特集 PR

mimitto VS H ZETT Mインタビュー

mimitto VS H ZETT Mインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2011/09/28

「ちまなこの だいじょうぶ」って歌詞があるんですけど、自分も大変なのに、人に「大丈夫」って言っちゃうのとかやばいなって。(ヒロポン)

―“道"は高橋瞳さんの“プールサイド"のリメイクなんだけど、ホントは"道"の方が先にあったんですよね?

下島:はい、もう何回かライブではやってました。

H ZETT M:一番最初はただのバカっぽい曲だなって思ってたんですけど、だんだん変わっていきましたね。

下島:俺らがやって、瞳さんがやって、その演奏も俺らなんですけど、そのあとにまたさらにアレンジ変えて、なんか勝手に成長していってるような曲なんですよね。

ボッサム:タイトル的には北島三郎さんとか歌っててもおかしくないよね(笑)。

ヒロポン:今勝手に"孫"も浮かんじゃった。一文字つながりで。

ボッサム:タラちゃん孫だしね。

―(無視して)じゃあ、ヒロポンくんのお気に入りは?

mimitto VS H ZETT Mインタビュー

ヒロポン:パンクっぽい速いリズムをしばらくやってなくて、“夜あけ前"でひさびさにやったらすごく楽しかったんです。しかも、この曲は変なところでリズムが切れたりするのが自分の中では新しくもあって、ひさしぶり感と新しい感がダブルで来て、1.5番目に好きですね。

―1番ではないんだ(笑)。

ヒロポン:1番は"花"なんですよー。


―あ、さっきもう言われちゃったから。

ヒロポン:「ちまなこの だいじょうぶ」って歌詞があるんですけど、自分も大変なのに、人に「大丈夫」って言っちゃうのとかやばいなって。

ボッサム:あと今回3ピースの一番の武器であるコーラスを復活させたんで、そこも聴いてて楽しめる一枚になってると思いますね。大体のバンドってギターとかドラムはあんまり歌上手くなかったりするじゃないですか? うちのバンドは(下島もヒロポンも)2人ともメインボーカルになってもおかしくないぐらい上手いんで、その強みも全面に出しました。

「早くZEPPでやろうよ」って、それは勇気になりました。(ボッサム)

―そんな両者が今度の『exPoP!!!!!』に一緒に出てくれるわけですが、mimittoにZETTさんが加わってmimittoの曲をやる、そのときの名義が「mimitto VS H ZETT M」なんですよね?

下島:そうです、戦いなんです。

―確かに、ZETTさんがバンドに入ってきたら食われかねないもんね。そこはホント「バーサス」だよね。

ボッサム:ホントに、そこが一番です。あの…わたくしごとなんですけど…

H ZETT M:なに? 入籍?

―このタイミングで(笑)。

ボッサム:俺ボーカリストもギタリストも好きな人っていないんですけど、とにかく特殊な人が好きで、ZETTさんの鍵盤は大好きなんですよ。H ZETT Mのサポートで隣でギター弾いてても、ホント悔しくなるぐらいなんです。「俺はZETTさんの持ってない何を持ってるんだろう?」ってずっと考えてて、そういう意味でもバーサスなんです。

―迎え撃つZETTさんとしてはいかがですか?

H ZETT M:いや、音で会話するというか、ただそれが楽しみですね。

―プロデュースをやる上でも、一緒に音を出すっていうのが一番お互いをわかり合う機会になってるんでしょうね。ライブ、楽しみにしてます。じゃあ、最後に今後のことも聞いておきたいんですけど、mimittoとしてはこれまでは自分たちで詞曲を手掛けてきたわけじゃないですか? そのあたり、今後はどう考えていますか?

下島:全然別モノとは考えてなくて、提供してもらう曲も、自分たちの曲も、俺らの音楽であることに別に変わりはないって意識なんですよね。

ボッサム:俺らが演奏すれば全部俺らの曲っていうか、そう言える自分たちの音っていうのが固まってきたと思うんです。何が来ても、例えばヒロポンが曲を作ってきても、絶対mimittoのものになる…ま、ヒロポンが曲持ってくることは絶対ないですけど(笑)。

―じゃあ、そんなヒロポンくんに今後の目標で締めてもらおうかな。

ヒロポン:やっぱり楽しさが一番だと思うんです。ZETTさん含め、mimittoみんな楽しいので、ずっとこの関係を保ちながら、みんなも楽しくなってくれれば最高ですね。

ボッサム:あの…最近ZETTさんに言われたことが…

下島:締まんなかった(笑)。

ボッサム:「早くZEPPでやろうよ」って、それは勇気になりました。

―そっか、じゃあいつを目標にしようか?

ボッサム:1週間後…

―近過ぎでしょ(笑)。

ボッサム:まあ、アルバムを出してから、できるだけ早くやりたいです!

Page 3
前へ

リリース情報

mimitto『Y!E!S!』
mimitto
『Y!E!S!』

2011年9月14日発売
価格:1,890円(税込)
APPR-1806

1. メッセージ
2. 道
3. 夜あけ前
4. ああ無常
5. ショベル
6. RESTART
7. 花

イベント情報

『exPoP!!!!! vol.54』

2011年9月29日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 O-nest

出演:
mimitto VS H ZETT M
THE WAYBARK
ラキタ
ボランズ
料金:無料(2ドリンク別)
※ご予約の無い方は入場できない場合があります。ご了承下さい。

プロフィール

mimitto VS H ZETT M

長野県出身、幼なじみで絶叫3ピースバンドとして結成。甲信越地区のバンドコンテストで賞を総ナメにする。活動を東京に移してからは渋谷中心にLIVE活動を行い、06年にボッサム(Vo)がH ZETT Mと出会い、現在に至るまで交流を深めて来た。ヘヴィーであるにも関わらず、風通しの良い疾走感があるという類いまれなサウンド、バンド内の構図は、リーダーの下島が、私生活からステージまで暴走傾向あるボッサムとヒロポンの2人を、調教してまとめあげている。更にこのメンバーにサウンドプロデューサーを勤めるH ZETT Mが加わる事で「絶叫度」がよりUPする。mimittoは本年9/14に新作「Y!E!S」の発表した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い 1

    2003年生まれのLAUSBUBが語る 人生を変えたテクノとの出会い

  2. アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界 2

    アニメと共振するテン年代のUSラッパーたち。響き合う作品世界

  3. B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー 3

    B'zが松本隆トリビュートアルバムで“セクシャルバイオレットNo.1”カバー

  4. 窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える 4

    窪塚洋介×太田信吾 肛門へ射し込む希望の光。健康と生活を考える

  5. Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始 5

    Adoが歌唱出演 タマホーム新CM「ハッピーソング Ado篇」放送開始

  6. 中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売 6

    中川政七商店と隈研吾がコラボ 『Kuma to Shika』全10アイテム限定販売

  7. レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映 7

    レイ・ハラカミ没後10年 プラネタリウム作品『暗やみの色』を再上映

  8. YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも 8

    YOASOBI×ユニクロ「UT」のコラボTシャツが7月販売 無料配信ライブも

  9. ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』 9

    ヒップホップ・南米音楽との融合『NOMAD メガロボクス2』

  10. 黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信 10

    黒人ゲイ男性として生きる人々描く記録映画『タンズ アンタイド』無料配信