特集 PR

相手にされなかった若者たち AL familiaインタビュー

相手にされなかった若者たち AL familiaインタビュー

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
2010/11/08

株式会社になったら何でも相手にしてくれるんだということがわかって。株式会社っていうだけでシカトされないし。

―普通にライブハウスに出演して、地道にファンを増やして、っていう考えはなかったんですか?

相手にされなかった若者たち AL familiaインタビュー
Yamazaki Eisui

Hama:まずメンバーが集まらない。

Yamazaki:あと、ライブハウスっていう空間がダメで。ライブハウスに出てる人たちって、みんないい意味で「俺はロックだぜ」っていうカッコいいヤツらばっかじゃないですか。それを見ると「はぁ、俺なんて…」って思っちゃうんですよ。別に自分がロックだなんて思ってないから、そのなかに自分が立つっていう絵が思いつかない。

―それは意外ですね。

Yamazaki:単純にバンド仲間もいなかったので、誘われないっていうのもあるし。もともと自己満足でやってたバンドだから、そこまでライブやろうっていう発想にも至らなかったし。でも、さっき言ったように、相手にされたいっていうのがあって。CDを出そうと思っても、個人だと流通も相手してくれないんですよ。それで、いろいろ勉強していくなかで、株式会社になったら何でも相手にしてくれるんだということがわかって。

―確かに、そういう考え方もできなくはないですよね。

Yamazaki:株式会社は1円から作れるっていうことも知って、じゃあ作ってみようかって。とりあえず居場所がほしかったんです。株式会社っていうだけでシカトされないし。みんな会社の中身とか見ないじゃないですか。まぁ、なんだかんだお金がなきゃ始まらないので、そこはありとあらゆる手を使いましたけど。

―それ、すごい気になりますけど。

Yamazaki:そこは謎のままにさせてください。でも、みんなが思うようなめでたい方法は使ってないですよ。

Hama:うん。使いたくても、何ひとつ使えなかった。

Yamazaki:金持ちの知り合いとかいればよかったんですけど(笑)。

Hama:最近、知り合いに業界関係者がいるっていう情報を聞きつけて、超キメキメの格好して乗り込んだんですよ。「ありがとうございます。音楽会社をやっておりますHamaと申します」みたいな感じで、資料とかも持って行って、一生懸命熱弁したんですけど、「いまね、○○○(売り出し中の某ガールズバンド)やってるから無理」って言われて。

―はははは(笑)。

Yamazaki:○○○に負けたAL familiaっていうね。

曲には絶対的な自信があるんです。だから、嫌いだろうがなんだろうが、とりあえず俺らのことを知ってもらって、曲を聴いてくれというのがあって。

―ニュースと言えば、今度「100万円バラ撒きライブ」をやると発表されましたけど。

Yamazaki:そうなんです。俺らが必死こいてかき集めた100万円をバラ撒こうと。最初は六本木ヒルズに埋めようぜとか言ってたんですけど、絵的に地味だなと思って(笑)。それで、もうどっかのビルからバラ撒くかと。詳細はいま詰めているので、発表を楽しみにしていてください。おかげで貯金が残高6万になっちゃっいましたけど(笑)。

Hama:ここまできたら、とことん派手にやっていきたいなと。

Yamazaki:うちは上場したいとか、そういう発想はまったくない会社なので、いまが楽しければそれでいいんです。お金はなんとかして、また集めたらいいし。まず、自分たちのやりたいことありきで、個人じゃ相手にされないから法人格は持っていようみたいな。

相手にされなかった若者たち AL familiaインタビュー
『人生リセットパーティ』の様子

―ただ、相手にされたところで、「100万円バラ撒きライブ」みたいなことは、いつまでも続けられないと思うんですけど、その先の目標っていうのは?

Yamazaki:やっぱり、人に聴かせようと思ってないとは言っても、曲には絶対的な自信があるんです。だから、相手にされたいっていうのは、嫌いだろうがなんだろうが、とりあえず俺らのことを知ってもらって、曲を聴いてくれというのがあって。先のことを考えるのは、それからですよね。でも、いまはいまで、楽しいことができてるので、けっこう快感だったりしますけど。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

AL familia<br>
『freeter’s anthem』
AL familia
『freeter’s anthem』

2010年4月1日発売
価格:1,890円(税込)
GOGOA-1001 / GOGGO&GOGGA
1. intro
2. 無力者の尊厳とjazz
3. 世界の片隅のアンセム
4. 粛清
5. 慈愛
6. knightley
7. By the world
8. 安らかな崩壊
9. 世界の片隅のアンセム(acostic ver)

※オフィシャルサイトで購入した方には、特典として「AL familiaとの飲み会招待券(Club AL)」「破壊用CD」がつきます。

プロフィール

AL familia

2009年にYamazaki Eisui(P)を中心に結成された音楽ユニット。メンバーはYamazaki、Hama Hani(Sampler)、WMO(Vo)、Yoshi Takashi(Dr)、MAOU(Model)の5人編成。「他人が怖くなくなる音楽」をテーマに掲げ、クラシックをふんだんに取り入れたサウンドを発信していく。2009年に1st CD「independent bible」、翌2010年に2nd CD「Freeter's anthem」をリリース。ライブ活動は通常のライブハウスなどでは実施せず、ストレス発散を手助けする家破壊ライブ、自殺願望のある人のみ集めた人生リセットパーティなど常に攻撃的なイベントを行っている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優