特集 PR

相手にされなかった若者たち AL familiaインタビュー

相手にされなかった若者たち AL familiaインタビュー

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
2010/11/08

自分たちはそんなカッコよくないってところに辿り着いたら、楽になりました。

―アルバムに入ってる“The Dream”とか、普通にいい曲だなと思うんですよ。けど、こういう奇抜な活動をしていると、ちゃんと聴いてもらえなくなる可能性もあると思うんです。

Yamazaki:でも、そもそも聴いてもらえてないから。

Hama:そんなものがあるっていう存在すら知られてない。

Yamazaki:ほんと消去法なんですよ。出演できるライブハウスもない、メジャーのコネもあるわけでもない。その結果、ここに辿り着いちゃっただけで。売れるとか売れないとか関係なく、自分のロックをただ伝えられればよかったんですけど、実際はそれすらできなかった。相手にされない時期が長過ぎて、このままいくのはキツい、なんでもいいから世に出ようと。

―音楽シーンに新しい風を吹き込みたいとか、そういう気持ちは?

Yamazaki:ないですよ。かっこいいバンドとか、本当にロックなヤツらはいくらでもいるし、そういう人たちと同じ土俵で戦って勝てるわけがないから。

Hama:こんな寄せ集めがね。

Yamazaki:そうそう。1・2・3で合わせたら魔法のような音楽が生まれるとか、そんなことはできないので。

―普通は既存のシーンがつまんないと思うから新しいことやるわけじゃないですか。それとまったく逆の発想ですよね。なんか、楽な道を選んでるつもりなのかもしれないですけど、実際は大変なほうに行ってるという。見てる側はおもしろいからいいんですけど。

Yamazaki:普通のことをやっちゃいけないっていうのは思いますよね。もう、ここまでやっちゃったんだし。どんどんハードル上げちゃってるなとは思いますけど。

Hama:まぁ、典型的な「中2病バンド」って言われてますから。あと、「香ばしい」とか(笑)。

―「2ちゃんねる」らしいですね(笑)。ちなみに会社概要には、事業内容として「弱者が人権を獲る為のレジスタンス運動」って書いてありますけど、具体的には?

Yamazaki:国を倒そうとか、政権を変えようとかっていう発想はないし、いまの日本で充分生きていけると思うんですけど…。

相手にされなかった若者たち AL familiaインタビュー
Hama Hani

Hama:普通に働いてる人たちから、「フリーターの分際で楽しそうだな」とか、そう思わせられたらいいかなと。最初の頃は「フリーターに人権を」とか、自分たちが選ばれし革命家みたいな思いで言ってたんですけど、おこがましいですよね(笑)。

Yamazaki:ゲリラ組織とか言ってたよね(笑)。

Hama:ほんと、選ばれし血統みたいな、そんな勢いだったよね。

Yamazaki:でも、実際そんなことはないっていう。自分たちはそんなカッコよくないってところに辿り着いたら、楽になりました。

―なんか、今日取材をするまで、すごいぶっ飛んだ人たちなんだろうなと思ってたんですけど、予想に反して親しみやすいというか。ちょっと驚きました。

Yamazaki:別にカッコよく見せても嘘になるから。これで数年後に本当にカッコよくなれればいいなと思うんですけどね。いま背伸びしてもバレバレなので。そこは正直に伝えてください。

Page 4
前へ

リリース情報

AL familia<br>
『freeter’s anthem』
AL familia
『freeter’s anthem』

2010年4月1日発売
価格:1,890円(税込)
GOGOA-1001 / GOGGO&GOGGA
1. intro
2. 無力者の尊厳とjazz
3. 世界の片隅のアンセム
4. 粛清
5. 慈愛
6. knightley
7. By the world
8. 安らかな崩壊
9. 世界の片隅のアンセム(acostic ver)

※オフィシャルサイトで購入した方には、特典として「AL familiaとの飲み会招待券(Club AL)」「破壊用CD」がつきます。

プロフィール

AL familia

2009年にYamazaki Eisui(P)を中心に結成された音楽ユニット。メンバーはYamazaki、Hama Hani(Sampler)、WMO(Vo)、Yoshi Takashi(Dr)、MAOU(Model)の5人編成。「他人が怖くなくなる音楽」をテーマに掲げ、クラシックをふんだんに取り入れたサウンドを発信していく。2009年に1st CD「independent bible」、翌2010年に2nd CD「Freeter's anthem」をリリース。ライブ活動は通常のライブハウスなどでは実施せず、ストレス発散を手助けする家破壊ライブ、自殺願望のある人のみ集めた人生リセットパーティなど常に攻撃的なイベントを行っている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Yackle“ココナッツ(feat. ちゃんもも◎ from バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI & カルロスまーちゃん)”

現役高校生・Yackleの初フルアルバム収録曲“ココナッツ”のライブ映像。浮遊感あるサウンドに、ちゃんもも◎とカルロスまーちゃんが呪文を乗せたような1曲。歌詞にある「ぐにゃぐにゃに見えるプール」の中にいるような、不思議な世界観に引き込まれる。Yackle自身がヨーヨーを華麗にプレイするシーンなど、音源では味わえないパフォーマンスにも注目したい。(岡本)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」