特集 PR

韓国発の気になるバンド「チャン・ギハと顔たち」インタビュー

韓国発の気になるバンド「チャン・ギハと顔たち」インタビュー

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:柏井万作

アイドル中心のダンス・ミュージックかバラードしか売れないと言われる韓国の音楽シーンにおいて、インディーズ・バンドながら社会現象を巻き起こしているバンド「チャン・ギハと顔たち」が、11月17日にアルバム『何事もなく暮らす』の日本盤をリリースする。11月22、23日には来日ライブも決定し、ZAZEN BOYS、トクマルシューゴ、ヒカシューも出演予定で既に話題沸騰中。70〜80年代の韓国ロック/フォークの要素を受け継いだ独特の哀愁を持ったサウンド、妙に達観したユニークな詞世界は、言語こそ違えど日本人の心にも確実に届くはず。バンドの首謀者であるチャン・ギハにインタビューを行った。

(インタビュー・テキスト:タナカヒロシ 撮影:柏井万作)

HMV online

チャン・ギハと顔たちの音楽に関しては、70〜80年代の韓国の音楽の影響が強いと思います。

―今回の日本でのリリースはどういった経緯で?

韓国発の気になるバンド「チャン・ギハと顔たち」インタビュー
チャン・ギハ

チャン・ギハ:私が韓国で所属しているレーベル(ブンガブンガレコード)が、日本のミュージシャンのアルバムの韓国盤のライセンスを扱い始めたのがきっかけです。そのなかにトクマルシューゴさんがいたのですが、トクマルさんが所属するP-VINEさんから、「一度日本でアルバムを出して、ライブなどをやってみては?」というオファーをいただきまして。

―チャン・ギハと顔たちは、いわゆるK-POPとは異なる音楽性のバンドですけど、どんな音楽から影響を受けているんですか?

チャン・ギハ:たくさんの方々から影響を受けましたが、チャン・ギハと顔たちの音楽に関しては、70〜80年代の韓国の音楽の影響が強いと思います。外国のバンドも好きですが、それも60〜80年代のものが多いですね。例えばビートルズとか、ドアーズとか、ロキシー・ミュージックとか。

―チャン・ギハと顔たちの音楽は、フォークやロックが基盤になっていると思うんですけど、70年代の韓国には、そういったミュージシャンが多かったんですか?

チャン・ギハ:そうですね。いま日本ではアイドル中心のダンス音楽がK-POPとして知られていますが、70年代はいまよりもフォークやロックが愛されていたと思います。私はまだ生まれてませんでしたが。

―後から追いかけて聴いたんですか?

チャン・ギハ:私は以前、ヌントゥゴコベイン(눈뜨고 코베인)というバンドでドラムをやっていたのですが、そのときのメンバーが古い韓国の曲を教えてくれたんです。それまでは普通の若者と同じように、そのときの時代の音楽だけを追いかけていたわけですが、バンド活動を始めてから変わりました。

―そのなかでも特に好きなアーティストを教えていただけますか? 後でYouTubeで検索するので(笑)。

チャン・ギハ:サヌリム(산울림)、シン・ジュンヒョン(신중현)、ソンゴルメ(송골매)などでしょうか。とても素晴らしいので、ぜひ聴いてみてください。

―ちなみにソテジワアイドゥル(서태지와 아이들/ラップ、ダンス、ロックなど、様々な音楽要素をポップ・ミュージックとして消化し、韓国で絶大な人気を誇った伝説的グループ。1992〜1996年に活動)は聴かれなかったんですか?

チャン・ギハ:ソテジワアイドゥルがデビューした頃は、小学校から中学校くらいのときだったと思うのですが、そのときは本当に憧れで、とても大好きでした。でも、ヌントゥゴコベインを始めてからは、自分の好みも変わったので、いまの自分の音楽性には、それほど大きな影響を及ぼしていないと思います。

―チャン・ギハと顔たちを始めようと思ったのは、70〜80年代の音楽を聴くようになったことがきっかけで?

チャン・ギハ:そうですね。ヌントゥゴコベインをやっていたときから自分でも曲を書いていたのですが、曲の方向性がいまのような感じにどんどん流れていって。そうした自作曲が増えていった結果、自分の歌を自分で歌うグループをやろうと思い、チャン・ギハと顔たちを結成しました。

Page 1
次へ

イベント情報

2010年11月22日(月)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 LUSH
出演:
チャン・ギハと顔たち
ヒカシュー
料金:前売3,300円 当日3,800円(ドリンク別)

2010年11月23日(火・祝)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 渋谷WWW
出演:
ZAZEN BOYS
チャン・ギハと顔たち
トクマルシューゴ
料金:前売3,800円 当日4,300円(ドリンク別)

リリース情報

{チャン・ギハと顔たち(チャンギハワオルグルドゥル)<br>
『何事もなく暮らす(ピョルリルオプシ サンダ)』
チャン・ギハと顔たち(チャンギハワオルグルドゥル)
『何事もなく暮らす(ピョルリルオプシ サンダ)』

2010年11月17日発売
価格:2415円(税込)
P-VINE RECORDS PCD-93375

1. ナワ(出ろ)
2. アムゴット オプチャノ(何もないじゃないか)
3. オヌルド ムサヒ(今日も無事に)
4. チョンマル オプソンヌンジ(本当にいなかったのか)
5. サムゴリエソ マンナン サラム(三叉路で出会った人)
6. マラロ ガヌン ギル(話しに行く道)
7. ナルル パダジュオ(俺を受け入れてくれ)
8. ク ナムジャ ウェ(あの人はなぜ)
9. ミョクサル ハン ボン チャッピシプシダ(胸ぐら一回つかませて)
10. サグリョ コピ(安物のコーヒー)
11. タリ チャオルンダ、カジャ(月が満ちる、行こう)
12. ヌリゲ コッチャ(のんびり歩こう)
13. ピョルリルオプシ サンダ(何事もなく暮らす)

プロフィール

チャン・ギハと顔たち(チャンギハワオルグルドゥル)

全ての作詞・作曲を担当するヴォーカルのチャン・ギハを中心として2008年にソウルで結成。70〜80年代の韓国ロック/フォークのエッセンスを受け継ぎつつ新たに発展させたユニークな音楽性、独自の言語感覚で様々な心象を描き出す歌詞、さらには視覚的なインパクトも強いライヴ・パフォーマンスが爆発的な人気を呼び、デビュー・アルバム『何事もなく暮らす(ピョルリルオプシ サンダ)』が近年の韓国インディーズでは異例の大ヒットを記録した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性