特集 PR

いつまでも危うい2人 uhnellysインタビュー

いつまでも危うい2人 uhnellysインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2011/03/03

これぞ、uhnellysの真骨頂。久々のフルアルバム『to too two』は、まさにそんな作品である。デビュー時に「リアルタイムのサンプリングによるライブ」という手法ばかり話題になってしまったこともあって、近年のuhnellysはそこから視線をそらすように多彩なアプローチを試み、その結果素晴らしい作品を残してきた。しかしその一方で、作品とライブの間には大きな溝が生まれてしまっていたわけだが、ライブと同様の形で一発録りを敢行した『to too two』は、そのタイトル通り「2人」という原点に立ち返り、ライブ感のある演奏を音源に閉じ込めることに成功。また、言葉の面もよりダイレクトになっていて、オープニングを飾る“central”では、「今の音楽は何か大事なものを失っていないか?」とストレートに訴えかけてくる。そう、アメリカを代表する男女デュオであるThe White Stripesは「バンドの美しさをそのままにしたい」とシーンから去ったが、日本のuhnellysは「美しい音楽を取り戻すため」、これからもうねり続けるのだ。

(インタビュー・テキスト:金子厚武 撮影:柏井万作)

100%自分で曲作って、歌詞書いて、伝えるってなると、やっぱりuhnellysしかないかなって。

―新作『to too two』は、2枚のミニアルバムを挟んでいるものの、フルアルバムとしては2年半ぶりの作品ですよね。その間には別バンドの「あなた、どうして」での活動や、ブルーマンのバンドでの活動もありましたが、そういった経験は本作にどのように生かされているといえますか?

kim:もう1個バンドをやったりとか、仕事でブルーマンをやったりしてても、自分の色が100%どころか20%ぐらいしか出せないわけじゃないですか?そこにあんまり魅力を感じなくて、100%自分で曲作って、歌詞書いて、伝えるってなると、やっぱりuhnellysしかないかなって。

―uhnellysと「あなた、どうして」はメンバーの人数も違えば、ピンボーカルであることも違いますが、中でも1番の差は何でしたか?

kim:「あなた、どうして」はファッションとしての音楽っていうか、パッと見てかっこいいと思われればそれでいいバンドなんですけど、uhnellysはもうちょっと突っ込んだところまで聴かせたい音楽っていうか、ライブで見て、言ってる言葉がちょっとでも残って、「何言ってたんだろう?」ってところまで入り込みたい音楽なんですよね。

―じゃあもうひとつ、ブルーマンのバンドに参加することになったきっかけは?

kim:soul coughingのボーカル(マイク・ドーティ)を僕が日本に呼んでツアーしてたんですけど、それを見に来た外人がブルーマンのチーフディレクターだったんですよ。それで「オーディションやるから」って。

いつまでも危うい2人 uhnellysインタビュー
kim

―実際に参加してみて、どんなことが刺激的でした?

kim:ブルーマンのショーって、尺が決まってないんですよ。同じ曲を同じ順番でやるんですけど、尺がブルーマンの動きによって長くもなれば短くもなるんで、長くなった場合は事前に決まってたこと+αの即興なんですよ。ホントただ楽しんでやってるっていうか、「こんなんでいいのかな?」っていうぐらい、好き勝手にやってる感じなんですよ。逆にまともな演奏をしてると、「あそこはもっと好きにやんないとダメだ」みたいな。引いてちゃダメなんですよね。盛り上げたり、ちょっとノイズっぽいことをしたりして、飽きさせないようにしないとダメで。

―やっぱりブルーマンって「プロ集団」みたいな感じなんですか?

kim:実はそんなに思わなかったんですよね。例えば、PAさんとか、楽器の管理とかはちゃんとしてるんですけど、特にミュージシャンたちに刺激を受けたかっていうとそうでもなくて、普通にインディーズでバンドやってる人たちとなんら変わらないっていうか。

―へえ、そうなんですね。でも、そんな中でも得たものというと?

kim:チューニングですね(笑)。俺の使ってる楽器って弦が200本ぐらい張ってあって、琴みたいなやつを両手で弾くんですけど、とにかくチューニングだけで20分ぐらいかかって、ショー中も合間合間にチューニングをし続ける楽器なんですよ。そういうのに慣れてくると、ちょっとでもずれてるのが気持ち悪くなってきて。(uhnellysのときは)ライブでギター倒してもそのまま使ってたんですけど(笑)。

―(笑)。でもやっぱり最初に言っていたように、自分自身を表現する場所はuhnellysなんだっていうことを見つめ直したっていうのが一番の収穫なんでしょうね。

kim:まさにそうですね。際立って、それの大事さが見えたのは間違いないですね。

Page 1
次へ

イベント情報

uhnellys 『to too two』 Japan Tour 2011

2011年3月6日(日)
会場:東京都 吉祥寺 WARP

2011年3月19日(土)
会場:福岡県 福岡 UTERO

2011年3月20日(日)
会場:熊本県 熊本 NAVARO

2011年4月16日(土)
会場:大阪府 大阪 Art Yard

2011年4月17日(日)
会場:京都府 京都 CLUB METRO

2011年4月23日(土)
会場:山形 山形 Sandinista

2011年4月24日(日)
会場:東京都 新代田 FEVER

『ARABAKI ROCK FEST'11』
2011年4月29日(金)
会場:宮城県 みちのく公園北地区 エコキャンプみちのく

2011年5月21日(土)
会場:神奈川県 横浜 BAR MOVE

2011年5月28日(土)
会場:愛知県 栄 Lounge Vio

and more

リリース情報

uhnellys
『to too two』

2011年3月2日発売
価格:2,100円(税込)
Penguinmarket Records / PEMY-016

1. central
2. subliminal orchestra
3. ATSUIMANAKO
4. you kill time
5. BO-FU-U
6. birthday
7. black panther
8. cassy
9. back door man
10. curve

プロフィール

uhnellys

国内はもちろん海外からも高く評価されている孤高の男女ユニットuhnellys(uhnellys)。kimのバリトンギターによるリアルタイムサンプリングと、それにジャストのタイミングで合わせたmidi*のグルーヴを基盤に、ロック、ヒップホップ、ジャズの垣根を飛び越えた独自のサウンドを構築し、原点に帰る2人だけでの生演奏を実現。昨年のオーストラリアの大型フェスへの出演やカナダツアーなど海外活動を経てリリースされる今作は限りなくライブに近い空気感が詰まった最高傑作!これは最高にウネってる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー