特集 PR

電子音楽界の寵児となったSerphが語る、別人格Reliqについて

電子音楽界の寵児となったSerphが語る、別人格Reliqについて

インタビュー・テキスト
金子厚武
2011/11/11
  • 0
  • 41

昨年7月に発表された『Vent』が大きな話題を呼び、一躍エレクトロニック・ミュージックのシーンにおける期待の星となったSerph。今年の4月に発表された『Heartstrings』も素晴らしい作品だったが、今度は別名義Reliqとしての活動をスタートさせた。初のアルバム『Minority Report』は、ミニマルな、フロア寄りのダンスミュージックで、Serphとは違った魅力を発揮しているのだが、さらには同日にSerph名義のクリスマス・ミニアルバム『Winter Alchemy』まで発表されるというのだから、そのクリエイティビティには驚かされる。そこで、人生初の対面インタビューとなった前回から1年以上ぶりにCINRAにご登場いただき、SerphとReliqの関係性、尽きることのないアイデアの源泉を本人の口から話してもらった。いまだプロフィールは未公開で、ライブ活動もないため、ライフスタイル自体は大きく変わっていないという。しかし、その話しぶりからは、去年にはなかった自信が確かに感じられたのが印象的だった。

リスナーのために作るけど、リスナーの方向性に合わせようとは思わない。それをやっちゃうと不自由になってしまうので。

―前回は『Vent』のリリース以前に取材をさせていただきましたが、『Vent』は高い評価とセールスを獲得した作品になりましたよね。それによって、作り手としての意識に変化はありましたか?

Serph:責任感というか、やりがいが増えました。前よりも丁寧に作るようになったかもしれないですね。

―平井堅さんをはじめ、『Vent』以降は他のアーティストのリミックスを手掛けることも増えましたよね。

Serph:リミックスはまず素材があるので、やりやすいっていうか、思いっきり遊んで作れるから、気が楽っていうのはあります。

―前回の取材のときに「男性ボーカルはあんまり聴かない」という話がありましたが、リミックスの作業などを経て、変化はありましたか?

Serph:大分聴けるようになってきました(笑)。Bon Iverはすごく好きですね。

―ああ、いいですよね。じゃあ、以前は「自分が聴きたいと思う音楽を自分で作る」という意識があるとおっしゃってましたよね? その点に関しては、『Vent』のヒットと共に、リスナーの存在を意識するようになりましたか?

Serph:リスナーのために作るっていうのもあるにはあるんですけど、やっぱりリスナーの方向性に合わせようとは思わないですね。それをやっちゃうと不自由になってしまうので。あとライブをやってないので、あんまりリスナーに対する実感がないんですよね。

―実際ライブについてはどうお考えなんですか? Reliqのようなフロア対応の作品が出ると、ますます「ライブやらないんですか?」っていう声が増えるかとは思うんですけど。

Serph:今のところ予定はないです。気が向いたらっていうか…機が熟したら(笑)。自分は作曲家気質なところもあるし、ステージにあがってパフォーマンスをするのは向いてないんじゃないかって思っていて、なのでライブはもうちょっと…万全の状態でやりたいなって。

―理想としては制作だけやっていたい?

Serph:それはわかりません。状況に応じてやっていくっていうことですね。

2/4ページ:多くのマイノリティの中のいちマイノリティからの、音楽的な報告書。

Page 1
次へ

リリース情報

Reliq『Minority Report』
Reliq
『Minority Report』

2011年11月18日発売
価格:2,300円(税込)
NBL-204

1. tea
2. vale
3. mini
4. radiator
5. rushhour
6. pan
7. gem
8. cafein
9. distance
10. continuity
11. catma23
12. feet
13. caprice

Serph『Winter Alchemy』
Serph
『Winter Alchemy』

2011年11月18日発売
価格:1,890円(税込)
NBL-205

1. noel
2. straat
3. twinkler
4. alchemy
5. VALIS
6. lumina
7. above

プロフィール

Serph

東京在住の男性によるソロ・プロジェクト。2009年7月、ピアノと作曲を始めてわずか3年で完成させたアルバム『accidental tourist』をelegant discよりリリース。2010年7月には2ndアルバム『vent』を、続いて2011年4月には3rdアルバム『Heartstrings』を、それぞれnobleよりリリース。 2011年11月には、新プロジェクト"Reliq"名義の1stアルバム『Minority Report』と、Serph名義のクリスマス・ミニアルバム『Winter Alchemy』を二枚同時に発表する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“庭をでて”

2月21日発売のThe Wisely Brothers待望のフルアルバムから“庭をでて”のPVが公開。森の中で演奏する姿は、絵本の中に登場する動物たち、もしくは妖精たちの演奏会のよう。3人の仲の良さとバランスの良さが伝わる、見るたびにワイズリーの魅力が発見できるPV。(川浦)

  1. 凛として時雨が語る、結成から15年。なぜ確固たる地位を築けた? 1

    凛として時雨が語る、結成から15年。なぜ確固たる地位を築けた?

  2. りゅうちぇるが歌手活動開始 本日配信のデビュー曲はケンモチヒデフミ作曲 2

    りゅうちぇるが歌手活動開始 本日配信のデビュー曲はケンモチヒデフミ作曲

  3. 佐藤隆太&把瑠都のドラマ『弟の夫』ビジュアル公開 原作漫画の展覧会も 3

    佐藤隆太&把瑠都のドラマ『弟の夫』ビジュアル公開 原作漫画の展覧会も

  4. アートと花見を楽しむ『美術館の春まつり』 東京国立近代美術館で開催 4

    アートと花見を楽しむ『美術館の春まつり』 東京国立近代美術館で開催

  5. 稲垣吾郎主演×阪本順治監督『半世界』 共演に長谷川博己、池脇千鶴ら 5

    稲垣吾郎主演×阪本順治監督『半世界』 共演に長谷川博己、池脇千鶴ら

  6. 名門「EMI Records」のトップに34歳が抜擢。業界の行先を訊く 6

    名門「EMI Records」のトップに34歳が抜擢。業界の行先を訊く

  7. モネ、マネ、セザンヌなど一挙展示『至上の印象派展』 約半数が日本初公開 7

    モネ、マネ、セザンヌなど一挙展示『至上の印象派展』 約半数が日本初公開

  8. 是枝裕和の新作に池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴ら タイトルは『万引き家族』 8

    是枝裕和の新作に池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴ら タイトルは『万引き家族』

  9. 岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻夫木聡が共演 ホラー映画『来る』 9

    岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻夫木聡が共演 ホラー映画『来る』

  10. マキシマムザ亮君次男が描く「奇怪なイラスト」展 奥浩哉らのリメイク作も 10

    マキシマムザ亮君次男が描く「奇怪なイラスト」展 奥浩哉らのリメイク作も