特集 PR

なぜSpangle call Lilli lineはここまで自由に活動できるのか

なぜSpangle call Lilli lineはここまで自由に活動できるのか

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作

Spangle call Lilli lineのバンドとしてのあり方は、ある種の理想形だと言ってもいいかもしれない。メンバーはそれぞれデザイナーやカメラマンとして生計を立てているが、趣味とさえ言い切る音楽でも一定の評価とセールスを獲得し続け、ライブをすればリキッドルームが満員になる。こんなバンド、果たして他にいるだろうか? もちろん、このポジションを確立するためには、音楽に対する人並み外れた愛情と熱意が必要であり、誰しもが簡単に選べるチョイスではない。しかし、一定のルールに沿う必要のない、彼らのようなあり方が可能であるというその事実が、音楽以外も含め、さまざまな表現を志すものにとって、ひとつの指針となることは間違いないだろう。「ライブ活動休止宣言」の真相や、新しい季節の到来を告げる新作『New Season』とセルフカバー作『Piano Lesson』について、さらには進路相談(?)に至るまで、3人に存分に語ってもらった。

ライブをやりたくてやったわけじゃなくて、ライブ盤を作りたいからライブをやったぐらいの感じなので(笑)。

―まずは、もう1年以上前になりますが、ライブ活動休止前の最後のステージになったリキッドルームのライブの感想から聞かせてください。

藤枝:うーん、自分の中では賛否両論ありつつ(笑)。大人数の編成で長めのセットリストで演奏することに違和感があるって意見も初期のライブを見てる人達からは言われるし、もちろんあれがよかったっていう人もいて。どっちもどっちですね。

―そうなんですね。

藤枝:ただ、そもそもあのライブはDVDを出すことが前提だったんですよ。ライブをやりたくてやったわけじゃなくて、ライブ盤を作りたいからライブをやったぐらいの感じなので(笑)。『Piano Lesson』の次にライブDVDが出るんですけど、カメラワークとかライティング、ステージの見え方とか、作品を見てもらえば「これがやりたかったんだ」ってわかると思います。

なぜSpangle call Lilli lineはここまで自由に活動できるのか
藤枝憲

―なるほど、それは楽しみです。

藤枝:あとこれは初めて言うんですけど、そのライブをやる時点で、(ボーカルの)大坪さんが東京から離れて生活することが決まっていたんですよ。これまでもライブはあんまりやってなかったですけど、物理的にもライブをするのがとても難しくなったので、あのタイミングで「ライブ活動休止」の宣言をしたんです。ただ、詳しい内情まではアナウンスしてなかったんで、なんのこっちゃわからない人も多かったと思うんですよ。元々ライブをあんまりやってないのに、ライブ活動休止のアナウンスだけして、バンドの活動自体は休止じゃないっていう(笑)。

―そういう事情があったんですね。じゃあ、ライブはまだしばらく見られそうにないですか?

藤枝:う~ん、大坪さんが東京に戻るまでは、まだ数年は見れないんじゃないかな。

―そうですか…まあ、気長に待つことにします(笑)。ただ、そうなると制作面にも変化がありましたよね?

藤枝:そういう事情もあったので今回は初めてのやり方だったんですけど、デモをメールで回しながらみんなで意見を被せていって。そのデモの状態からバンドアレンジに変換する作業は大坪さん抜きで、スタジオでサポートメンバーと一緒にやったんです。

―それが、『New Season』のギターロック的な作風につながったのでしょうか?

藤枝:要は、今までリハーサルスタジオでアレンジと同時にメロディをつけていく作業をしてた時に、演奏の音量が大きいと大坪さんのボーカルが聴こえないことにストレスを感じる時があったんですけど、今回は完全に大坪さんがいないので、じゃあギターを目いっぱい鳴らそうと。あと僕が、ここ5年ぐらい難聴気味だった耳の調子が良くなったのも影響してるかもしれません。とにかく全力で叩いて、全力で鳴らして、BPMは最速でっていう(笑)。そうしたら楽しくてしょうがなかったんです。

2/4ページ:普通に言えば「Old」なんですけど、スパングル的には「New」なんですよね。

Page 1
次へ

リリース情報

Spangle call Lilli line『New Season』
Spangle call Lilli line
『New Season』

2011年9月7日発売
定価1,600円(税込)
felicity / PECF-1030 cap-126

1. seventeen
2. for rio
3. summer's end
4. utashiro ~instead of song~
5. cast a spell on her (Seiichi Nagai remix)
6. dreamer (YAKENOHARA DUB)
7. roam in octave (shinjuku june 2011 version)

Spangle call Lilli line『Piano Lesson』
Spangle call Lilli line
『Piano Lesson』

2011年10月5日発売
価格:2,300円(税込)
felicity / PECF-1033

1. an
2. "telephone"
3. cast a spell on her
4. inc.
5. limi side schedule
6. nano
7. soto
8. sugar

プロフィール

Spangle Call Lilli Line

1998年結成。メンバーは大坪加奈、藤枝憲、笹原清明の3人。 今までに10枚のオリジナルアルバムなど数々の作品をリリース。様々なコンピレーションアルバムなどにも参加。大坪による「NINI TOUNUMA」名義ソロ作品や、藤枝&笹原による「点と線」名義でのリリース、国内外のアーティストの作品への参加など、サイドプロジェクト等も活動中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」