特集 PR

素敵な笑顔の作り方 のあのわインタビュー

素敵な笑顔の作り方 のあのわインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2011/04/14

これまでのあのわの音楽性を語るときに使われてきたのは、「ファンタジック」や「ドリーミー」、「祝祭感」といったフレーズであり、先日グラミー賞を獲得したArcade Fireや、The Flaming Lipsといったバンドと比較されてきた。ところが、メジャーデビューから約2年が経過した現在、のあのわにはちょっとした変化が起きつつある。蒼井優が出演するアネッサのCMソングとしてオンエアされるニューシングル“Have a Good Day!”は、初夏を感じさせる瑞々しいサウンドに乗せて、女の子の変身願望が歌われるポップなナンバー。この曲から感じられるのは壮大な世界観ではなく、もっと日常に寄り添った、等身大のYukko(Vo)の姿である。もっと近く、もっとありのままに。そして、いつかみんなで忘れてしまった喜びをもう一度味わうために。ここからのあのわのネクストステージが始まる。

今は作曲者が5人いるので、意見がすごくたくさんあって、はじめはホントにまとまらなくて(笑)

―メジャーデビューから約2年が経ちましたが、「ここは成長した」という部分と、逆に2年経ったことで見えてきた課題はありますか?

Yukko:デビュー前よりは自分の思っていることを言葉に変換できるようになりました。すごく無意識でやってることがいっぱいあって、それは今でもあまり変わらないんですけど、インタビューを通じて自分をどんどん知っていく2年間だったりもしたし、自分の思いを言葉にするのがちょっとは上手くなったかなって。元々それが苦手だから音楽をやってると思うんですけど。

素敵な笑顔の作り方 のあのわインタビュー
Yukko

―音楽だったら思いを伝えやすいと。じゃあ、課題の方はどうですか?

Yukko:時間との戦いですね。元々のあのわってすごく曲を作るのが遅くて、作りたいと思ったときに作って、ダメだったらまたずっと置いてっていう、そういう緩いスパンで曲を作ってたんです。でもデビューして、音楽が仕事になって、そうすると期日とかもありますよね。それに未だに勝てないっていうか、わかってはいるんですけどできないってことは、ホントにはわかってないんだと思うんです。もっと効率よくペースを上げてできたら、もっと広がっていくんだろうなって。

―それでも、デビュー以前と比べればスピードは上がってるんじゃないですか?

Yukko:そうですね。まず、デビューしてからみんなが曲をたくさん書き出したんです。それまではギターのゴウが中心になって作ってたんですけど、今は作曲者が5人いるので、意見がすごくたくさんあって、はじめはホントにまとまらなくて(笑)。5人とも「嫌だ嫌だ」みたいな感じだったんですけど、少しずつ他の人の意見を受け入れられるようになって来ましたね。

―そういう中でYukkoさんがリーダーシップを発揮するわけですか?

Yukko:多分私が1番「嫌だ嫌だ」って言うんです(笑)。でも、今のメンバーで本当によかったと思うのが、それを尊重しようとしてくれるんです。歌う人の意見は大事だからって、頭の片隅に置いておいてくれてるっていうか。もしかしたら、楽器を演奏するだけじゃなくて、みんな曲を作って歌える人たちだから、私の意見を尊重してくれるのかなって。

2/4ページ:(CMに)蒼井優さんが出てるんですけど、それを見たときに、「きっと自分のことをちゃんと受け止めてるんだろうな」っていう笑顔だったんです。

Page 1
次へ

リリース情報

のあのわ『Have a Good Day!』
のあのわ
『Have a Good Day!』

2011年5月11日発売
価格:500円(税込)
VICL-36637

1. Have a Good Day!
2. いいよ
3. Have a Good Day!(instrumental)

プロフィール

のあのわ

チェロを奏で歌うボーカルYukkoを中心に、ドラマチックで、せつなくて、とびきりPOPな世界を繰り広げる5人組。2009年2月、Album『ゆめの在りか』でメジャーデビューして以来、リリースする作品は各メディアで新人としては破格の扱いで取り上げられる。2011年、蒼井優がイメージキャラクターをつとめる資生堂アネッサのCMソングに、新曲『Have a Good Day!』が決定。街で、メディアで、“のあのわ”を目にする機会が一気に増えそうだ。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」