特集 PR

定石からの解放 キリンジ インタビュー

定石からの解放 キリンジ インタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏木ゆか
2010/09/03

昨年、世界一有名な兄弟バンド・オアシスは活動停止を余儀なくされたものの、日本が誇るポップ・マエストロ兄弟=キリンジのクリエティビティはとどまるところを知らないようだ。約2年半ぶりの新作『BUOYANCY』は、シングルとなった高揚感のあるポップ・ナンバー“夏の光”や、高樹が仰天のボーカルを聴かせるニューウェイブ調の“都市鉱山”など、新機軸を存分に盛り込んだ実にカラフルな作品に仕上がっている。それぞれが独自の視点で自らの曲に取り組みながらも、完成した作品にブレがないのは、兄弟ならではの相性はもちろん、二人の「ポップス」に対する愛情が根底に流れているからなのだろう。堀込兄弟にじっくり話を聞いた。

(インタビュー・テキスト:金子厚武 撮影:柏木ゆか)

「ポップスってこういうものだよね」っていうところから自由になった。

―2008年はデビュー10周年で、ベスト盤のリリースなどもあり一区切りという感じもあったかと思いますが、そこから今回の新作『BUOYANCY』に向けて、新たなモチベーションのようなものはありましたか?

高樹:10周年っていうのはあくまで数字なんで、我々としてはそこで何か区切りっていう気持ちはあんまりなかったですね。『7-seven-』(2008年3月リリース)の頃から2年ぐらい10周年って言ってたから、「もういいんじゃないか?」っていうのもあって(笑)。そういう風にスタッフなりレコード会社が盛り上げてくれるのはもちろんありがたいんですけどね。それよりもコロムビアに移籍してすぐ、お互いソロを作って、セルフ・プロデュースを始めてってという一連の流れの方が、自分たちには大きかったですね。

―昨年もそれぞれのソロ活動がありましたが、その意味合いはどういったものでしたか?

泰行:個別の活動をそれぞれ前進させていくというか、充実させていく動きっていうんですかね。やっぱり個別の活動をやることで、必ずキリンジに返ってくることもあるし、単純にキリンジがマンネリ化しないので、すごくいいことだと思いますね。

定石からの解放 キリンジ インタビュー
堀込泰行

―では昨年のソロ活動から、今回のキリンジの作品に反映されたものとは?

泰行:僕の場合は単純に馬の骨(泰行のソロ・プロジェクト)でチャレンジした楽器が今回のキリンジのアルバムにも生かされてるし、レコーディングの進め方にしても、ソロは気合を入れすぎて時間が足りなくなることが多くて、この間のソロレコーディングもそうだったんで、そこを注意して。


―頑張り過ぎないということですか?

泰行:のめりこみ過ぎて周りが見えなくならないようにするというか、自分の曲と距離を取りながら、トータルでバランスを取ることを心がけましたね。結果的に今回のアルバムの収録曲には満足できました。

―高樹さんはザ・グラノーラ・ボーイズでの活動がありましたが、それは今回の作品にどのように反映されていますか?

定石からの解放 キリンジ インタビュー
堀込高樹

高樹:ザ・グラノーラ・ボーイズっていうのはオリジナルにこだわってなくて、カバーとオリジナルが半々で、歌も歌わなかったり、キリンジよりは縛りがないというか、「このメンバーで出せる音だったらそれでいい、音楽のジャンルも特に問わない」って感じだったんです。「ポップスってこういうものだよね」っていうところから自由になったというか。それまでも自由にやってはいたんだけど、長年やってると定石みたいのが自分の中にたまっていっちゃうんで、それを何とかしたいっていう気持ちがずっとあって。ザ・グラノーラ・ボーイズでわりと自由にやれたんで、気分転換になったっていうと彼ら(メンバー)に申し訳ないけど(笑)、改めて自由に曲作りをやろうって気持ちになったことは大きいような気がしますね。

Page 1
次へ

イベント情報

キリンジ初のUSTREAM生放送
『生KIRINJI-TV <キリンジ「BUOYANCY」発売記念SP>』

2010年9月3日(金)20:00頃〜(19:00頃〜覗き見放送スタート)
出演:キリンジ(堀込泰行、堀込高樹)
企画・構成・MC:ミズモトアキラ

リリース情報

キリンジ<br>
『BUOYANCY』
キリンジ
『BUOYANCY』
キリンジ
『BUOYANCY』

2010年9月1日発売
価格:3,150円(税込)
コロムビアミュージック エンタテインメント COCP-35901

1. 夏の光
2. 温泉街のエトランジェ
3. ホライゾン! ホライゾン!
4. Rain
5. セレーネのセレナーデ
6. 台風一過
7. 空飛ぶ深海魚
8. 都市鉱山
9. Round and Round
10. 秘密
11. アンモナイトの歌
12. 小さなおとなたち

プロフィール

キリンジ

堀込泰行と堀込高樹、兄弟ならではのハーモニーと洗練されたサウンド・プロダクションで奏でるキリンジ・ワールド。一昨年にデビュー10周年を迎え、ベストアルバム『KIRINJI 19982008 10thAnniversary Celebration』をリリースし、昨年は弟・堀込泰行がソロ・プロジェクト「馬の骨」で2ndアルバム『River』をリリース、兄・堀込高樹は「ザ・グラノーラ・ボーイズ」のメンバーとしてフェスなど活動も積極的に展開。お互いにソロを経験して音楽的な振り幅や自由度が高まったキリンジが、約2年半ぶりに8thアルバム『BUOYANCY』をリリース。さらに、秋には大型全国ツアーも決定している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

斉藤和義“アレ”

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌でもある斉藤和義48枚目のシングル“アレ”のMVが公開。冒頭から正方形の枠に収められた動画や画像が繋ぎ合わされていくこのMV、実は斉藤本人が撮影・編集・監修を務めたという。某SNSを彷彿とさせるたくさんの動画や画像がめまぐるしく変わる様に注目して「アレ」とは何かを考えながら観るのも良し、ひたすら猫に癒されるのも良しです。(高橋)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業