特集 PR

金田康平(THEラブ人間)×大橋仁(写真家)対談

金田康平(THEラブ人間)×大橋仁(写真家)対談

インタビュー・テキスト
田山雄士
撮影:田中慎一郎, 取材協力:ウーピーゴールドバーガー

大橋さんで写真を知れて良かった。そこがきっかけでアラーキーにも行けましたから(金田)

―それは聞いてみたい話です。

金田:俺は音楽を作る上で、自分に起きた出来事をそのまま曲にするんですよ。彼女とのセックスとかケンカとかも歌に綴るわけです。そしたら「あなたはプライバシーも何もないじゃない! 共通の友達もいて、その人があなたの歌を知ってると、私が言いたくないことや知られたくないこともわかっちゃうじゃない!」って言われちゃって。「……そうだね」って。

大橋:あはははは! そりゃそうだ!

金田:別れる、別れないってやり取りをしてる中で、「もし私と別れたら、そのことを歌にできるんでしょ?」って彼女が言ったんですよ。それで「うん」って答えたらフラれました。「こういう出来事も歌に消化できるんだったら、私はいらないじゃない」って。その時に『目のまえのつづき』を2人で見てたんですけど、「大橋さんは瞬発力の人間で、目の前にあったものを撮るか撮らないかっていう状況になったら、パッと撮る。あなたも歌うか歌わないかってなったら、やっぱり歌う」みたいなことを最後に言われましたね。

大橋:惜しい彼女を失くしたねー(笑)。いい彼女だね、ホントに。

―大橋さんの写真を初めて見たときに、金田さんはどんなところに惹かれたんですか?

金田:すごく簡単な言葉で言うなら、飾らないところ。音楽も飾った曲が好きじゃないんです。飾ると本質からどんどんズレちゃうんですよ。大橋さんに出会う前に見てた写真って、ちゃんとピントがあっててブレがないのがほとんどで、それが当たり前のラインだと思ってたんだけど、大橋さんのはそういうのを全部取っ払ってたんですよね。大橋さんで写真を知れて良かった。そこがきっかけでアラーキー(荒木経惟)にも行けましたから。

大橋:それは写真観がほぼ俺と一緒だ。俺も荒木さんしか知らないみたいなところがある。

場当たりなウソをついたって、最終的には意味がないんです(大橋)

―大橋さんは写真を撮る時、飾らないことを意識してますか?

大橋:いや、意識はしてないですね。逆にできない。結局、俺も反射神経で生きてるところがあるから、金田くんが言わんとしてることはすごくわかるなぁ。写真も歌も同じだもんね。

金田:思ったことはその日のうちに作らないとダメですね。次の日に昨日のことを歌うと、違う風に書けちゃう。

大橋:でもさ、変な話だけど、歌はウソつこうと思えばつけるわけじゃない? もちろん中身はウソじゃなくても、たとえばさっきの話だと、女の子への言い訳にもできちゃう。「なんでこんなに正直に書いちゃうの?」って言われても、「あんなのウソだよ~、想像の産物!」みたいにさ。金田くんはそう言わないのがすごいよね。

大橋仁

―確かに、そうですね。

金田:言っちゃったら、その歌を歌うときに1回誰かにウソついた感じがしちゃうじゃないですか。

大橋:金田くんは責任感が強い人なんだ。いや、覚悟って言った方がしっくりきそうだね。

金田:そうですね。その言葉や音、題材を扱って歌う覚悟。しかも、赤の他人の前でやることを背負ってるかどうかですよね。でも、自分ルールだけをわりとシンプルに敷いてるだけです。そこ以外はどうでもいいんですよ。

金田康平

―金田さんの場合、本人の性格がそのまま作品に反映されてますが、大橋さんもそうですか?

大橋:結局そうだと思いますよ。そもそも写真って、真実が見えちゃって言い逃れができないから、ウソのつきようがない。場当たりなウソをついたって、最終的には意味がないんです。

3/4ページ:金田くんは気持ちいいこと至上主義でしょ? 俺もまさにそうなんですよ(大橋)

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

THEラブ人間『大人と子供(初夏のテーマ)』
THEラブ人間
『大人と子供(初夏のテーマ)』(CD+DVD)

2011年11月23日発売
価格:1,000円(税込)
VIZB-18

1. 大人と子供(初夏のテーマ)
2. レイプ・ミー
3. 抱きしめて
[DVD収録内容]
1. 砂男
2. 東京
3. これはもう青春じゃないか
4. 抱きしめて
5. 砂男

プロフィール

THEラブ人間

2009年1月に金田康平を中心に突如現れた音楽集団。「恋愛至上主義」を掲げ、今日も他人と解り合うことを願って血まみれの恋愛と青春の焦げ臭さを高らかに歌っている。

大橋仁

1972年神奈川県相模原市生まれ。1992年第8回キャノン写真新世紀/荒木経惟選・優秀賞受賞。個人作品集に写真集「目のまえのつづき」(青幻舎)刊行(1999年)、写真集「いま」(青幻舎)刊行(2005年)などがある。雑誌、広告などでスチル、ムービーを問わず印象的なイメージを発信し続けている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも