特集 PR

sugiurumnインタビュー

sugiurumnインタビュー

インタビュー・テキスト
柏井万作(CINRA.NET編集長)
写真:横田大
2010/03/10

都会に住んでたって田舎に住んでたって、空を真っ赤にそめる夕焼けをみたらものすごく感動しちゃう。それと同じように、その感動を知らない人がいたら無理矢理にでも教えたくなっちゃうくらい力強くて圧倒的な「感動=ヤバいもの」というのは確かにあって、音楽のなかでもとりわけDJカルチャーというのは、まさにその「感動」を追求してきた文化なんだろう。そして今回インタビューさせてもらったsugiurumn(スギウラム)というDJ兼トラックメーカーは、今の日本で最も信頼できる「ヤバいDJ」だと、いち早く断言してしまいたい。きっと彼の言葉の端々から、偽りないリアリティーを感じ取ってもらえるはずだから。世界を舞台に活躍したこの10年を総括するベストアルバム『Do You Remember That Night?』のリリースに伴い、「今ここで新しいことが行われてる」その現場について語っていただいた。

(インタビュー・テキスト:柏井万作 写真:横田大)

高校時代からディスコへ。「ヤバいとこに行っちゃうのがかっこいい」

―杉浦さんがクラブカルチャーに出会ったのはいつ頃なんですか?

sugiurumn:高校の頃からディスコには行ってたから、80年代半ばかな。でもディスコに関しては、今の活動とはまったく関係ないけど(笑)。

―そうなんですか(笑)。クラブに遊びに行く理由はなんだったんですか?

sugiurumn:「ヤバいとこに行っちゃうのがかっこいい」みたいな感じで、興味本位というか日常と違うものを求めてたんだろうね。昔のクラブは「楽しい」ってよりも、格好とかも含めて「気合い入れて行く」っていう敷居が高さがあって。「なんなら来なくていいよ?」みたいな(笑)。

sugiurumnインタビュー

―今のクラブとは全然違いますね。

sugiurumn:今はホント敷居低いよーっ!(笑)。むしろ低すぎてだらしない感じがするくらい。昔は気軽じゃなかった分、踊ってる全員が音に集中してて、自分のほうから音楽に何かを求めてた気がする。知らないやつとも音楽を通じて仲良くなったり。まぁなんとも言いがたいけどね。

ロックが不良からイジメられっ子のものへ… 「新しいことは何だろうって考えてて…」

―杉浦さんがバンド(Electric Glass Balloon:MIDIより4枚のアルバムをリリース。98年に解散)からDJに移っていった経緯ってどんなものだったんですか?

sugiurumn:最初はライブハウスのロック・パーティとかでDJしてたんだよね。ロックをネタ元とするブレイク・ビーツやビッグ・ビートのブームがあって、気づいたらレコード・バッグのなかがハウスでいっぱいになってて。その当時(90年代)はクロス・オーヴァーしているものが多くて、雑誌にもクラブ系のアーティストと(ザ・)ストーン・ローゼズなんかがいっしょに載ってたような時代だったからね。今みたいにシーンもそんなに分かれてなかったし。

―なるほど。じゃあ大きなターニング・ポイントがあって活動が変わっていったということではなく、自然に変わっていったんですか?

sugiurumnインタビュー

sugiurumn:あ、それはもちろんあったよ。バンドを解散したのが98年だったんだけど、それまで「新しいことをやるんだ!」って気持ちでバンドをやってたのに、何か違うものになってたんだよね。自分がバンドを始めたころっていうのは、ロックがもっとかっこよかったというか、不良のためのものでさ。だけど気づいたら、下北沢とかの文化が弱いヤツのためのものになってて。イジメられっ子が傷をなめ合うようなものに変わっちゃってたんだよね。周りでバンドやってる人たちからも新しいものを追い求める感じがしなくなって、「このままじゃ未来がないだろうな」って思った。だからそのタイミングで、新しいことは何だろうって考えてて…。

