特集 PR

AOEQ(藤原ヒロシ、YO-KING)×オレンジ気分(竹中直人、高木完) 対談

AOEQ(藤原ヒロシ、YO-KING)×オレンジ気分(竹中直人、高木完) 対談

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:菱沼勇夫

藤原ヒロシとYO-KINGによるユニット、AOEQのデビュー作『think』『think twice』(2枚同時リリース)と、高木完との共同プロデュースによる竹中直人の14年ぶりの新作『竹中直人のオレンジ気分』は、まるで双子のようなアルバムだ。4人それぞれが交流を持っていることに加え、忌野清志郎に対するオマージュが捧げられているのも同じ。そして、どちらの作品からも「大人って楽しい」というメッセージがはっきりと伝わってくる。最年長の竹中が55歳、一番下のYO-KINGでも43歳と、揃いも揃った4人のいい大人たちは、今も様々な芸術に感動し、憧れ、様々な表現に挑戦し続けている。その姿勢はやはり、昔のようながむしゃらさではなく、大人であることを楽しむ余裕によって保たれているのだろう。「こんな大人になりたい」、誰もがそう思わずにはいられないはずだ。

「大人は楽しい」って言っても、なんかどっかに悲しみを感じちゃって、「結構切ないアルバムじゃん、これ」って、沁み入っちゃいましたね。(竹中)

―今日は錚々たるメンバーに集まっていただきまして…

藤原:おっさんばかりですみません。

―いやいや、感激です(笑)。みなさんはそれぞれに交流があるわけですよね?

高木:この4人で集まるのってすごく不思議な感じ(笑)。

―一番古い付き合いというと、藤原さんと高木さんですか?

藤原:TINNIE PUNXからだから…もう30年ぐらい? でも竹中さんと会ったのもそのすぐ後ぐらいだから…29年ぐらい(笑)。

竹中:ヒロシとはフォークデュオやってたんだもんね。

―高井戸ですよね。ある意味、今回のそれぞれのアルバムの原点とも言うべきデュオですよね。ちなみに、高井戸ってどうやってスタートしたんですか?

AOEQ(藤原ヒロシ、YO-KING)×オレンジ気分(竹中直人、高木完) 対談
藤原ヒロシ

藤原:竹中さんが覚えてるかわかんないですけど、オーストラリアに(いとう)せいこうさんのビデオを撮りに行ったときに、砂漠にギターがあったんですよ。竹中さんのギターだったんですかね?

竹中:そうじゃなかったかな。

藤原:それで僕が古井戸(加奈崎芳太郎と仲井戸麗市によるフォークデュオ)を歌ったら、「あれ、古井戸知ってるの?」って。そこから古井戸の話をするようになったんですよね。僕、古井戸を知ってる大人に会ったのは初めてだったんで。

竹中:僕も初めてでびっくりして。「やっと古井戸の話ができる人にめぐり逢えたっ!」って感じで。

藤原:それで「いっしょにやろう」って誘ってもらって。

竹中:清志郎さんのライブにも一緒に出たもんね。

―では、AOEQはどのように始まったのですか?

YO-KING:2009年に「ハニカム」(藤原とSOPH.の清永浩文、VISVIMの中村ヒロキが主宰するウェブマガジン)のイベントがあって、元々はソロ出演でのオーダーだったんですけど、その前後でヒロさんとご飯食べる機会が何回かあって、「じゃあ一緒にやりましょうよ」って道連れにしました(笑)。だから、最初はライブユニットでしたね。カバー半分、オリジナル半分ぐらいでスタートして。

―藤原さんは以前から歌を歌う機会はあったと思いますが、歌いたいっていう欲求が近年高まってきたということなんでしょうか?

藤原:いや、それはそんなにないんですけど、前は家の中で歌ってたのが、最近はちょっと聴く人が増えてきたっていう(笑)。

AOEQ(藤原ヒロシ、YO-KING)×オレンジ気分(竹中直人、高木完) 対談
YO-KING

高木:昔から家行くとしょっちゅう歌ってましたもん(笑)。ラップの練習してるはずなのに、途中からずっとギター弾いてたり(笑)。

YO-KING:ヒロさんは、上手く歌おうとしてないところが潔いっていうか、スッと歌ってる感じがいいですよね。英語っぽいニュアンスで日本語を歌う人も多いけど、そうじゃなくて、しゃべる延長で歌うような、素直な声の出し方というか。


―竹中さん、高木さんはAOEQのアルバムを聴いてどのような感想を持たれましたか?

竹中:俺感動しちゃって、「うわ、すっげえいいアルバムじゃん!」って思っちゃったなあ。なんか沁みちゃって、参っちゃった。爽やかなところもありつつ、でもなんか…最終的には女々しい感じがして。「大人は楽しい」って言っても、なんかどっかに悲しみを感じちゃって、「結構切ないアルバムじゃん、これ」って、沁み入っちゃいましたね。あと「ヒロシこんなに声きれいだったっけ?」とも思ったし。一緒に歌ったこともあるのに、「これホントにヒロシか?」って(笑)。

藤原:最近の録音技術のおかげだと思います(笑)。

高木:僕は昔から印象は変わらないかな。でも、昔は部屋でやってたものを、今はオリジナルの歌詞で、メロディで、人に伝えるようになってきた感じが、自分も妙に感動して…

藤原:先輩方が成長を見届けてくれた(笑)。でも僕は逆に、(竹中と高木が)一緒にやってるっていうのが想像できなかったんです。完ちゃんはヒップホップとか打ち込みをやってるから、「どういうことになるんだろう?」って思ってたら、ストレートに来ちゃったんで、ちょっとびっくりしました。

2/4ページ:僕らはそんなやっつけじゃなくて、ちゃんとやったよね(笑)。(藤原)

Page 1
次へ

リリース情報

AOEQ『think』
AOEQ
『think』

2011年7月13日発売
価格:2,500円(税込)
AICL-2258 / Sony Music Associated Records

1. fun days
2. pink cloud
3. ミスター・ロンリー
4. 消えない虹
5. 0(zero)
6. プカプカ
7. 走った
8. devil in her heart
9. 夢の世界
10. i shall be released -live at kanazawa-

AOEQ『think twice』
AOEQ
『think twice』

2011年7月13日発売
価格:2,500円(税込)
AICL-2259 / Sony Music Associated Records

1. shabon out
2. 轍
3. john
4. 最優先
5. how many
6. ユメでキスしたような
7. colour
8. デイ・ドリーム・ビリーバー
9. you're wondering now -live at niigata-
10. fun days -reprise-

竹中直人『竹中直人のオレンジ気分』初回限定盤
竹中直人
『竹中直人のオレンジ気分』初回限定盤(CD+DVD+ブックレット)

2011年7月20日発売
価格:3,675円(税込)
VIZL-424 / Victor

1. 夜の散歩をしないかね(RCサクセション)
2. いい事ばかりはありゃしない(RCサクセション)
3. ハミングバード(斉藤和義)
4. いかれたBaby(FISHMANS)
5. ひこうき(FISHMANS)
6. 忙しすぎたから(RCサクセション)
7. ティーンエイジャー(仲井戸麗市)
8. サヨナラCOLOR(SUPER BUTTER DOG)
9. 恋は紅いバラ(加山雄三)
10. 君に星が降る(竹中直人)
[特典]
・スペシャルDVD(中野裕之監督によるビデオクリップ作品を収録)
・スペシャルブックレット(竹中直人セルフライナーノーツ他を収録)
※画像は初回限定盤ジャケット

プロフィール

AOEQ

音楽プロデューサー・藤原ヒロシと、YO-KING (真心ブラザーズ) によるスペシャル・ユニット。とあるイベントへの出演をきっかけに、YO-KINGが藤原を巻き込む形で2009年10月に初ライブ。翌2010年4月には、作品未発表ながら全国ツアーを敢行。フォークからポップス&ロックまで、オリジナル、カバーを織り交ぜた楽曲を、互いのリード・ボーカルで繰り広げるパフォーマンスと、”大人な”WツッコミMCが各所で話題となる。

竹中直人のオレンジ気分

竹中直人と高木完との逗子での出会い(再会)をきっかけに始まった音楽プロジェクト。竹中直人が音楽仲間を集めて敬愛するアーティストたちの楽曲をカバーするというコンセプトに、ヒップホップを経てフォーキーなルーツミュージックへの嗜好を深めていた高木完が呼応。2人の共同プロデュースにより、逗子シネマアミーゴでスタジオライブレコーディングを行った。2011年7月20日、アルバム『竹中直人のオレンジ気分』発売。10月3日(月)渋谷duo他、プロジェクトメンバーでのライブを予定している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで