特集 PR

19歳ガールズロック! ねごとインタビュー

19歳ガールズロック! ねごとインタビュー

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:柏井万作
2010/09/22

10代限定のロック・フェス『閃光ライオット』で審査員特別賞を受賞し、デビュー前から主催イベントのSOLD OUTを連発させ、CINRA主催イベント『exPoP!!!!!』でも素晴らしいライブを披露してくれた現役大学生ガールズバンド「ねごと」が初音源をリリースする。挨拶代わりにしては強烈なインパクトを与えるであろうミニアルバム『Hello! “Z”』は、頭のなかを何度もループする軽やかなメロディーと、ふわりと不思議な世界観、おっとりした彼女たちの佇まいからは想像もつかないオルタナティブなバンド・サウンドが病み付きになる衝撃作。とんでもない才能を持った彼女たちを解剖すべく、早速インタビューを行った。

(インタビュー・テキスト:タナカヒロシ 撮影:柏井万作)

『閃光ライオット』に出るために作ったのが、初めてのオリジナル曲

―ねごとは高校時代に結成して、みなさんいま大学2年生なわけですけど、どういう経緯で結成されたバンドなんですか?

19歳ガールズロック! ねごとインタビュー
蒼山幸子

幸子:まず私と小夜子が高校の軽音楽部で知り合って、その軽音楽部にいた共通の知り合いを通して、別な高校に行ってた瑞紀と友達になって。瑞紀の高校には軽音楽部がなかったので、うちの高校に遊びに来るようになったんですね。それで「バンド組もうよ」って話になって、前身バンドを組んで。

―前身バンドは、どんなことをやっていたんですか?

幸子:主に邦楽のコピーをするバンドをやってましたね。最初は銀杏BOYZとか、ASIAN KUNG-FU GENERATIONとか。

―女性ボーカルで?

幸子:そうです(笑)。GO!GO!7188とかもやってました。その後にナンバーガールとか、スパルタローカズとか。

―またすごいバンドをコピーしますね。でも、そのバンドは解散して?

幸子:はい。なんか、スタジオの雰囲気が悪くなっちゃって…(苦笑)。それで、ベースを佑に変えて、ねごとを結成したんです。

―バンド名の「ねごと」の由来は?

瑞紀:ひらがな3文字がいいよねっていうところから来てて。

―なんでひらがな3文字がよかったんですか?

瑞紀:覚えやすいから(笑)。

幸子:いろいろ候補を挙げていったんですけど、「ねごと」がいちばんよかったんですよね。

―ほかの候補は?

幸子:「けむし」とか、「よだれ」とか、しょうもない感じの(笑)。

―一歩間違えてたら危なかったですね(笑)。最初はどういうバンドをやろうとしてたんですか?

幸子:コピーバンドのつもりで組んだので、「洋楽コピーしようよ」みたいな。クリブスとか、ヤーヤーヤーズとか、フラテリスとか、アークテック・モンキーズとかを主にやってましたね。

―じゃあ、オリジナル曲を作り始めたきっかけは?

幸子:『閃光ライオット』がきっかけですね。『閃光ライオット』に出るために、オリジナル曲を作らなきゃって。

―それで作った曲が審査員特別賞になっちゃったんだ!

小夜子:当時は「いい曲」っていう認識がまだ全然なくて。

幸子:オリジナルができたね、みたいな。

:確かに耳に残る曲だったんですけど、さていい曲なのかっていうのは…。

瑞紀:反応が良くて驚いたっていう。

Page 1
次へ

リリース情報

ねごと<br>
『Hello!
ねごと
『Hello! "Z"』

2010年9月29日発売
価格:1,680円(税込)
Ki/oon Records / KSCL-1650

1. ループ
2. 透き通る衝動
3. ワンダーワールド
4. うずまき
5. NO
6. 夕日

プロフィール

ねごと

蒼山幸子(Vo&Key)、沙田瑞紀(G)、藤咲佑(Ba)、澤村小夜子(Dr)の4ピース。鍵盤がボーカルを取る形の、全員平成生まれの10代。さわやかでポップな要素とオルタナティブなロックエッセンスを盛り込んだ、一見アンバランスなバランス感、きっとこれが新世代のガールズロック。『閃光ライオット2008』審査員特別賞受賞。2010年9月、単独初音源となるミニアルバム『Hello! “Z”』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談