特集 PR

大橋トリオ インタビュー

大橋トリオ インタビュー

インタビュー・テキスト
早川加奈子
2009/11/11

ジャズ、フォーク、ポップス、クラシック、トラッド、ソウル……etc。さまざまな音楽が心地よく溶け合ったシンプルなアコースティック・サウンドと、ふわりとした柔らかな歌声で、今や洋楽ファンをも虜にしている大橋トリオ。インディーズ時代からDJやモード関係者の間で評判となり、クチコミで人気が高まっていった音楽性の高さに加え、老若男女を問わず魅了する、極上のポップセンスも大橋トリオの大きな魅力。そんな大橋トリオが新たに挑んだ“ダンス”とは?

(インタビュー・テキスト:早川加奈子)

心と身体をスウィングさせる“ダンス”

―メジャー1stアルバム『I GOT RHYTHM』、すごくいいアルバムですね。実際、すでに何度も聞いてますし、しかも何度聞いても全く飽きずに聞ける貴重な一枚になっているというか。

大橋:それは嬉しいですねー。

―そんな今回のアルバムのテーマは“ダンス”。

大橋:でも“ダンス”にしばられるつもりはまったくなくて。自分への戒めというか、ちょっとはそういう意識を持って作ってもいいんじゃない? っていう程度のものというか。

―そうやって制作する際の意識が少し変化した背景として、メジャーになったことでリスナーの数も層も確実に広がった、という事実も影響していますか?

大橋:それもなくはないんですけど、僕の場合はライブのお客さん、ですね。僕のライブは、結構お客さんがみんな黙って聴いてるイメージがあって。そういう方に向けて、(ライブで披露するなら)アゲ目の曲が多い方が親切かな、と(笑)。実際はそれぞれの自由というか、じっと見ててもらっても別にいいわけなんですけどね。あと、大橋トリオっていう人と「ダンス」っていうテーマが僕の中では対極のイメージというか。そういう意味でも、「ダンス」を意識して作ったらどんなものが出来るかなっていう、言葉的なギャップも面白いかなって思ってましたね。

大橋トリオ インタビュー

―大橋さんにはもともとジャズというバックグラウンドがあるわけですよね。そのジャズのスウィング感は大橋さんの音楽の基盤でもあるわけだから、大橋トリオ=スウィング=ダンスと考えれば、それほど驚くテーマでもないというか。

大橋:そうなんですよね。でもスウィングっていうか、ジャズっぽいって意味で言えば、前回の『A BIRD』は、「ジャズっぽくないですね」って、いろんな人に言われたんですよ。それまでの作品にはかなりジャズっぽい曲調のものがあったからだと思うけど。でも自分の中では(ジャズの要素は)入れてたつもりだったんですけどね。まぁ、ジャズっていってもいろいろあるし、その辺りのニュアンスがわかる人も、そういう感じじゃない人もいるだろうし。

―そういう気負わない感覚で制作したからこそ、「ダンス=ダンス・ミュージック」の概念から逸脱した、幅広い意味での「ダンス」なアルバムになったのかもしれないですね。

大橋:聞いた後に、「どこがダンスやねん!?」って思われてもいいし(笑)。僕自身は、デモが出来て、その曲を作ってる最中にもう、すべての曲で踊ってますけどね(笑)。ヘッドフォンをしながら、もしくはスピーカーで大きな音を出しながら。

2/3ページ:いちばん大事なのは、人間らしい歌と音

Page 1
次へ

リリース情報

I Got Rhythm?
大橋トリオ
『I Got Rhythm?』

2009年11月11日発売
価格:2,940円(税込)
RZCD-46354

1. I could be
2. Winter Land
3. sing sing
4. Here To Stay
5. Voodoo
6. 君は雨
7. Emerald
8. Everyday
9. 誇り高き花のように
10. ここにあるから
11. 僕と月のワルツ
12. Lady

プロフィール

大橋トリオ

音楽大学でジャズ・ピアノを学んだ後、阪本順治監督の映画『この世の外へ 〜クラブ進駐軍〜』にピアノ演奏とビッグバンド・アレンジで参加。以降、本名の大橋好規として、『ジャージの二人』や『余命1ケ月の花嫁』などの映画音楽やCM曲の制作、小泉今日子や持田香織らへの楽曲提供やプロデュースを行なう。07年、シンガー・ソングライター・プロジェクト「大橋トリオ」としての活動を開始。08年にミニアルバム『A BIRD』でメジャーデビュー。09年11月にメジャー1stアルバム『I Got Rhythm?』を発表。2010年1月からホールツアーがスタートする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年