特集 PR

邦ラッパー12人との競演 DJ BAKUインタビュー

邦ラッパー12人との競演 DJ BAKUインタビュー

インタビュー・テキスト
小宮川りょう(NIKO\ON PRO.)
写真:柏井万作
2009/08/04

いまだにラップって英語で「YO! YO!」って言ってるような、薄っぺらなイメージしかないのが現状だと思います。それが自分的にはちょっと信じられないです。

―いわゆるアンダーグラウンド・ヒップホップと呼ばれるものが脚光を浴びるようになったのは90年代後半。この10年で状況はどう変わったと思いますか?

邦ラッパー12人との競演 DJ BAKUインタビュー

BAKU:NIPPSさんや般若も昔はメジャーレーベルと契約していたけど、今はインディーズで独自の活動を続けてますよね。今回のアルバムに参加してくれている人たちは、良い意味でメジャーからはぐれた人、意識的に背中を向けた人、様々なタイプがいると思うんですが、とにか く今はみんなそういうへんな括りから独立するようになったと思います。

今回いろんなインタビューで“ジャパニーズ・ラップシーン”について、みたいなこと を聞かれるんですけど、実は良く知らないんですよね。SHINGOくんも仲良かったけどべったりではなかったし、その時期、般若とも会ってなかったし。90年代後半から00年代前半は、イベントをやって、カセットテープを年2本リリースしていたんですけど、それって“シーン”の、めちゃくちゃ偏った部分ですよね? ちなみにテープシリーズはコンプリートしないとジャケットの絵が完成しないんですけど、最後の一本をまだ出していないんで、出したいなぁ(笑)。

―ILL BOSSTINOの“JAPANESE HIPHOP AND ME”では、このアルバムのテーマである日本語ラップへの愛憎が綴られていますよね。この曲がアルバムの締めくくりになっていますが、曲順は意図的に? 全12曲を通しての裏メッセージのようなものでしょうか?

BAKU:BOSSくんのことだから、(リリックを)相当考えてきたとは思いますよ。曲順は偶然なんですが、全曲並べてみて、やはり最後に収録するしかないと思いました。BOSSくんのリリックではあるけれど、俺としても共感する部分はありますし。自分のアルバム全部に関してそうなんですけど、聴いて先への希望を持ってもらいたいです。大げさかもしれないけど、毎日何かと戦っている人に聴いて欲しい。いまだにラップって英語で「YO! YO!」って言ってるような、薄っぺらなイメージしかないのが現状だと思います。それが自分的にはちょっと信じられないです。“意味のあるラップ”もあるということを知って欲しいし、ラップを聴いたことのない人にこそ、このアルバムを早く聴いてもらいたいですね。

―今後の方向性は?

BAKU:DJで全部ラップをかけても俺じゃなくてもいいかなと思いますし、色々混ぜつつやっていくつもりです。たまたまレゲエの人達とも最近会うようになって、たとえばJAMBO MAATCHくんが般若のラップが好きって言っていて、まだ全然頭で考えてるだけの段階だけど、もしかして今後コラボもできるのかな、と思ったり。今までそういうことをやった人っていないでしょ(笑)?

HMV onlineでも、DJ BAKUの特集を掲載中!

Page 3
前へ

リリース情報

DJ BAKU『THE 12JAPS』
DJ BAKU
『THE 12JAPS』

2009年7月22日発売
価格:2,900円(税込)
POPGROUP Recordings POP119

1. PHOENIXION 09 ft. B.I.G. JOE
2. GOOOOOOOOOOOAL!!!!!!! ft. Shing02
3. WM
4. WALKMAN ft. NIPPS, K-BOMB
5. スサノオ ft. BRON-K
6. ASIAN SEED Ver.2 ft. HIDADDY, INI
7. INCREDIBLE STYLE CLASH
8. 眠る街 ft. NORIKIYO
9. TOKYO
10. COAST TO COAST ft. 漢, 般若
11. MY ROOTS ft. FREEZ
12. JAPANESE HIPHOP AND ME ft. ILL-BOSSTINO

プロフィール

DJ BAKU

HIPHOPを基盤にしながらもターンテーブルを操り常に新しいダンスミュージックを提案する、DJ/トラックメイカー。'99~'04までの5年間のARTIST達との交流を描いた音楽ドキュメンタリー映画「KAIKOO/邂逅」を '05年 4月に発表。自ら監修/音楽もつとめた。'06年6月には待望の1st.Album『SPINHEDDZ』をPOPGROUPRecordindsより リリース。そして'08年、2nd Album『DHARMA DANCE』(ダルマ ダンス)をリリース。 前作よりもぐっとBPMを上げ、生楽器の要素を取り入れたDance Music Albumに仕上げた。'09年5月には日本人のヒップホップ名盤を中心に集めミックスしたオフィシャルMIXCD『JAPADAPTA』をリリース。そして7月22日にDJ BAKUが邂逅/KAIKOOしてきた、日本代表のラッパー12人とのフィーチャリングアルバム、その名も『THE 12JAPS』をリリース!参加アーティトはILL-BOSSTINO、Shing02、B.I.G. JOEを含むスキル/実力、共に最高峰のMC12人!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて 1

    Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて

  2. 綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開 2

    綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開

  3. カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように 3

    カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように

  4. 飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie 4

    飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie

  5. 『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ 5

    『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ

  6. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 6

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  7. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 7

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  8. のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開 8

    のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開

  9. 石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト 9

    石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト

  10. GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表 10

    GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表