特集 PR

sgt. インタビュー

sgt. インタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
2009/10/06

ブームではなく文化として、一つのジャンルになってほしいっていうのは強く思います。

―最後にリミックスが入っていて、これは過去曲を今のメンバーで再録して、それをさらにリミックスしてるんですよね? で、その元となった再録のテイクは配信で発表されると。小説やアートワークなど作品性に対するこだわりを見せる一方で、配信も使ったりする、そのバランスがいいですよね。

明石:あくまでアンダーグラウンドなバンドにはしたくないんですよ。かと言ってポップをやるかといったらそうではなくて、出るところは出て、守るところは守るっていう、あくまで僕らのスタンスっていうのがあった上で、そこからどう人を増やすかっていうのはやらなくちゃいけない。いい作品ができたからそれでおしまいじゃなくて、それを多くの人に聴いてもらって成立すると思うんですよね、アーティストって。聴いてもらう人がいなければ、部屋の中でやってればいい。だから配信に対する抵抗とかもないです。それがもしライブ会場に来て、作品を買おうって流れになれば、それこそいい話だなって。それをどれだけできるかですね。

sgt. インタビュー

―最近良くこういう話になるんですけど、やっぱりこれからはただ音楽を作るだけじゃなくて、それに付随することもやれてこそホントのミュージシャンなのかもしれないですよね。

明石:ある意味インディペンデントの大事さが注目されてるのかなって思いますね。

―まさにそうですね。そんな中、sgt.は今年で10周年なんですよね?

成井大野:…らしいですね。

―(笑)。結成当初のメンバーって明石さんだけなんですよね? どんな10年でした?

明石:えー、長かった。あとは感謝ですね。長くて苦しかったんですけど、色々な人の助けもあり、感謝の気持ちがやはりありますね。

―バンドの当初からの考えとして、「ロックという概念を新しくしたい」っておっしゃってましたよね? 実際この10年で、インスト・バンド・ブームっていうのが起きて、インストに対する概念っていうのは新しくなったと思うのですが、どのように感じていますか?

明石:ブームではなく文化として、一つのジャンルになってほしいっていうのは強く思います。「そういう時期があったね」じゃなくて、ちゃんと根付いて、その後もちゃんといいバンドが出てくる状況になればいいですね。やっぱり歌がないっていうのは表現者として不利なんですよ。歌があれば歌に負けてしまうんです。その歌の力を認めた上で、歌がなくても何ができるかっていうのは、自分の中の追求心としてあるんですね。インストという音楽が出尽くした感があるとか言われたりもするんですけど、僕自身はそうは思わない、声だけでは表現できない部分が、まだまだあると思うんです。

―では最後に11月の初ワンマンに向けての意気込みをお願いします。

成井:自分たち自身が楽しむのはもちろんなんですけど、お客さんにまず楽しんでもらえるライブを見せたいですね。

明石:楽しんでもらうのは当たり前やろ(笑)。そのために何をするかっていう。

成井:練習でしょ。

明石:練習かい(笑)。

―まさに小説のテーマどおり、きれいな音楽の前段階ですね(笑)。

大野:そう、かっこいいことなんてないですよ。そういう感じで泥臭くやってるってことじゃないですか。ドラムで僕がやれることって、とにかく一生懸命やって、メンバーの倍汗かいて、誰よりも俺があがってるっていう、それを90分なり、100分見ていただければと思います。バンドとして10年やってきて、これからもやっていくっていう、そういう姿をたっぷり見ていただければと。

Page 4
前へ

リリース情報

capital of gravity
sgt.
『capital of gravity』

2009年10月7日発売
価格:1,980円(税込)
PEMY-005(penguin:14) / Penguinmarket records

1. Kalliope
2. Apollo Program
3. Tears of na-ga
4. Ant's planet
5. Epsilon
6. 銀河の車窓から -reprise- [Tyme. Remix]

LIVE SCHEDULE

『DRIVE TO 2010』
2009年10月15日(木)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:新宿 LOFT
LIVE:
NATSUMEN、七尾旅人、sgt.with 勝井祐二
BAR STAGE:HB、AtoZusaяi、Blood Of Soul(HIGO プロデュース)
料金:前売3,000円 当日3,500円(+1ドリンク)

COMBOPIANO presents
『LIVE IN THE BAKUON THEATRE!』
2009年11月23日(月)OPEN 15:00 / START 16:00 (20:00〜映画上映開始)
会場:仙台 Zepp Sendai
LIVE:COMBOPIANO / 石橋英子 / 相対性理論 / sgt.
DJ:菊地成孔
MOVIE:『パンドラの匣』 (太宰治 原作)
料金:全自由4,200円(1ドリンク) 映画のみ1,000円(1ドリンク)

『sgt. "capital of gravity" RELEASE TOUR!!』

2009年11月3日(火)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:名古屋 CLUB ROCK'N'ROLL
LIVE:sgt.、mothball、Egoistic4Leaves、+1band!!
料金:前売2,000円 当日2,500円(+1ドリンク)

2009年11月8日(日)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:大阪 SUNSUI
LIVE:sgt.、middle9、dry river string
料金:前売2,000円 当日2,500円(+1ドリンク)

2009年11月25日(水)OPEN 18:30 / START 19:30
会場:下北沢 ERA
LIVE:sgt.
Guest Piano:中村圭作、Sax:大谷能生
VJ:mitchel(nego)
LIVE:Tyme.(MAS)
料金:前売2,300円 当日2,800円(+1ドリンク)
前売予約者にはこの日限りの豪華特典をプレゼント!!特典の詳細は後日アップします。
チケット一般発売日:2009年10月3日
チケット取り扱い:ローソンチケット(Lコード:73436)
e+
チケット予約:ticket@sgt-web.net
問い合わせ:ERA 03-5465-6568

プロフィール

sgt.

1999年結成。2003年より現在のメンバー編成にて活動。映画音楽的な手法にロック、ジャズ、ノイズ、エモ、即興といったサウンドが融合したマルチ・インストゥルメンタルバンド。2005年11月に1st mini album『perception of causality』でデビューし、翌年11月にgood music !とのSplit CDを発売。昨年初のフルアルバムを発売し海外でも高い評価を得る。そして最新作では短編小説を封入するなど、新たな試みを見せた史上最もバラエティに富んだ最高傑作が完成!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施