特集 PR

school food punishment インタビュー

school food punishment インタビュー

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:柏井万作

人とつながって生まれることが、自分が思っていたようなマイナスの感覚ではないということがわかってきた。

―どんな変化が?

内村:基本的なことなんですけど、口の動きにしろ、発音とメロディーの兼ね合いにしろ、みんなそういうことを当たり前に考えてやってたんだなってことが初めてわかったりして。技術だったり知識だったりが、曲作りの大切な要素になってきたんです。それで、メロディーラインはずっと私が作っていたんですけど、そうじゃなくてもいいっていうことと、そうじゃなかったときに起こる広がりみたいなものが、4枚目のシングル以降でわかってきて。その時期くらいから、サウンド面に関して、プロデューサーに投げられるようになったんです。

―Stereo Fabrication of Youthの江口亮さんですね。

school food punishment インタビュー

内村:はい。それまでは罪悪感じゃないけど、やっぱエゴはあるわけで、なんかすっきりしない状態だったんです。でも、どんどん信頼関係が築けて、人とつながって生まれることっていうのが、自分が思っていたようなマイナスの感覚ではないということがわかってきて。そんななかでできたアルバムなので、前を向いてるような作品になったのかなって。


要は「なんでもあり」ってことなんじゃないかと思って(笑)。

―今回のアルバムは、インディー時代から継続してきた作風もあれば、“パーセンテージ”はR&Bの影響もあるのかなと思ったり、“駆け抜ける”はクラブ・ミュージックっぽい感じがあったり。多彩な曲が並ぶなかで、sfpの楽曲に欠かせない要素ってなんだと思います?

内村:昔は浮遊感、デジタル、ロック、ピコピコ、そういうことをよく言われたんですけど、どの曲にもその要素が入っているのかと言ったら、絶対にそうじゃないし。いままではメンバーそれぞれの演奏と、私の声と、私の書いた歌詞やメロディー、それが全部融合してsfpだろうみたいなことを言ってたと思うんですけど、今回はだいぶプロデューサーに委ねた部分もあるし。でも、そこに対して突っ込まれなかったし、むしろすごくいいと言ってもらって。実際は曲もサウンドもすごく変わってきてると思うんですけど、それを人は「らしい」と言ったり、「らしくない」と言ったり。だから、要は「なんでもあり」ってことなんじゃないかと思って(笑)。

―また極端な(笑)。

内村:かっこいい言葉を使うと、ハイブリッドみたいな表現もできると思うんですけど。例えば、100%ポップな要素ばかりだったり、ロックな要素ばかりだったりだと、らしくないんじゃないかと思ってはいて。攻撃的だけどキャッチーとか、変態的だけどメロディーがいいとか、ポップスだけど尖ってるとか。そういう部分が「らしさ」なのかなと。

―「これはsfpらしくないよね」みたいな話をした曲もあるんですか?

内村:いままでと比較すると、“駆け抜ける”とか、“パーセンテージ”とか、私は新しいと思うんですよね。でも、他の人はそんなに違和感を感じていないっていう事実もあるし、私も何も抵抗がないし。ほんのさじ加減な気がするんですよね、「らしさ」っていうのが。

―“パーセンテージ”はバンドっぽくなくて、新境地だと思いましたけどね。

内村:私もそうだと思ってたんですけど、お客さんのなかには「インディーズの頃を思い出した」っていう人もいて。ちょっと意外だったんですよ。むしろインディーズの頃を知っている人からは、一番拒否反応を示される曲だと思ってたんです。でも、普通に反応がよかったりして。

―この曲は椎名林檎さんも絶賛されてましたよね。「性交渉をしたくなる」的なコメントをされてて(笑)。

内村:素晴らしいコメントをいただきました(笑)。“パーセンテージ”はうちの母もお気に入りで、いままでの曲で一番いいって。今回のアルバムは、ある意味リトマス試験紙だった気がするんです。自分たちが冒険だと思ったことも、冒険じゃないと思ったことも、意外になんでも受け入れてもらえる感じはしてて。シングルを出すたびに、ちょっとずつ受け入れてもらえる枠も広がってきたというか。そのなかでアルバムを迎えて、いまのところ拒否反応は聞こえてこないので、もっと広げてもいいのかもしれないとは思いましたね。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

school food punishment<br>
『amp-reflection』
school food punishment
『amp-reflection』

2010年4月14日発売
価格:3,059円(税込)
Epic Records ESCL-3417

1. signal
2. goodblue
3. butterfly swimmer
4. future nova -album edit-
5. 電車、滑り落ちる、ヘッドフォン
6. light prayer
7. after laughter
8. 04:59
9. 駆け抜ける
10. futuristic imagination -album version-
11. line
12. パーセンテージ
13. sea-through communication

プロフィール

school food punishment

04年10月に結成。07年4月、1stミニアルバム『school food is good food』をリリース、それに伴う全国ツアーを行う。08年12月には、3rdミニアルバム『Riff-rain』をタワーレコード限定で先行リリース、タワーレコードJ-Indiesウィークリーチャートにて1位を記録、約一週間で完売となる。2010年4月、1stアルバム『amp-reflection』をリリース。メンバーは、内村友美(vocal & guitar)、蓮尾理之(keyboards)、比田井修(drums)、山崎英明(bass)の4人組。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Yackle“ココナッツ(feat. ちゃんもも◎ from バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI & カルロスまーちゃん)”

現役高校生・Yackleの初フルアルバム収録曲“ココナッツ”のライブ映像。浮遊感あるサウンドに、ちゃんもも◎とカルロスまーちゃんが呪文を乗せたような1曲。歌詞にある「ぐにゃぐにゃに見えるプール」の中にいるような、不思議な世界観に引き込まれる。Yackle自身がヨーヨーを華麗にプレイするシーンなど、音源では味わえないパフォーマンスにも注目したい。(岡本)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」