―それでハウス・ミュージックを作り始めたんですね。

sugiurumn:自分ひとりでつくるならダンス・ミュージックだ、と思ったんだよね。それに今思えば、その作り方って最初から感覚的にわかってたんだと思う。打ち込み自体は割と早くからやってて、バンドをプロデュースしてくれた福富(福富幸宏:日本にハウスを持ち込んだ先駆者の一人)さんが、白黒の頃のマッキントッシュとかサンプラーとかシンセとか持ち込んでレコーディングしてたから、自分でも買って教えてもらったりしてたんだよね。

Page 1
次へ

リリース情報

Do You Remember That Night?
sugiurumn
『Do You Remember That Night?』

2010年3月10日発売
価格:2,625円(税込)
AVCD23818 / avex trax

1. That Night feat. Tomomi Ukumori
2. Travelling feat. Joel Edwards -2010 Re Edit-
3. Star Baby feat. Miyuki Hatakeyama -2010 Re Edit-
4. Live for Tonight feat. Tim Burgess -2010 Re Edit-
5. Sweet Amazing feat. Lori Fine -2010 Re Edit-
6. Electrify My Love feat. Keiichi Sokabe -2010 Re Edit-
7. Music Is The Key Of Life feat. Megumi Mashiro -Sugiurumn 2010 Club Vocal Mix-
8. Galaxy feat. TORU HIDAKA(BEAT CRUSADERS) -2010 Re Edit-
9. Night Music feat. Junpei Shiina -Sugiurumn 2010 Club Vocal Mix-

sugiurumn『Midi In Midi Out』

2010年2月24日発売
価格:2,783円(税込)
MDCL1501 / MIDI

1. Caution
2. Emperor(Sugiurumn 2010 Mix)
3. Addiction(Original Mix)
4. Sugiurumn In The Grind House(Original Mix)
5. Deckard(Original Mix)
6. Phantom(Original Mix)
7. Hanged Man(Original Mix)
8. The Right Place In The Right Time(Sugiurumn 2010 Mix)
9. Night Music(Sugiurumn 2010 Balearic Dub)
10. Snow Magic(Sugiurumn 2010 Mix)

sugiurumn『ACID 2 ACID』
sugiurumn
『ACID 2 ACID』

2010年1月13日発売
価格:1,890円(税込)
HRCL1002 / HORIZON

1. ACID 2 ACID
2. ACID 2 ACID DUB
3. ACID 2 ACID REMIX
4. Don’t Sleep D nox & Beckers REMIX
5. What Time Is Summer Of Love Richard Gray REMIX
6. Traveling Plastik Funk REMIX
7. Born Slippy feat. Ukumori Tomomi Original MIX

イベント情報

『House Beat』 "Sugiurumn 10th Anniversary Do You Remember That Night? Release Party"

2010年3月20日(土)START 22:00
会場:代官山AIR
DJ:SUGIURUMN、HATORI、IORI、ASHLAY
Guest Vocal:Junpei Shiina、Tomomi Ukumori
料金:当日3,000円(フライヤー持参2,500円)
※ "Sugiurumn 10th Aniversarry Eivissa Essential Mix 2000-2010" をプレゼント(200枚限定)

『House Beat』WE LOVE SATURDAYS. “Do You Remember That Night? Release Party”

2010年3月27日(土)START 22:00
会場:京都WORLD
DJ:SUGIURUMN、OSAKAMAN
Guest Vocal:Keiichi Sokabe
DANCERS:CYBERJAPAN DANCERS
VJ:Sonic-r
料金:当日3,500円(1ドリンク)前売3,000円(1ドリンク)、 happy hour(22:00〜23:00)2,500円
※ "Sugiurumn 10th Aniversarry Eivissa Essential Mix 2000-2010" をプレゼント(200枚限定)

プロフィール

sugiurumn

世界最先端のハウスシーンと常にリンクし、国内外のトップDJから高い評価を獲得している唯一無二の日本人DJ/プロデューサー。「Star Baby(Axwell Remix)」(2004)が、Ministry Of Soundのコンピレーションにピックアップされたほか、名門クラブPacha Ibizaのオフィシャル・ミックスCDを手がけ、同クラブでもDJプレイを披露するなど、ワールドワイドにも活躍している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら