特集 PR

『完全避難マニュアル』高山明(Port B)×濱野智史対談

『完全避難マニュアル』高山明(Port B)×濱野智史対談

インタビュー・テキスト
田島太陽
撮影:小林宏彰

「演劇を脱ぐ」をコンセプトとした舞台芸術の祭典、フェスティバルトーキョー(F/T)。国内外より蒼々たる参加者が集う中で、10月30日から11月28日まで開催される高山明主宰のPort B『完全避難マニュアル 東京版』が一際異質だ。公演場所は「山手線29駅周辺」、公演の入口は「ネット上から」という、まさに演劇らしからぬ作品といえる。池袋サンシャイン60の周囲を参加者が巡るツアー公演『サンシャイン62』(08年)、池袋西口公園に設置したユニットハウスで350本のインタビュー映像を放映した『個室都市東京』(09年)など、過去にも様々な試みで話題を呼んだ高山。今作ではアドバイザリー・アーキテクトとして、ウェブをテーマとした批評家として有名な濱野智史が参加していることにも注目が集まる。演劇とウェブという相反する世界がミックスした今作はどう生まれ、これからどう広がるのか。高山と濱野に聞いた。

(インタビュー・テキスト:田島太陽 撮影:小林宏彰)

Twitterや2ちゃんねるに演劇は太刀打ちできない?

─まず今回の『完全避難マニュアル 東京版』はどんな作品かということから教えて下さい。

『完全避難マニュアル』高山明(Port B)×濱野智史対談
高山明(Port B)

高山:入口はウェブサイトで、そこから誘導されて山手線の29駅付近に設置した避難所に行ってもらう。それがまぁ、全てと言えば全てなんです。そこで僕らが演劇的なことをやっているわけではなくて、何が起こるかはお客さん次第。僕らはそれをコントロールしない。そういう演劇作品です。

─ウェブサイトに色んな質問事項があって、それに答えていくと山手線の駅が提示される、ということですか?

高山:まだ制作中なので不確定な部分もありますが、基本的にはそういうことです。その場所に何があるのかは、それぞれに観察してもらう、あるいは何かをしてもらう。それで最後にまたウェブで報告なりレポートなりをしてほしいと思っています。ウェブに始まりウェブに終わるんです。

─そのサイト構築をされているのが濱野さん?

濱野:そうですね、入口を作って各場所に誘導するためのサイトです。アイデア出しから実装までを担当しています。

─もともとお2人は親交があったんですか?

高山:『創造するアーキテクチャ』というシリーズのイベントで一度だけお会いしたことがありましたよね。

濱野:そうですね、でもその時は挨拶した程度でほとんどお話はしなかったんですよ。そうしたらこの話を頂きまして。びっくりしたんですけど、すごく面白そうなのでぜひこちらからもお願いしますとお答えしました。

─かなり実験的な試みですよね。なぜウェブを取り入れようと思ったんでしょう?

高山:『個室都市東京』という作品をやった時に、Twitterですごい盛り上がっていたんです。つぶやきによってもうひとつの作品ができてるなと感じました。実態は僕らが作りましたが、お客さんが観たもうひとつの『個室都市東京』がそこにあった。もちろんとんでもない間違いもあれば、勝手に想像しただけで書いているようなものもあったのですが、でもそれも含めてすごく魅力的でした。その時Twitterや2ちゃんねるのようなメディアには、演劇では到底太刀打ちできないと痛感したんです。だったらそういうものを自分たちで作って、今よりもうひとつ先を探ってみようと思いました。

『完全避難マニュアル』高山明(Port B)×濱野智史対談
F/T09秋『個室都市 東京』(09年)舞台写真 ©蓮沼昌宏

─山手線29駅を利用しようと思ったのはなぜですか? 

高山:作品の最初のとっかかりが山手線だったんです。始発にはホストもサラリーマンも朝帰りの人も、いろんな人がいますよね。例えばホームレスは夜中ずっとマクドナルドとかにいて、始発が走ると山手線に「避難」するんです。この仕組みは面白いなと。それを思いついた頃にちょうど、F/Tディレクターの相馬千秋さんに「1万人導入できるようなプロジェクトをやってくれ」と頼まれまして。

─1万人! すごい数ですね!

高山:僕は今まで少人数を想定したプロジェクトをやっていたので、これはいいチャレンジだなと思いました。その2つがタイミング的にちょうど合致して、じゃあ両方を達成するためには、入口はウェブがいいだろうというところに行き着いたんです。

Page 1
次へ

イベント情報

フェスティバル/トーキョー10
『完全避難マニュアル 東京版』

2010年10月30日(土)〜11月28日(日)
会場:山手線各駅周辺29カ所に設定した「避難所」
構成・演出:高山明(Port B)
参加申し込み:オフィシャルウェブサイトから(後日申し込み開始予定)

プロフィール

高山明

1969年生まれ。94年より渡欧し多数の舞台に関わりながら演出・戯曲執筆を行う。帰国後の02年、Port B(ポルトビー)を結成。演劇を専門としない表現者たちとの共同作業によリ、 既存の演劇の枠組を超えた前衛的な作品を次々と発表している。

濱野智史

1980年生まれ。批評家、株式会社日本技芸リサーチャー。ウェブサービスの分析、構築を中心に手がける。著書に『アーキテクチャの生態系』(NTT出版)、主な論文として「ニコニコ動画の生成力」(『思想地図vol.2』NHK出版)などがある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」