特集 PR

不思議っぷり全開! henrytennisインタビュー

不思議っぷり全開! henrytennisインタビュー

インタビュー・テキスト
杉浦太一
2009/10/29
  • 0

1年が経つのはものすごく早いが、3年半というと結構長い。2年半続いているカップルというのはよく聞くが、3年半というと一気にハードルが上がる(ような気がする)。それくらいの歳月だ。さて、henrytennisがファーストアルバムをリリースしたのが2006年の5月。それから3年半後の2009年11月11日、いよいよセカンドアルバム『R.U.R.』がリリースされる。オシャレさ、泥臭さ、激しさ、浮遊感といった相反する言葉を全部ひっくるめながらも美しくパッケージされたこの音楽には、音楽好きを熱狂させる力と、誰にでも伝わるポップさとが見事に同居している。日本音楽シーンの新たな境地を切り開くhenrytennisのリーダー・奥村さんの卓越した才能というか不思議っぷりに、インタビューは終始笑いと驚きの連続だった。

(インタビュー・テキスト:杉浦太一)

HMV online

60人からの愛情溢れるメッセージ

―ライブおつかれさまでした! 数ヶ月ぶりに見たんですが、だいぶパワーアップしてますね。

岸田(ドラム):ありがとうございます。今日は実はメンバー揃って体調崩し気味だったんですよ(笑)。でも、ライブの良し悪しって、ほんとにやってみないとわからないんですよね。「今日は完璧だ!」って思っても、やってみるとそうでない時もあるし。今日はいいかんじにできました。

植野(鍵盤):本番前に、奥村さんが小さい紙コップ持ちながらフラフラ歩いて来て、「・・・バーガーキングで水汲んでもらった。」って聞いて、「あぁ、この人だめだ。今日は完全にだめだ」って思って(笑)。でもまぁ、奥村さんの場合は普段からそういうところあるからね。

奥村(ギター):始まるまではわからなかったね。うまくいって良かったよ。

不思議っぷり全開! henrytennisインタビュー

―今日はセカンドアルバム『R.U.R.』について色々と聞いていきたいんですが、ファーストから実に3年半ぶりということで、henrytennisはこの期間、色んなことがあったんじゃないですか?

奥村: そうですね。なんと言ってもファーストアルバムをリリースした頃のメンバーで残っているのはぼくだけですからね(笑)。みんなそれぞれの理由があって離れていったんだけど、今のメンバーで新しいアルバムがつくれて、本当に嬉しいです。すごいセンスを持ったメンバーですから。

―バンドを続けていくっていうのは、大前提としてタフなことだと思うんですけど、そんな苦境にありながらもメンバーを集めて、これだけの作品をつくりあげる。その原動力は何ですか?

奥村:カッコいいことを言うつもりはないんだけど、ぼくの中で音楽はライフスタイルそのものなんです。だから、「やめる」っていう選択肢は最初からないんです。やっていきたい音楽っていうのは明確にあったから、それを一緒にできる人たちを集めてやろう、って。でもやっぱり、メンバーには本当に助けられていますね。

―助けた側としては、いかがですか?

植野:助けているようで、助けられているんですよ。助け合いですよ。

奥村:ありがたやありがたや。

岸田:いい話しだ!(笑) 早くもインタビューの締めっぽいですね。

―締まりましたね(笑)。ありがたやと言えば、このフライヤーですよ。60組の人のコメントがギッシリ。

不思議っぷり全開! henrytennisインタビュー
※クリックで拡大します

奥村:いやぁ、これはね。コメントもらう度に、みんなの愛を感じましたね。

―なぜ、こんなにもたくさんの人たちがhenrytennisや奥村さんのことを想ってくれるんですかね。

奥村:うーん、何もないですよ。「いつもニコニコしているのは疲れてるからなんでしょ?」ってこの前突っ込まれたし・・・。

植野:あっくん(バンドで最年少のサックス担当)にも、「表情を変えるのがめんどくさいからでしょ?」って言われてたね(笑)。

奥村:一番年下にこんなこと言われるんですから。

全員:笑

岸田:でもまぁ、主催イベントをたくさんやってきたから、っていうのはあるんじゃないかな。奥村さんはバンド活動だけじゃなくて、同じシーンにいるバンド同士でイベントをやったりしていて、そういう音楽シーンに対する積極的な活動が、支持を集めるきっかけになったとは思います。

奥村:バンドはライフワークとしてやっているわけなんですけど、イベントをやる時のモチベーションは、世界の音楽のレベルをフラットにしたいっていうことなんです。各国がバラバラなんじゃなくて、肩を並べて競いたい。そのためには、日本の音楽のレベルを上げないといけないんです。日本にいる良いバンドは、ほんとに良い。全く世界の音楽にも引けを取らないんですよ。でも、そういうアンダーグラウンドなところに光があたらないから、世界には届かない。そういう悔しい現状があるから、少しでも多くの人に日本の素晴らしい音楽を知ってもらって、日本の音楽のレベルを世界と並ばせられれば、っていう想いがあるんです。

2/3ページ:突然、「ちょっと待って! でっかいUFOが〜」って(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

R.U.R.
henrytennis
『R.U.R.』

2009年11月11日発売
価格:2,500円(税込)
CINRA RECORDS DQC-365

1. Valencia raincoats
2. Jesus
3. Dortmund in the sky
4. red cats
5. circle
6. Weekday heartbreak
7. Song to say hello
8. Holy Ghosts
9. oslo

プロフィール

henrytennis

NEW WAVE OF PROGRESSIVE ROCK。Gt、Ba、Dr、Key、Sax、Glocken、PCによって奏でられる音楽は、インストゥルメンタル主体の生楽器によるミニマリズムを重視した音楽性を基本に構築され、豊かなリズムと音の波が押し寄せ、グルーヴを創り上げる。そのミニマルなリズムに突如、ユニゾン、変拍子という展開を挿入し、既存のインストバンドとは違うダイナミズムを持ち合わせ、多くの人を圧倒させる。09年11月11日に、2ndアルバム『R.U.R.』をリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)