特集 PR

sgt. インタビュー

sgt. インタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
2009/10/06

明石がいればsgt.だと思うんですよ、単純に。

―そういう自由な発想ってやっぱりメンバー・チェンジ後だったりします? これまではなんとなく自分たちで枠組みを作っていたのが、それが取っ払われたというか。

明石:メンバー全員捉え方は違うと思うんですけど、僕は言ってしまうとsgt.っぽくなってしまってたって感じですね、良くも悪くも。

―自分たちや周りが期待するであろうsgt.像に、自分たちで近づけてた?

成井:うーん、でも明石がいればsgt.だと思うんですよ、単純に。前作までのsgt.っぽさっていうのはあっても、今もやり方としてはsgt.であって、彼がいる限りはsgt.なんですよね。

sgt. インタビュー

―なるほどね。じゃあそれに関連してもう一つ。sgt.ってメンバーみんな別のバンドをやったり個々でも活動してるじゃないですか? その上でsgt.に対してはバンドっていう意識が強いですか? それともプロジェクトみたいな意識?

大野:全然バンドですね。プロジェクト感はゼロです。

成井:個々に他で色々やってて、そこで得たスキルをsgt.に還元できて、それでsgt.が成長するんだったら、どんどん活躍して進んでいこうよってスタンスなんで、バンドですね。

明石:それぞれが柱を立ててないと成立しないような曲が多いので、その点ではホント、当たり前ですけど対等で。こっちから指示も出すし、メンバーの意見も聞くし、もうホントにバンドっていう、古典的な集団だと思います。

僕らも生身の人間で、苦しんで生きてるっていう部分もすごくあるので、むしろそれを、きれいな音楽の手前の段階を見せたかったんです。

―5曲目の“Epsilon”もループ感のある曲になってますね。

明石:全部いい曲だなと思うんですけど、僕はこの曲が一番出来が良かったんじゃないかと思うんです。サックスも鍵盤も入ってて、楽器を増やすと大体失敗するんですけど…

―ぶつかっちゃう?

明石:そうそうそう、間がどんどんなくなっちゃって、最終的に要らなかったねってなる場合が多いんですけど、これはサックスも鍵盤も大事で、それぞれが成立してるっていうか。最初にリズムを追求してるときは部活みたいでしたけどね(笑)。「これはやれるか、あれはできるか、そこでそれがやれるか?」って(笑)。

大野:「今のところもう一回!」って(笑)。

明石:そんなに派手じゃないじゃないですか? 派手さじゃなくて、しっとりずっと物語のように流れていける。「ドン、バーン、ドン、バーン」じゃなくて(笑)。

成井:ちょっと大人なsgt.(笑)。

明石:でも最後は爆発してるよね(笑)。

―(笑)。あと今回は旅団の毛利さんによる短編小説が封入されていますが、これのコンセプトは?

明石:今、現時点での物語を書いてほしいって話をしました。例えば、吉祥寺とか井の頭公園とかそういう単語を入れるだけで、リアルになるじゃないですか? そういったリアリティがあって、作品と共通するようなものを書いてほしいって。

―一般的に言って、インストって言葉がないからこそイマジネーションを広げられるっていうのが長所だったりするわけじゃないですか? そうではなくて、あえて固有名詞とかを使ってイメージを限定するようなものがほしかったと?

明石:そうです。むしろこっち側(現実)に寄りたかった。僕らって西洋的で、きれいで、とか色々言ってもらえてるんですけど、僕らも生身の人間で、這って生きて、もがいて生きて、苦しんで生きてるっていう部分もすごくあるので、むしろそれを、きれいな音楽の手前の段階を見せたかったんです。いわゆる血と骨がわかるような作品にしたいって話はしましたね。

4/4ページ:ブームではなく文化として、一つのジャンルになってほしいっていうのは強く思います。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

capital of gravity
sgt.
『capital of gravity』

2009年10月7日発売
価格:1,980円(税込)
PEMY-005(penguin:14) / Penguinmarket records

1. Kalliope
2. Apollo Program
3. Tears of na-ga
4. Ant's planet
5. Epsilon
6. 銀河の車窓から -reprise- [Tyme. Remix]

LIVE SCHEDULE

『DRIVE TO 2010』
2009年10月15日(木)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:新宿 LOFT
LIVE:
NATSUMEN、七尾旅人、sgt.with 勝井祐二
BAR STAGE:HB、AtoZusaяi、Blood Of Soul(HIGO プロデュース)
料金:前売3,000円 当日3,500円(+1ドリンク)

COMBOPIANO presents
『LIVE IN THE BAKUON THEATRE!』
2009年11月23日(月)OPEN 15:00 / START 16:00 (20:00〜映画上映開始)
会場:仙台 Zepp Sendai
LIVE:COMBOPIANO / 石橋英子 / 相対性理論 / sgt.
DJ:菊地成孔
MOVIE:『パンドラの匣』 (太宰治 原作)
料金:全自由4,200円(1ドリンク) 映画のみ1,000円(1ドリンク)

『sgt. "capital of gravity" RELEASE TOUR!!』

2009年11月3日(火)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:名古屋 CLUB ROCK'N'ROLL
LIVE:sgt.、mothball、Egoistic4Leaves、+1band!!
料金:前売2,000円 当日2,500円(+1ドリンク)

2009年11月8日(日)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:大阪 SUNSUI
LIVE:sgt.、middle9、dry river string
料金:前売2,000円 当日2,500円(+1ドリンク)

2009年11月25日(水)OPEN 18:30 / START 19:30
会場:下北沢 ERA
LIVE:sgt.
Guest Piano:中村圭作、Sax:大谷能生
VJ:mitchel(nego)
LIVE:Tyme.(MAS)
料金:前売2,300円 当日2,800円(+1ドリンク)
前売予約者にはこの日限りの豪華特典をプレゼント!!特典の詳細は後日アップします。
チケット一般発売日:2009年10月3日
チケット取り扱い:ローソンチケット(Lコード:73436)
e+
チケット予約:ticket@sgt-web.net
問い合わせ:ERA 03-5465-6568

プロフィール

sgt.

1999年結成。2003年より現在のメンバー編成にて活動。映画音楽的な手法にロック、ジャズ、ノイズ、エモ、即興といったサウンドが融合したマルチ・インストゥルメンタルバンド。2005年11月に1st mini album『perception of causality』でデビューし、翌年11月にgood music !とのSplit CDを発売。昨年初のフルアルバムを発売し海外でも高い評価を得る。そして最新作では短編小説を封入するなど、新たな試みを見せた史上最もバラエティに富んだ最高傑作が完成!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施