特集 PR

ハイスイノナサ インタビュー

ハイスイノナサ インタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武

女性ボーカルを擁する5人組(兄弟含む)、ハイスイノナサがデビュー作となるミニ・アルバム『街について』を、残響recordより発表した。彼らの音楽を一言で表すなら“ポスト・ロックの感性を通過したミニマル・ミュージック”といったところだろうか。変拍子、シャープなギターといったジャンルとしての”ポスト・ロック”と、ロックを解体し、再構築する、文字通りの意味での”ポスト・ロック”、その二つの意味を持ち合わせた、非常に稀有な音楽である。今回のインタビューでは、結成当時から、現在の音楽性を確立するまでの過程を、音楽面と思想面の両面から、じっくりと話してもらった。題して“ハイスイノナサができるまで”。ごゆっくりお楽しみください。

(インタビュー・テキスト:金子厚武)

NASAが本気出したらすごいだろうなってことで(笑)。

―まずはバンド結成のいきさつから教えてください。はじめはボーカルの鎌野さんを除いたメンバーでスタートしてるんですよね?

照井順政:前身バンドがありまして、最初はコピーとかをやる遊びのバンドで、徐々にオリジナルをやるかってなって、前のドラマーが抜けたきっかけで、はっきりオリジナルに行こうと。それでザーサイさんが入って…

―ザーサイさんって中村さんのことだよね? ブログ見てても気になってたんだけど(笑)、なんで「ザーサイ」なの?

中村圭佑:このストーリーが面白ければよかったんですけど…結構普通で(笑)。僕大学の音楽サークルに入ってたんですけど、そこの先輩たちが後輩に変なあだ名をつけるのが流行ってて、僕はインスピレーションで「お前、ザーサイだ」って言われて、その場がわっと盛り上がっちゃったんですよ。「ああ、わかるわかる」みたいな(笑)。

ハイスイノナサ インタビュー

―(笑)じゃあ特にザーサイについてのエピソードがあるわけでもなく…

中村:全然ないんですよ。ザーサイ、好きは好きですけど(笑)。で、うちのサークルにベースの(照井)兄がよく顔を出してたんで、バンドにも広まってしまったっていう。

―みんな同じサークルとかではないんだよね?

順政:ここ二人(田村と照井淳政)が高校の同級生で、僕が兄の弟で(笑)、兄が出入りしてたサークルに彼(中村)がいて。

―兄弟でバンドやるのって変な感じしなかったですか?

順政:こっぱずかしいとかは特になかったよね? バンドやる前から、いずれは一緒にやるんだろうなってお互い思いながら、それまでは自由に同級生とかとやって、時が来たか、みたいな(笑)。

―四人でスタートしたのは当初インストをやろうとしたってこと?

順政:いや、まず前身バンドにピンの男ボーカルがいまして、そいつが辞めちゃって、でも歌ものをやりたかったんで、僕が一応兼任で(ボーカルを)やってたんですけど…もうちょっと安定したいよねって(笑)。

―バンド名はその頃からハイスイノナサ?

順政:そうですね。

―散々聞かれてるとは思うんだけど、バンド名の由来を教えてください。

順政:まず意味のない方がいいだろうと、音楽性が想像できない感じにしようっていうのと、個人的にカタカナが流行ってて、カタカナで語感がよくて、書いたときにいい感じに見えるのっていうことで、いくつか候補を挙げて、響きとか、総合的に見て選んだって感じですね。一応「ハイスイノ」は「背水の陣」の「背水の」で、「ナサ」はアメリカのNASAなんですけどね。NASAが本気出したらすごいだろうなってことで(笑)。

2/4ページ:オペラを歌っていたボーカル鎌野の加入秘話

Page 1
次へ

リリース情報

街について
ハイスイノナサ
『街について』

2009年10月7日発売
価格:1,890円(税込)
ZNR-074

1. 平熱の街
2. ハッピーエンド
3. 都市の記憶
4. 通り雨
5. circle
6. 少年の掌

プロフィール

ハイスイノナサ

2004年、照井順政(Gt)、照井淳政(Ba)、田村知之(Key)、中村圭佑(Dr)の4人によって結成。2005年、鎌野愛(Vo)が加入し、現在の編成となる。都内を中心に活動をし、2007年EMI「Great Hunting」主催のサマーソニック07出演オーディションに参加し、最終選考に残る。ポストロック、エレクトロニカ等に影響を受け、ピアノを中心としたストーリー性のある楽曲と、浮遊感のある歌声で独特な世界観を生み出し、そのオリジナリティーのあるサウンドは悲しい位に美しく、心に響く。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場 1

    『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場

  2. マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』 2

    マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』

  3. 坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演 3

    坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演

  4. 『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録 4

    『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録

  5. GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力 5

    GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力

  6. 星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う 6

    星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う

  7. 伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売 7

    伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売

  8. 北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開 8

    北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開

  9. 映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋 9

    映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋

  10. Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を 10

    Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を