおける影響源は?

山本:ジョン・ボン・ジョヴィとか・・・

―マジっすか!?

山本:いや、マジっす、マジっす。今の好みで言うと、松任谷由実さん。昔のやつもすごく好きで、あの人のメロディの追い方とかすげえなあと思って。USインディだとペイヴメントとか、あとLOWが大好きで、本当に素晴らしいと思います。でもお手本にしてるとかじゃなくて、すごいなと思って、歌心が感化されるって感じですね。メロディ自体は自分のものを歌ってると思うんです。どうしても和のメロディになっちゃうんですよ、僕が歌うと。

―日本のポップス、ニューミュージックを聴き込んでたわけではない?

山本:聴き込んでたわけではないですけど・・・70年代ってニューミュージックって言うんですかね?

―70年代から80年代ですね。

山本:ああゆうフォーキーなのは結構好きなんで。

―90年代だったらサニーデイ・サービスやフィシュマンズ、あとくるりとかクラムボンが日本のポップスをその時代のやり方で解釈して、更新して行ったように、YOMOYAや、今だったらトクマル(シューゴ)くんとかも、そうゆう歴史を受け継いでるように思うんですね。そうゆう音楽の歴史を受け継いでる意識ってありますか?

山本:それはあると思います。でも音楽やる人はみんなそうなんじゃないですか?

―結構分かれると思いますよ。今手元にある音楽だけを模倣する人も多いから。ボン・ジョヴィ好きだったら、そのままボン・ジョヴィみたいのやったりとか(笑)。

YOMOYAインタビュー

山本:(笑)そのまんまの人もいっぱいいますもんね。僕ら基本天邪鬼ですから、全員。自分たちのバックグラウンドをそのまま出すのは気が引けるんですよ。最初に言った、被ってる部分っていうのがそうで、メロディだったり、ただでは終わっていないポップスみたいな。自分たちが信じてるものに影響を受けながらも、そのまま出す気持ちはないですね。

Page 1
次へ

リリース情報

YOMOYA『Yoi Toy』
YOMOYA
『Yoi Toy』

2009年5月13日発売
価格:2,000円(税込)
& records YOUTH-72

1. 呼ぶ声
2. 周波数
3. Chorus
4. フィルムとシャッター
5. bugs bite bits
6. サイレン再度オンサイド
7. FUAN
8. 雨あがりあと少し
9. 世界中

イベント情報

『Yoi Toy Tour』

『ジェットロックフェス 2009 - 2nd』

2009年5月31日(日)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:仙台PARK SQUARE

出演:
YOMOYA
SuiseiNoboAz
NOTCRYANT (仙台)
under the yaku cedar (仙台)
料金:前売2,000円 当日2,500円

2009年6月1日(月) 会場:山形第2公園スタジオ

2009年6月6日(土)
会場:長野NEONHALL

『speshall vol.5 YOMOYA"Yoi Toi" release tour』

2009年6月11日(木)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:十三FANDANGO

出演:
YOMOYA
ha-gakure
your gold,my pink
アンコールアワーズ

料金:前売2,000円 当日2,500円
チケット取り扱い:
チケットぴあ(Pコード:324-409)
ローソンチケット(Lコード:53617)

『Yoi Toy』 release tour final ONE MAN SHOW
YOMOYA series7『ぼくらだけではかりごと』

2009年6月13日(土)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:渋谷O-nest

料金:前売2,000円 当日2,500円

プロフィール

YOMOYA

2003年より活動するクァルテット。2008年6月、アルバム『YOURS OURS』でデビューし、ロック・フェス『Do It 2008』にも出演(共演に曽我部恵一BAND、bloodthirsty butchers、toeなど)。ポスト・ロック、オルタナ、USインディー、フォークなどを消化した高次元の音楽性と人懐っこさが同居したサウンド、電飾を施したステージで繰り広げる激しさと繊細さが交錯するパフォーマンス、そしてなにより文学性や叙情性を感じさせるメロディー、日本人の心の琴線に触れる声が最大の特徴。2009年5月、OGRE YOU ASSHOLEを手がけた斉藤耕治プロデュースによる2nd『Yoi Toy』リリース予定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで