特集 PR

アートを買うと何が起こる?アートフェア東京2011の楽しみ方

アートを買うと何が起こる?アートフェア東京2011の楽しみ方

インタビュー・テキスト
内田伸一
撮影:小林宏彰

ビエンナーレなどの国際フェス、世界各都市の有力美術館、気鋭作家を発掘する名物ギャラリーなど、アート界の最新地図に影響を与える存在はさまざま。その中で、新たに存在感を示してきたのが大型アートフェアだといわれる。もっぱら「観る」ことを楽しんでいるアート好きにとっては、「買う行為」や「マーケット=市場」に直結するアートフェアは敷居が高い? 意外とそうでもないのかも? そこで7月29日から31日まで開催される日本最大の美術見本市「アートフェア東京2011」の俊英ディレクター・金島隆弘と、現代美術の鬼才を紹介するギャラリー「山本現代」のオーナー・山本裕子を指南役に、フェアの魅力を解剖してみた。

「ウチの薔薇が一番奇麗」っていう気概で

─まずは基本中の基本な質問ですが、アートフェアとはなにか? を教えてもらえますか。展覧会、ビエンナーレ、オークションなどなどイベントがいろいろある中で、アート界における「フェア」にはどんな魅力や役割があるのでしょうか。

金島:アートフェア=日本語では美術見本市ということで、会場で自分の好きなアートを見つけたら、その場で購入できる催しです。ふだんはそれぞれのスペースで活動する有力ギャラリーが一堂に会するのも特徴ですね。来場者にとっては、各ギャラリーがいま推したいアートを一度に体験できるし、作品を買うことはアートの世界にさらに一歩、足を踏み入れられるチャンスだとも思います。

─山本さんのギャラリー「山本現代」は、ヤノベケンジ、小谷元彦、宇川直宏、高木正勝など、異能とでもいうべきアーティストを積極的に紹介しています。そんなふだんのギャラリー展示と、フェア参加の違いってなんでしょう?

アートを買うと何が起こる? アートフェア東京2011の楽しみ方
山本裕子

山本:ギャラリーの立場からは、ふだんもフェアも自分たちのやることは変わらないとも言えます。いずれも売り物を並べるだけではなく「魅せる場」にしないといけないからです。たくさんのギャラリーが集うアートフェアではどのギャラリストも、たとえるなら「ウチの薔薇が当然一番奇麗」っていう気概で乗り込んでくると思う(笑)。だから内容にも展示にも手は抜けないですね。その緊張感や刺激はフェア独特のものです。


─世界を見渡せば、どんなアートフェアがあるのでしょう?

金島:海外ではスイスの『アート・バーゼル』が最大規模で、近年はマイアミにも展開しています。現代美術に特化したものでいえばロンドンの「フリーズ・アートフェア」などが有名ですね。アジアでもここ数年で、ソウル、北京、上海、台北、シンガポールといったほとんどの主要都市でフェアが誕生しています。中でも『ART HK』が行われる香港は世界的にも注目度が高いです。

─そういう流れの中で、アートフェア東京(『AFT』 )は2005年に始まりましたね。他とは違う特徴があれば教えて下さい。

金島:『AFT』 は古美術・工芸から、日本画、洋画、そして現代美術までが共存するアートフェアである点が一番の個性だといえます。日本ならではの催しですが、海外でいうとオランダのマーストリヒトにも、アンティークから現代美術まで幅広く扱う『TEFAF』という有名なフェアがあります。『AFT』 はアジアの『TEFAF』的な存在になれるのでは、とも思っているんです。

─となると、漫画『へうげもの』的な古美術愛好家が、うっかりハードコアな現代アートに巡り会って「あれもこれも欲しくてたまらぬ…!」となるような現象も起こりうるんでしょうか?

山本:確かに、ふだんは古美術の画廊さんにしか行かないというお客さんが私たちのブースにも来て下さったりしますし、その逆もあるようです。考えてみれば古美術の多くも、当時はアヴァンギャルドだったのでしょうしね。

─古今東西のアートが集結するフェア、それをどうやって巡っていくのがよいでしょうか? 今年から会場構成も変わったと聞いたので、そのお話もぜひ聞かせて下さい。気になる山本現代のブース内容も!

2/3ページ:古美術から現代アートまで共存するアートの世界を、都市になぞらえて

Page 1
次へ

イベント情報

『アートフェア東京2011』

2011年7月29日(金)、7月30日(土)、7月31日(日)

会場:東京都 有楽町 東京国際フォーラム 展示ホール&ロビーギャラリー
料金:1DAYパスポート1,500円 小学生以下無料(但し大人同伴)

プレトークイベント
『はじめてのアートコレクション』

2011年7月19日(火)19:00~21:00
会場:東京都 大手町 SPACE NIO(日本経済新聞社東京本社2F)
19:00~ 未来芸術家・遠藤一郎からのメッセージ
19:30~ プレトーク「はじめてのアートコレクション」
登壇者:宮津大輔(サラリーマンコレクター、アートフェア東京PROJECTSアーティスティック・コミッティー)
山本裕子(山本現代ディレクター、アートフェア東京コミッティー)
藤城里香(無人島プロダクションディレクター)
モデレーター:柳下朋子(日本経済新聞社編集局 生活情報部記者)
料金:入場無料
※要事前予約(予約方法はオフィシャルウェブサイトでご確認ください)

プロフィール

金島隆弘

1977年、東京都生まれ。アートフェア東京エグゼクティブ・ディレクター。東京画廊+BTAPの北京スペース運営などを経て、FEC(Far East Contemporaries)を設立。同社の代表として、東アジアにおける現代美術の調査プロジェクト、作家の制作支援、交流事業などを手がけている。2010年にアートフェア東京での現職に就任。

山本裕子

東京都生まれ。2004年に東京、文豪の花街・神楽坂の工場街に現代美術のギャラリー「山本現代」をオープンし、2008年に港区白金の現スペースに移転。ヤノベケンジ、小谷元彦、高木正勝、西尾康之、また宇川直宏など、表現技法に関わらず、独自の技法とコンセプトを持つ鬼才を紹介している。

アートフェア東京とは

2005年に誕生した、日本最大規模の芸術見本市。6回目の開催となる今回は、「アートを開く」をテーマに、世界各国22の都市から133のギャラリーが出展する。会期は7月29日~31日。会場は東京国際フォーラム展示ホール&ロビーギャラリー。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送