特集 PR

邦ラッパー12人との競演 DJ BAKUインタビュー

邦ラッパー12人との競演 DJ BAKUインタビュー

インタビュー・テキスト
小宮川りょう(NIKO\ON PRO.)
写真:柏井万作
2009/08/04

漢くんは器用だし、フリースタイルでめちゃくちゃ実力を発揮する革命的なMCだと思います。

―THA BLUE HEARBのILL-BOSSTINO、MIC JACK PRODUCTIONのB.I.G. JOE&INI、NIPPS、K-BOMB、Shing02、SD JUNKSTAのNORIKIYO&BRON-K、FREEZ(RAMB CAMP)、HIDADDY(韻踏合組合)、漢(MSC)、般若……それぞれ個性的で異なるバック・グラウンドを持つラッパー12人ですが、選出の基準は?

BAKU:実は基準という基準はないんです。単純に自分がかっこいいと思うラッパーに声をかけました。誘いたい人は他にもいましたが、最初はこの12人かなと。

―インディペンデントなスタンスのアーティストばかりですが?

BAKU:以前から交流のあるアーティストにお願いした結果、インディペンデントな顔ぶれになりましたね。全く知らないアーティストにいきなりお金を払ってオファーして……ということはしたくなかったんですよ。

―各MCの印象はどうでした?

邦ラッパー12人との競演 DJ BAKUインタビュー

BAKU:意外と初めて一緒に仕事する人ばかりなんです。SHINGOくん、BOSSくんも。10年前から交流はあるんですけど、彼の曲を作るのは初めて。SHINGOくんは海外に住んでいるのであまり会う機会がないし。今回、収録曲のリリックを英訳してもらっているんだけど、SHINGOくんは英訳も自分でしてるんですよね。核問題にまで言及するようなラッパーは世界中探しても他にいないんじゃないかな?

彼はとてもインテリジェンスがあるラッパーだと思います。とは言え、ライブはノリノリで小難しさがないのが素晴らしい所だと思います。最初、さわやかなトラックを渡してたんですけど、ロックっぽいのを選んできましたね。SHINGOくんはサッカーを観るのが好きらしく「GOOOOOOOOOOOAL!!!!!!!」って曲名もO(オー)が11文字(笑)。元気が出るようなポジティブな曲に仕上がりました。

―MIC JACK PRODUCTIONのINIと韻踏合組合HIDADDYの組み合わせは意外性がありますが?

BAKU:この二人とは同年代で、少し前に三人で遊んだことがあって、その時の印象が強烈に残っていて、この組み合わせでお願いしてみました。HIDADDYはフリースタイルが滅茶苦茶巧いのに<無冠の帝王>になってしまっていて、まだまだ過小評価されているんじゃないですかね? INIとのタッグは少し変わった感じで面白いと思いますよ。

―漢と般若の2大MCがコラボした“COAST TO COAST”はアルバムの中でのハイライト曲ですね。

BAKU:二人ともフリースタイルのチャンプだし、彼らに対しては同世代でなんていうかライバルみたいな意識があるんです。別々の曲でオファーしても良かったんですけど、この二人、ステージで競演することはあっても、意外にも一緒に演った音源はリリースされていないんですよね。この二人は僕の中での東京のトップMC。なので「東京、東京」というスクラッチをひたすら集めて曲にしました。

―BAKUさんとそれぞれ縁の深い二人ですが?

BAKU:漢くんは器用だし、フリースタイルでめちゃくちゃ実力を発揮する革命的なMCだと思います。もしメジャーに所属していてもオファーしていたと思いますよ。般若は17歳の時に一緒に組んで以来なんですけど、前回のイベント『KAIKOO』で久々に一緒にライブした時に、相当緊張しましたね。本人自身は変わらないんだけど、すごくプロフェッショナルな感じで。「ここでこう言ったら、こうリアクションが帰ってくる」っていうのを熟知しているというか。

とはいえライブは生もので、即興で対応しなきゃいけない……相当技術がいるものですよね。結局、停電してしまって、般若はフリースタイルだけで客を盛り上げたんです。それをやってのける度胸とセンスと技術には純粋に「すげえなぁ」と関心しましたね。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

DJ BAKU『THE 12JAPS』
DJ BAKU
『THE 12JAPS』

2009年7月22日発売
価格:2,900円(税込)
POPGROUP Recordings POP119

1. PHOENIXION 09 ft. B.I.G. JOE
2. GOOOOOOOOOOOAL!!!!!!! ft. Shing02
3. WM
4. WALKMAN ft. NIPPS, K-BOMB
5. スサノオ ft. BRON-K
6. ASIAN SEED Ver.2 ft. HIDADDY, INI
7. INCREDIBLE STYLE CLASH
8. 眠る街 ft. NORIKIYO
9. TOKYO
10. COAST TO COAST ft. 漢, 般若
11. MY ROOTS ft. FREEZ
12. JAPANESE HIPHOP AND ME ft. ILL-BOSSTINO

プロフィール

DJ BAKU

HIPHOPを基盤にしながらもターンテーブルを操り常に新しいダンスミュージックを提案する、DJ/トラックメイカー。'99~'04までの5年間のARTIST達との交流を描いた音楽ドキュメンタリー映画「KAIKOO/邂逅」を '05年 4月に発表。自ら監修/音楽もつとめた。'06年6月には待望の1st.Album『SPINHEDDZ』をPOPGROUPRecordindsより リリース。そして'08年、2nd Album『DHARMA DANCE』(ダルマ ダンス)をリリース。 前作よりもぐっとBPMを上げ、生楽器の要素を取り入れたDance Music Albumに仕上げた。'09年5月には日本人のヒップホップ名盤を中心に集めミックスしたオフィシャルMIXCD『JAPADAPTA』をリリース。そして7月22日にDJ BAKUが邂逅/KAIKOOしてきた、日本代表のラッパー12人とのフィーチャリングアルバム、その名も『THE 12JAPS』をリリース!参加アーティトはILL-BOSSTINO、Shing02、B.I.G. JOEを含むスキル/実力、共に最高峰のMC12人!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」 1

    PEDROのアユニ・Dと田渕ひさ子が語る「音楽が開く心の扉」

  2. ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断 2

    ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断

  3. 『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい 3

    『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい

  4. 三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当 4

    三浦春馬が歌いながらダンスする「グロップ」新CM 振付はs**t kingzが担当

  5. ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売 5

    ビリー・アイリッシュ×Bershkaがコラボ、カプセルコレクション発売

  6. 伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング 6

    伊藤健太郎、玉城ティナ、秋田汐梨が荒れた教室に 『惡の華』メイキング

  7. Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために 7

    Hump Backが「生活」を歌う理由。人の優しさを信じるために

  8. 星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁 8

    星野源、全楽曲のストリーミング配信が解禁

  9. 佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲 9

    佐久間由衣の主演映画『“隠れビッチ”やってました。』主題歌はKitri新曲

  10. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 10

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る