特集 PR

名古屋のオルタナボーイズ  soulkidsインタビュー

名古屋のオルタナボーイズ soulkidsインタビュー

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:柏井万作
2009/05/19

名古屋在住のオルタナボーイズとしてシーンの注目を集めているsoulkids。5月20日にリリースする最新アルバム『COSMIC HERO』は、確かに「オルタナ」でありながら、持ち前のポジティヴなオーラを振りまいて、恋愛についても堂々と歌う、素直に気持ちいい快作だ。別に禁止されているわけでもないのに、誰も踏み込まなかった領域へ笑顔で入り込んだ彼らは、どのようにしていまの音楽性に辿り着いたのだろうか。

―soulkidsって「名古屋のオルタナボーイズ」ってプロフィールにも書いてますけど、実際聴くと歌ものだし、僕はものすごくJ-POPだと思うんですよね。歌と演奏のバランスは、どういうふうに考えてるんですか?

柴山(Gt&Vo):オルタナって言うと、グランジとか、あの辺の流れを想像されがちなんですけど、僕らはそこにそんなに影響を受けてるわけではなくて。歌があって、一聴したらすごくわかりやすいんだけど、その後ろでちゃんと演奏がせめぎあってる感じにしたいんですよね。ジャンルとしてのオルタナじゃなくて、捉え方としてのオルタナっていう感じで。

―どういう要素を出したいのかって、4人で一致したものはあるんですか?

柴山:みんなで照準を決めてるわけじゃないんですけど、歌心はちゃんと持ってたいなって。邪悪なアプローチにしても、すごくキラキラしたアプローチにしても。

西田(Gt):歌が第一っていうのは、みんなの共通意識だと思う。おおげさに言えば、soulkidsっていうジャンルができるくらい唯一なバンドになっていけたら究極かなと。

角谷(Ba):そのなかで僕らリズム隊はグルーヴで遊ぶなり、いろんなリズムの捉え方をするなり。それでいて全体がうまくいけたらいいなっていう感じですね。

名古屋のオルタナボーイズ soulkidsインタビュー

―例えば7曲目の“サイダー”とか、よく聴くとすごく難しいリズムを刻んでるじゃないですか。でも、それを強調してるわけじゃなくて、やっぱり真ん中には歌がある。

深谷(Dr):去年の10月にベースが翔平(角谷)に変わったんですけど(正確には2年ぶりに復帰)、すごい遊ばしてくれるんですよ。そういう影響も大きいかもしれないですね。歌が一番っていうのもあるんですけど、テンションっていうか、まずはバンドのパッションを出していきたいです。

Page 1
次へ

リリース情報

soulkids『COSMIC HERO』
soulkids
『COSMIC HERO』

2009年5月20日発売
価格:2,520円(税込)
YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS XWCG-10001

1. ワールズエンド・ガールフレンド
2. blue spring
3. DRAMATIC!
4. 満天星
5. メロウイエロウ
6. Time After Time
7. サイダー
8. カタチアンセム
9. メーリーゴーランド
10. 聖者の行進
11. magnolia[again 2009 ver]
12. ボーナストラック

イベント情報

CINRA presents 「exPoP!!!!! volume26」

2009年5月28日(木)
会場:渋谷O-nest
出演:soulkids、24 -two four-、OLDE WORLDE、ALOHA
詳しくはコチラへ

『COSMIC HERO』release tour "GINGA"

『soulkids & serial TV dramaWレコ発』
2009年6月5日(金)
会場:札幌 SOUND LAB MOLE(北海道)
出演:soulkids、serial TV drama、raison d’etre、スモゥルフィッシュ、our favorite fab

2009年6月7日(日)
会場:仙台MACANA(宮城)
出演:soulkids、タニザワトモフミ and more

2009年6月12日(金)
会場:大分T.O.P.S(大分)
出演:soulkids、UFO BEAM、S.M.B、and more

2009年6月13日(土)
会場:天神 graf(福岡)
出演:soulkids、24 -two four-、BLUE CAFÉ、Dookies、カルビルカルバン and more

2009年6月17日(水)
会場:梅田 Shangri-La(大阪)
出演:soulkids、the ARROWS、 FOZZtone

『soulkids & the chef cooks me Wレコ発』
2009年6月25日(木)
会場:浜松 FORCE(静岡)
出演:soulkids、the chef cooks me、asphalt frustration、note

2009年6月26日(金)
会場:代官山UNIT(東京)
出演:soulkids、 enie meenie、he

『ワンマンSHOW!!!』

2009年7月4日(土)
会場:新栄 APOLLO THEATER(愛知)
出演:soulkids

※未定箇所は随時オフィシャルサイトにて発表されます

プロフィール

soulkids

名古屋のオルタナボーイズこと、ソウルキッズ。泣けて歌える楽曲と、激しくも楽しいパフォーマンスに潜むパンクスプリッツに加え、数々の荒波をプロサーファー顔負けで乗り越えて来たピュアネス&タフネスは、愛も涙も汗も憂いもすべて含んだドラマチックなグルーブに進化ING。近年ジワジワと盛り上がりを見せる名古屋バンドシーンのパイオニアとしてシーンを牽引し続ける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開