特集 PR

定石からの解放 キリンジ インタビュー

定石からの解放 キリンジ インタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏木ゆか
2010/09/03

昨年、世界一有名な兄弟バンド・オアシスは活動停止を余儀なくされたものの、日本が誇るポップ・マエストロ兄弟=キリンジのクリエティビティはとどまるところを知らないようだ。約2年半ぶりの新作『BUOYANCY』は、シングルとなった高揚感のあるポップ・ナンバー“夏の光”や、高樹が仰天のボーカルを聴かせるニューウェイブ調の“都市鉱山”など、新機軸を存分に盛り込んだ実にカラフルな作品に仕上がっている。それぞれが独自の視点で自らの曲に取り組みながらも、完成した作品にブレがないのは、兄弟ならではの相性はもちろん、二人の「ポップス」に対する愛情が根底に流れているからなのだろう。堀込兄弟にじっくり話を聞いた。

(インタビュー・テキスト:金子厚武 撮影:柏木ゆか)

「ポップスってこういうものだよね」っていうところから自由になった。

―2008年はデビュー10周年で、ベスト盤のリリースなどもあり一区切りという感じもあったかと思いますが、そこから今回の新作『BUOYANCY』に向けて、新たなモチベーションのようなものはありましたか?

高樹:10周年っていうのはあくまで数字なんで、我々としてはそこで何か区切りっていう気持ちはあんまりなかったですね。『7-seven-』(2008年3月リリース)の頃から2年ぐらい10周年って言ってたから、「もういいんじゃないか?」っていうのもあって(笑)。そういう風にスタッフなりレコード会社が盛り上げてくれるのはもちろんありがたいんですけどね。それよりもコロムビアに移籍してすぐ、お互いソロを作って、セルフ・プロデュースを始めてってという一連の流れの方が、自分たちには大きかったですね。

―昨年もそれぞれのソロ活動がありましたが、その意味合いはどういったものでしたか?

泰行:個別の活動をそれぞれ前進させていくというか、充実させていく動きっていうんですかね。やっぱり個別の活動をやることで、必ずキリンジに返ってくることもあるし、単純にキリンジがマンネリ化しないので、すごくいいことだと思いますね。

定石からの解放 キリンジ インタビュー
堀込泰行

―では昨年のソロ活動から、今回のキリンジの作品に反映されたものとは?

泰行:僕の場合は単純に馬の骨(泰行のソロ・プロジェクト)でチャレンジした楽器が今回のキリンジのアルバムにも生かされてるし、レコーディングの進め方にしても、ソロは気合を入れすぎて時間が足りなくなることが多くて、この間のソロレコーディングもそうだったんで、そこを注意して。


―頑張り過ぎないということですか?

泰行:のめりこみ過ぎて周りが見えなくならないようにするというか、自分の曲と距離を取りながら、トータルでバランスを取ることを心がけましたね。結果的に今回のアルバムの収録曲には満足できました。

―高樹さんはザ・グラノーラ・ボーイズでの活動がありましたが、それは今回の作品にどのように反映されていますか?

定石からの解放 キリンジ インタビュー
堀込高樹

高樹:ザ・グラノーラ・ボーイズっていうのはオリジナルにこだわってなくて、カバーとオリジナルが半々で、歌も歌わなかったり、キリンジよりは縛りがないというか、「このメンバーで出せる音だったらそれでいい、音楽のジャンルも特に問わない」って感じだったんです。「ポップスってこういうものだよね」っていうところから自由になったというか。それまでも自由にやってはいたんだけど、長年やってると定石みたいのが自分の中にたまっていっちゃうんで、それを何とかしたいっていう気持ちがずっとあって。ザ・グラノーラ・ボーイズでわりと自由にやれたんで、気分転換になったっていうと彼ら(メンバー)に申し訳ないけど(笑)、改めて自由に曲作りをやろうって気持ちになったことは大きいような気がしますね。

Page 1
次へ

イベント情報

キリンジ初のUSTREAM生放送
『生KIRINJI-TV <キリンジ「BUOYANCY」発売記念SP>』

2010年9月3日(金)20:00頃〜(19:00頃〜覗き見放送スタート)
出演:キリンジ(堀込泰行、堀込高樹)
企画・構成・MC:ミズモトアキラ

リリース情報

キリンジ<br>
『BUOYANCY』
キリンジ
『BUOYANCY』
キリンジ
『BUOYANCY』

2010年9月1日発売
価格:3,150円(税込)
コロムビアミュージック エンタテインメント COCP-35901

1. 夏の光
2. 温泉街のエトランジェ
3. ホライゾン! ホライゾン!
4. Rain
5. セレーネのセレナーデ
6. 台風一過
7. 空飛ぶ深海魚
8. 都市鉱山
9. Round and Round
10. 秘密
11. アンモナイトの歌
12. 小さなおとなたち

プロフィール

キリンジ

堀込泰行と堀込高樹、兄弟ならではのハーモニーと洗練されたサウンド・プロダクションで奏でるキリンジ・ワールド。一昨年にデビュー10周年を迎え、ベストアルバム『KIRINJI 19982008 10thAnniversary Celebration』をリリースし、昨年は弟・堀込泰行がソロ・プロジェクト「馬の骨」で2ndアルバム『River』をリリース、兄・堀込高樹は「ザ・グラノーラ・ボーイズ」のメンバーとしてフェスなど活動も積極的に展開。お互いにソロを経験して音楽的な振り幅や自由度が高まったキリンジが、約2年半ぶりに8thアルバム『BUOYANCY』をリリース。さらに、秋には大型全国ツアーも決定している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに 1

    曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに

  2. 電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目 2

    電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目

  3. 一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌 3

    一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌

  4. やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は? 4

    やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は?

  5. 渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演 5

    渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演

  6. カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方 6

    カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方

  7. 『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布 7

    『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布

  8. グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開 8

    グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開

  9. NICO Touches the Wallsが「終了」を発表 9

    NICO Touches the Wallsが「終了」を発表

  10. 京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル 10

    京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル