特集 PR

『私は猫ストーカー』 鈴木卓爾監督×星野真里インタビュー

『私は猫ストーカー』 鈴木卓爾監督×星野真里インタビュー

インタビュー・テキスト
小林宏彰
撮影:安野泰子

「あなたは犬派?それとも猫派?」誰もが一度は、こう聞かれた経験があるだろう。どちらもかわいらしい動物たちだが、大の猫好きという方も、あまり好きではない方も、独特のユル~い空気にヤられること間違いなしの、あたたかい映画が誕生した。矢口史靖との共同監督作品『ワンピース』『パルコ・フィクション』など、奇想天外な作風で人気の高い鈴木卓爾監督の最新作は、浅生ハルミンのエッセイ『私は猫ストーカー』を原作にした、ナチュラルテイストの映画である。主演には、『さよならみどりちゃん』でナント三大陸映画祭主演女優賞を受賞し、映画界からの注目も熱い実力派女優・星野真里。話すうちに、ホンワカした気持ちにさせられる魅力的なお二人から、素敵な猫たちがたくさん登場する「猫映画」の傑作についてのお話をうかがった。
※一部ネタバレが含まれますのでご注意ください

星野さんって、映画の登場人物として「そこにいた」っていう印象が残る女優さんなんです

―まずは、『私は猫ストーカー』を監督するに至った経緯をお伺いしたいと思います。

『私は猫ストーカー』 鈴木卓爾監督×星野真里インタビュー

鈴木:去年の8月か9月頃、スローラーナーのプロデューサーの越川さんから、浅生ハルミンさんのエッセイ『私は猫ストーカー』を映画化したいというお話をうかがって。「監督やらない?」って聞かれたので、すぐに「やります」と返事をしまして。それからわりと早く、主役の古本屋でアルバイトをするハルちゃん役に星野さんが決まって、12月の撮影にこぎつけました。星野さんは主演映画って、『さよならみどりちゃん』に続いて二本目?

星野:はい。『さよならみどりちゃん』のときにお世話になったのが越川さんだったので、またお話をいただけてうれしかったですね。映画をやりたいっていう気持ちも強くあったので、なんの迷いもなくお引き受けしました。

鈴木:映画の中での星野さんって、演技経験が豊富なのにもかかわらず、「なんにもしょってきてない」感じがあるじゃないですか。『さよならみどりちゃん』でも、小さな町の、バーが近くにある彼氏の家にフラリと現れたりする女性を演じていらっしゃいますが、女優さんとしての演技っていうよりは、映画の登場人物として「そこにいた」っていう記憶がしっかり残っている。それって、映画を監督する側からするととてもありがたいことなんですね。

―作品の中に、ごく自然に息づいている感じがするんですよね。

鈴木:そうなんですよ。今回の撮影の合い間でも、ふと目を離すと自分でコロッケを買って食べていたりして(笑)、自然に谷中の町に溶け込んでましたよね。お芝居にしても、地べたを這いずったりするのも厭わず頑張ってくれたので、こちらは見ているだけでよかった。でも一緒の現場は6日間だけだったので、星野さんという油田があるとしたら、まだまだ奥底に無尽蔵の才能が隠されていそうで、その端緒だけ垣間見させてもらったという気がしています。

スポーツをするように撮影を進められたのが、とても新鮮な感覚でした。

―鈴木監督の演出は、どういったものだったんでしょうか?

『私は猫ストーカー』 鈴木卓爾監督×星野真里インタビュー

星野:演技指導とか、大きな声を出すとか一切なく、好きなようにやらせてもらったんですよ。演じてる側からすれば、どうシーンがつながるのかもわからないし、本当に大丈夫かなと(笑)。オッケー!っていう監督の声だけが頼りでしたが、なにが見えてるんだろうっていう、フシギな感覚でした。

鈴木:たしかにそうですよね(笑)。撮影初日で、これまでの作品で行っていたような、自分の頭の中にあるイメージに近い映像を撮るという方法論が崩れたんです。今回大事だったのは、猫という自由意志で動く存在に対して、いかにさりげなく接近するかというアプローチでした。いいシーンが撮れるかどうかという基準は、猫しだい。猫という他者を追いかけている猫ストーカーという他者を、さらに他者が追いかけて撮る。映画のテーマとストーリーが、こんなにぴったり一致している企画も珍しいですね。

猫さんには「ここはちょっとこうしてくださいね?」とか、言葉伝わらないし、飽きたらいなくなっちゃうし。それこそ野放しだった。猫に対してそうなのなら、人間さんにも出来るだけ、自由にやってもらわないと、バランス悪いかなと思ったし、星野さんをはじめ俳優さんはみんな、個々に独自のリズムを持ちよってくれていたんですよ。古書店のシーンとか、人間五人と猫一匹が一斉に動くと、本当に面白い。下手に交通整理つけちゃうより、ほぼそのまま眺めていた方が全然良い感じでした。そうすると映画の演出するとかって、意識的な事よりも、無意識下での作業のほうが大事だぞとか、全然意味が変わって来てしまったなあと、そんな塩梅でしたね。

―撮影はどのように進められたんでしょうか。

鈴木:カメラのたむらまさきさんをはじめ、スタッフの方々も風のようになすべきことをしてくれ、そうすると監督ってなにもすることがないので、煙草吸ってました(笑)。スタッフやキャストの全パートを、それぞれの人にすっかり任せて、まるでスポーツをするかのように撮影を進められたのが、とても新鮮な感覚でした。

Page 1
次へ

作品情報

『私は猫ストーカー』

2009年7月4日よりシネマート新宿にてロードショー、ほか全国順次公開

監督:鈴木卓爾
脚本:黒沢久子

キャスト:
星野真里
江口のりこ
宮崎将
徳井優
坂井真紀
ほか

配給:スローラーナー

初日舞台挨拶&タイムテーブル

2009年7月4日(土) 初日のみのタイムスケジュール
■12:00~ ■14:30~ ■17:00~ ■19:15~
1回目12:00の回終了後、舞台挨拶
2回目14:30の回上映前、舞台挨拶
舞台挨拶登壇者 
主演:星野真里さん、原作:浅生ハルミンさん、
監督:鈴木卓爾さん、スペシャルゲスト:タラオくん(猫)
※7月5日(日)からは下記の通り上映します。
■11:30~ ■13:45~ ■16:00~
■18:15~ ■20:30~

『私は猫ストーカー』イベント一覧

『写真コンテスト詳細』

テーマ:あなたが「猫ストーカー」して激写した写真
応募期間:2009年6月15日(月)~9月末日(予定)
締切:2009年9月末日投稿分まで(劇場展示分は6月30日締め切り)
選考:浅生ハルミン(原作)/『私は猫ストーカー』製作委員会
入賞発表:締切後、受賞者を選考します。発表は公式ホームページにて行います。
賞:
最優秀賞 3名 オリジナル『私は猫ストーカー』Tシャツ
優秀賞 10名 オリジナル『私は猫ストーカー』てぬぐい
佳作 100名 DVD(レンタル・セル)の特典として収録
問い合わせ:『私は猫ストーカー』製作委員会(株式会社マクザム)info@maxam.jp

三省堂書店神保町本店トークイベント
『猫と映画と古本と』

2009年7月1日(水)18:30スタート(開場18:00)
会場:三省堂書店神保町本店8階特設会場
ゲスト:浅生ハルミン、鈴木卓爾監督、越川道夫
トーク終了後、ご本にサインをしていただきます。

三省堂書店神保町本店
三省堂書店神保町本店4階レジ前のフェア台
2009年6月26日(金)~2009年7月25日(土)(予定)

実施内容(予定):
・浅生ハルミンさんが選ぶ「あなたも猫ストーカーになれる」30冊
・映画「私は猫ストーカー」がわかる20冊
・ 浅生ハルミンさんが出品するミニ「ハルミン古書センター」
・ 浅生ハルミンさんの「猫」イラストミニ展示会
・ 映画「私は猫ストーカー」名場面パネル展
・ 映画「私は猫ストーカー」グッズ販売

プロフィール

鈴木卓爾

1967年、静岡県生まれ。84年、高校美術部の8mmカメラを使い『街灯奇想の夜』を制作。88年の東京造形大学在学中に8mm長編『にじ』がぴあフィルムフェスティバルに入選。審査員特別賞を受賞。その後、東京造形大学の後輩である矢口史靖監督『裸足のピクニック』(92年/共同脚本+監督補)、『ひみつの花園』(97/共同脚本)、『アドレナリンドライブ』(99/出演)に参加。また矢口史靖と『ワンピース』(94~現在)『パルコ・フィクション』(02)を共同監督している。

星野真里

1981年7月27日、埼玉県生まれ。1995年NHK朝の連続ドラマ「春よ、来い」でデビュー。TBS「3年B組金八先生」の金八先生の長女・坂本乙女役をはじめ、「プラトニック・セックス」、「新・星の金貨」、「大奥」など数々のドラマで活躍する一方、05年の古厩智之監督『さよならみどりちゃん』では、ナント国際映画祭主演女優賞を受賞。またCM、舞台、写真集、バラエティにと幅広い分野でマルチな才能も発揮している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

斉藤和義“アレ”

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌でもある斉藤和義48枚目のシングル“アレ”のMVが公開。冒頭から正方形の枠に収められた動画や画像が繋ぎ合わされていくこのMV、実は斉藤本人が撮影・編集・監修を務めたという。某SNSを彷彿とさせるたくさんの動画や画像がめまぐるしく変わる様に注目して「アレ」とは何かを考えながら観るのも良し、ひたすら猫に癒されるのも良しです。(高橋)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業