特集 PR

きらびやかでロマンティック Dorianインタビュー

きらびやかでロマンティック Dorianインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2010/10/13

もう全てが嫌になって、誰とも関わりたくないと思っちゃったんです。

―作るのが中心で、ライブをやったりはしなかったんですか?

ドリアン:高校3年くらいからラップを始めて、東京に出てきてからもやってたんですけど、すごいガツガツしてる、「人生=ヒップホップ」みたいな、ああいうのに馴染めなくて。

―ヒップホップのそういう部分が苦手っていう話はよく聞きます。

ドリアン:みんな仲良くしてる中で、誰ともしゃべれない、しゃべりたくもないって感じ。一晩中ヒップホップが爆音でかかってるのが苦痛で仕方なかったです。一緒にヒップホップをやってる相方もいたんですけど、ヒップホップっぽくない4つ打ちのトラックを作ると、「こんなのねえよ」みたいな反応だったりして。そうやって段々と面白くなくなっていって、「やめるわ」って。

―ヒップホップ周りにいることをやめたんですか? それとも音楽自体をあきらめようと思った?

ドリアン:ヒップホップ周りにいるのをやめようと思ったんですけど、なかには「トラックいいね」って言ってくれる人もいて。それで、女の子2人組のエセ・ディーバみたいな、性格悪い言い方ですけど(笑)、そういうのに曲作ったりして、CDも出すことになったんです。でも、もらえるはずだったギャラも出ない。どうしたのか聞いてみたら、「私たちももらってなくてわかんない」って。でもネットで調べたらもうCD出てて、しかも何日かしたらその子達から電話がかかってきて、「新しいトラックまだ?」って…。それでもう全てが嫌になって、誰とも関わりたくないと思っちゃったんです。家で悶々としながら曲を作ってはいたんですけど。

―曲を作ること自体はやめなかったんですね。

ドリアン:やりたいなって気持ちはずっとあったんですけど、どう再開したらいいかもわかんないし、曲を作っても誰に聴かせたらいいかもわかんない。そういう時期が2〜3年ありましたね。

きらびやかでロマンティック Dorianインタビュー

音楽をやらなくなっちゃって、それなのに本当はやりたいと思ってることも彼女に読まれてて。

―それは苦しい時期だったでしょうね…。そこからどうやって活動を再開して行ったんですか?

ドリアン:その頃一緒に住んでた彼女がいたんですけど、僕が音楽でどうにかしたい人なんだろうなっていうのはわかってたと思うんですね。でもやらなくなっちゃってて、それなのに本当はやりたいと思ってることも読まれてて。それで誕生日にターンテーブルを1台プレゼントしてくれて。そしたら次の日に友達から電話がかかってきて、「ターンテーブル買い換えるから1台1万円でどう?」って。「ミキサーも買い換えるからあげる」って言われて、DJできる環境が整っちゃったんですよ。

―へえ、すごい偶然ですね。

ドリアン:それでDJの練習して、近くのDJバーでやらせてもらい始めて。そこからですね、どんどんと人脈が広がっていって。

―じゃあ彼女と友達から1台ずつターンテーブルを貰ったのはすごく大きなきっかけになったわけですね。

ドリアン:そうですね。その彼女とは別れちゃったんですけど。今よくよく考えるとデカイ転機というか。どういう意味でプレゼントしてくれたのかはわかんないですけど、今考えると意味があったのかなって。

―そうやって活動を再会して、昨年初めての作品『Slow Motion Love』をCD-Rで発表しましたよね。あの作品をリリースすることになったきっかけは?

ドリアン:DJをやりながら、曲を作ってることを友達に話してたんですね。そうしたら「今度DJじゃなくてライブやってよ」って言われて、ライブをやり始めるようになって。それで、ライブで作った曲をMySpaceにアップしたら、やけさん(やけのはら)が聴いてくれて、ブログで紹介してくれて。僕もそれをたまたま見て、お礼のメールを送ったら、次の週にパーティーに遊びに来てくれたんですよ。そこから仲がよくなっていって。

―それって『Slow Motion Love』を出す前?

ドリアン:前ですね。それもやけさんが提案してきたんですよ、「出したらいいのに」って。「どうやって出したらいいのかわかんなくて」って言ったら、やけさんはミックスCDをCD-Rで出してるから、「CD-Rでいいじゃん」って。置いてくれるお店とかもやけさんが紹介してくれて、俺何にもやんないで(笑)。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

Melodies Memories
Dorian
『Melodies Memories』

2010年9月15日発売
価格:2,100円(税込)
FCT-1004 / cap-110

1. Dorian's Openning Theme
2. Nasty Ice Cream feat. LUVRAW&BTB
3. Melodies Memories
4. Flash
5. Natsu No Owari feat. G.RINA
6. Magic Fly Love Affair
7. Free
8. Morning Calling
9. Disco4.5(ASYK MIX)
10. Shooting Star feat. TAVITO NANAO&YAKENOHARA
11. Crystal Girl

プロフィール

Dorian

RolandのオールインワングルーヴマシンMC-909を使ったライヴで都内を中心に活動中。ドリーミーでロマンティックなアーバン・ダンス・ミュージックで各方面から支持を集めている。2009年、初の自主制作盤CD-R『Slow Motion Love』を発表。トラックメイカーとして七尾旅人×やけのはら“Rollin' Rollin'”のアレンジを担当、リミックスも手がける。ZEN-LA-ROCK〜DEDE MOUSE等の作品への参加VMCへの楽曲提供等々。2010年9月、自身初のフルアルバム『Melodies Memories』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 新しい学校のリーダーズが世界へ。「自分らしさ」を探る旅路 1

    新しい学校のリーダーズが世界へ。「自分らしさ」を探る旅路

  2. ROTH BART BARON三船との対話 日本の音楽に宿るルーツを巡って 2

    ROTH BART BARON三船との対話 日本の音楽に宿るルーツを巡って

  3. 長瀬智也×宮藤官九郎『俺の家の話』 キャストや見どころ紹介 3

    長瀬智也×宮藤官九郎『俺の家の話』 キャストや見どころ紹介

  4. Perfumeがリーバイス「Levi's RED」新キャンペーンに起用、特別映像公開 4

    Perfumeがリーバイス「Levi's RED」新キャンペーンに起用、特別映像公開

  5. 西野七瀬が教師役で登場 神木隆之介、松本穂香ら出演au「高杉くん」新CM 5

    西野七瀬が教師役で登場 神木隆之介、松本穂香ら出演au「高杉くん」新CM

  6. カシオ「BABY-G」×ピカチュウのコラボモデル「BA-110PKC」販売 6

    カシオ「BABY-G」×ピカチュウのコラボモデル「BA-110PKC」販売

  7. 成人が「12歳の少女」としてSNS登録 性的搾取の実態追う記録映画『SNS』 7

    成人が「12歳の少女」としてSNS登録 性的搾取の実態追う記録映画『SNS』

  8. 『映画秘宝』年間映画ベスト&トホホ10に斎藤工、のん、宇多丸ら153人参加 8

    『映画秘宝』年間映画ベスト&トホホ10に斎藤工、のん、宇多丸ら153人参加

  9. 綾野剛主演『ホムンクルス』場面写真一挙公開 成田凌、岸井ゆきのらの姿も 9

    綾野剛主演『ホムンクルス』場面写真一挙公開 成田凌、岸井ゆきのらの姿も

  10. 川崎鷹也が語る、世間に見つかるまでの葛藤と、根底にある「愛」 10

    川崎鷹也が語る、世間に見つかるまでの葛藤と、根底にある「愛」