特集 PR

ハイスイノナサ インタビュー

ハイスイノナサ インタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武

女性ボーカルを擁する5人組(兄弟含む)、ハイスイノナサがデビュー作となるミニ・アルバム『街について』を、残響recordより発表した。彼らの音楽を一言で表すなら“ポスト・ロックの感性を通過したミニマル・ミュージック”といったところだろうか。変拍子、シャープなギターといったジャンルとしての”ポスト・ロック”と、ロックを解体し、再構築する、文字通りの意味での”ポスト・ロック”、その二つの意味を持ち合わせた、非常に稀有な音楽である。今回のインタビューでは、結成当時から、現在の音楽性を確立するまでの過程を、音楽面と思想面の両面から、じっくりと話してもらった。題して“ハイスイノナサができるまで”。ごゆっくりお楽しみください。

(インタビュー・テキスト:金子厚武)

NASAが本気出したらすごいだろうなってことで(笑)。

―まずはバンド結成のいきさつから教えてください。はじめはボーカルの鎌野さんを除いたメンバーでスタートしてるんですよね?

照井順政:前身バンドがありまして、最初はコピーとかをやる遊びのバンドで、徐々にオリジナルをやるかってなって、前のドラマーが抜けたきっかけで、はっきりオリジナルに行こうと。それでザーサイさんが入って…

―ザーサイさんって中村さんのことだよね? ブログ見てても気になってたんだけど(笑)、なんで「ザーサイ」なの?

中村圭佑:このストーリーが面白ければよかったんですけど…結構普通で(笑)。僕大学の音楽サークルに入ってたんですけど、そこの先輩たちが後輩に変なあだ名をつけるのが流行ってて、僕はインスピレーションで「お前、ザーサイだ」って言われて、その場がわっと盛り上がっちゃったんですよ。「ああ、わかるわかる」みたいな(笑)。

ハイスイノナサ インタビュー

―(笑)じゃあ特にザーサイについてのエピソードがあるわけでもなく…

中村:全然ないんですよ。ザーサイ、好きは好きですけど(笑)。で、うちのサークルにベースの(照井)兄がよく顔を出してたんで、バンドにも広まってしまったっていう。

―みんな同じサークルとかではないんだよね?

順政:ここ二人(田村と照井淳政)が高校の同級生で、僕が兄の弟で(笑)、兄が出入りしてたサークルに彼(中村)がいて。

―兄弟でバンドやるのって変な感じしなかったですか?

順政:こっぱずかしいとかは特になかったよね? バンドやる前から、いずれは一緒にやるんだろうなってお互い思いながら、それまでは自由に同級生とかとやって、時が来たか、みたいな(笑)。

―四人でスタートしたのは当初インストをやろうとしたってこと?

順政:いや、まず前身バンドにピンの男ボーカルがいまして、そいつが辞めちゃって、でも歌ものをやりたかったんで、僕が一応兼任で(ボーカルを)やってたんですけど…もうちょっと安定したいよねって(笑)。

―バンド名はその頃からハイスイノナサ?

順政:そうですね。

―散々聞かれてるとは思うんだけど、バンド名の由来を教えてください。

順政:まず意味のない方がいいだろうと、音楽性が想像できない感じにしようっていうのと、個人的にカタカナが流行ってて、カタカナで語感がよくて、書いたときにいい感じに見えるのっていうことで、いくつか候補を挙げて、響きとか、総合的に見て選んだって感じですね。一応「ハイスイノ」は「背水の陣」の「背水の」で、「ナサ」はアメリカのNASAなんですけどね。NASAが本気出したらすごいだろうなってことで(笑)。

2/4ページ:オペラを歌っていたボーカル鎌野の加入秘話

Page 1
次へ

リリース情報

街について
ハイスイノナサ
『街について』

2009年10月7日発売
価格:1,890円(税込)
ZNR-074

1. 平熱の街
2. ハッピーエンド
3. 都市の記憶
4. 通り雨
5. circle
6. 少年の掌

プロフィール

ハイスイノナサ

2004年、照井順政(Gt)、照井淳政(Ba)、田村知之(Key)、中村圭佑(Dr)の4人によって結成。2005年、鎌野愛(Vo)が加入し、現在の編成となる。都内を中心に活動をし、2007年EMI「Great Hunting」主催のサマーソニック07出演オーディションに参加し、最終選考に残る。ポストロック、エレクトロニカ等に影響を受け、ピアノを中心としたストーリー性のある楽曲と、浮遊感のある歌声で独特な世界観を生み出し、そのオリジナリティーのあるサウンドは悲しい位に美しく、心に響く。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告