特集 PR

芝居はセクシャリティから始まる タニノクロウ×手塚とおる対談

芝居はセクシャリティから始まる タニノクロウ×手塚とおる対談

インタビュー・テキスト
萩原雄太
撮影:小林宏彰

そのシュールな世界観が圧倒的な人気を誇る「庭劇団ペニノ」の主宰者でありながら、精神科医でもあったという異色の経歴を持つ演出家タニノクロウ。彼が1月21日から2月13日まで東京芸術劇場で上演するのが、新作『チェーホフ?!〜哀しいテーマに関する滑稽な論考〜』だ。夢とも現ともつかないシュールな世界が繰り広げられるタニノの舞台だが、はたして世界的に偉大な劇作家チェーホフを題材としながら、どのような演劇を繰り広げるのだろうか? この舞台に出演する手塚とおるとともに、お話をうかがった。

(インタビュー・テキスト:萩原雄太 撮影:小林宏彰)

魔女も登場する、じつは不思議なチェーホフ作品

―『チェーホフ?!』では、チェーホフの未完の博士論文草稿をモチーフに使っていますね。どうして戯曲や小説ではなく、博士論文草稿を使用することになったのでしょうか?

芝居はセクシャリティから始まる タニノクロウ×手塚とおる対談
タニノクロウ

タニノ:チェーホフの戯曲を上演するという方法も選択肢としてはあったんですが、自分の世界とはかけ離れていてあまり上手くいく気がしなかったんです。それで、戯曲以外のものを探していました。そんな時に、東京芸術劇場の芸術監督・野田秀樹さんから「こんな作品もあるよ」と紹介されたのが『魚の恋』だったんです。それがすごく面白かった。 そのことを今回ドラマトゥルクとして関わっていただいている鴻英良さんに話をしたら、チェーホフの博士論文草稿のことを教えてくれました。そこには『魚の恋』に描かれているような不思議な世界が広がっていて、ロシアに伝わる民間伝承などの研究がされていたんです。これを用いて作品ができないかなと、そういう経緯でした。

―魔女の登場などは、リアリズム作家として知られる一般的なチェーホフ像とはかけ離れた世界ですね。

タニノ:そういったモチーフは、論文草稿の中からエッセンスとして取り出して使っています。当時のロシアの絵画などを見ても、魔女などの不思議な存在がよく描かれているんです。

―手塚さんは以前チェーホフの『三人姉妹』(2001年・岩松了演出)にも出演されていましたが、チェーホフのイメージはどのようなものでしたか?

手塚:チェーホフはとても好きな作家なんですが、今回の『チェーホフ?!』は、とても早い段階から関わり始めて、脚本作成の段階からタニノさんとは「戯曲じゃないものをやりたいよね」と話をしていました。だから、今回に限っていえば「チェーホフを上演する」という感覚ではなく、「タニノさんと何かを創る」という感覚ですね。タニノさんが作品を立ち上げる段階から何回も話をする機会がありました。

タニノ:けっこうやりましたね。

手塚:その中で、チェーホフのエッセンスを残しながら、いかに逸脱していくかということがテーマになってきたんです。いろいろな演出家がチェーホフの作品を手掛けていますが、チェーホフ作品には一つの縛りとして「言葉」がある。この言葉を排除して、どうしたらチェーホフらしさを出せるのか。なかなかそういう発想をする演出家もいないんですが、タニノさんだったら挑戦できるだろうと。

タニノの絵を見ながら、「これってチェーホフっぽい?」と語り合う日々

―お二人が考えるチェーホフらしさとはいったいなんでしょうか?

タニノ:ちょっと難しいんですけど、資料をいろいろ読む中で直感的に話していましたね。何となく絵を描いて「これってチェーホフっぽいですかね?」とか「ブランコはチェーホフらしくないよね」とか(笑)。

手塚:タニノさんは始めはずっと絵を何枚も描いていたんです。そこからこれをどうやって演劇にしていこうかと考える作業をしていきました。チェーホフ作品は、その特徴である台詞が重視されがちで、会話がどのような形で舞台として成立するかがカギになってしまいがちです。ただ、戯曲を読むと、その肌触りがとてもビジュアル的なことに気づいたんです。役の佇まいや、衣装の設定にしても、ビジュアルを重視している作家なんじゃないかと考えました。ですから、言葉ではなく絵からアプローチしていくというのはとても面白い作業だなと思っていました。

―タニノさんが描かれていた絵というのは抽象的なものなんでしょうか?

手塚:いや、抽象的なものではなく、完全に舞台のビジュアルですね。ここに何がある、俳優がどのように立っているというのが書き込まれたものです。タニノさんはビジュアルに優れた感覚を持つ演出家なので、画角や配置にすごくこだわりがあるんです。そこをどのように演劇として組み立ててくかという作業ですね。

芝居はセクシャリティから始まる タニノクロウ×手塚とおる対談
創作に用いられたイラストのうちの一枚

―タニノさんの作品は、普段から絵が先行してあるんでしょうか?

タニノ:これまでの舞台でも、絵と言葉を行ったり来たりしながら書いてはいたんですが、ここまで絵に寄って作品を創るのは今回が初めてですね。

Page 1
次へ

イベント情報

東京芸術劇場プロデュース チェーホフ生誕150周年記念
『チェーホフ?!〜哀しいテーマに関する滑稽な論考〜』:東京芸術劇場

2011年1月21日(金)〜2月13日(日)※全24回公演
(※1月21日(金)、1月22日(土)プレビュー公演)
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 小ホール1
作・演出:タニノクロウ
ドラマトゥルク:鴻英良
出演:
篠井英介
毬谷友子
蘭妖子
マメ山田
手塚とおる
音楽:
阿部篤志(Keb)
廣川抄子(Vln)
小久保徳道(Gt)
岸徹至(Ba)
秋葉正樹(Dr)
料金:S席4,500円 A席3,200円 A席(25歳以下)2,000円 プレビュー公演3,000円

『ポストパフォーマンストーク(with タニノクロウ)』

2011年1月26日(水)14:00〜
出演:篠井英介、毬谷友子、蘭妖子、マメ山田、手塚とおる
2011年1月27日(木)14:00〜
出演:毬谷友子 
2011年1月27日(木) 19:00〜
出演:手塚とおる
2011年1月28日(金)19:00〜
出演:篠井英介
2011年2月1日(火)19:00〜
出演:茂木健一郎
司会:中井美穂

プロフィール

タニノクロウ

1976年富山生まれ。庭劇団ペニノ代表、作・演出家。元・精神科医。2000年、昭和大学医学部在学中に「庭劇団ペニノ」を旗揚げ。『笑顔の砦』、『星影のJr.』で、2007年、2008年と2年連続の岸田戯曲賞最終候補ノミネートとなった。『アンダーグラウンド』、『野鴨』、『ちっちゃなエイヨルフ』など外部演出作品も多数。

手塚とおる

1962年生まれ。1983年に『黒いチューリップ』(作:唐十郎 演出:蜷川幸雄)でデビューし、1986年から劇団健康に参加。以降、1992年の解散まで全作品に出演する。1993年、シリ−ウォ−クプロデュ−ス『お茶と同情』で初めての作・演出を手掛ける。その後、ナイロン100℃、野田地図、大人計画、劇団新感線、劇団燐光群等の舞台に客演し、現在は舞台、映画、テレビドラマなどで活躍する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Yackle“ココナッツ(feat. ちゃんもも◎ from バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI & カルロスまーちゃん)”

現役高校生・Yackleの初フルアルバム収録曲“ココナッツ”のライブ映像。浮遊感あるサウンドに、ちゃんもも◎とカルロスまーちゃんが呪文を乗せたような1曲。歌詞にある「ぐにゃぐにゃに見えるプール」の中にいるような、不思議な世界観に引き込まれる。Yackle自身がヨーヨーを華麗にプレイするシーンなど、音源では味わえないパフォーマンスにも注目したい。(岡本)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」