特集 PR

パペットが意志を持つ瞬間 ロシア生まれの「チェブラーシカ」

パペットが意志を持つ瞬間 ロシア生まれの「チェブラーシカ」

インタビュー・テキスト
森オウジ
撮影:寺沢美遊

一般のロシア人から言われた「ありがとう、監督」が一番嬉しかった

―ロシアと日本の一部の劇場でしか上映されなかった80分バージョンの作品は、中村監督の手記によると「より本国のスタイルに近い仕上がり」とのことなのですが、なぜ日本では、63分のバージョンが広く公開されたのですか?

中村:もともと80分バージョンが最初に作られたんです。だからロシアでのプレミア上映の時には、こちらが上映されました。日本では、子どもたちが見やすいものにするために10分カットしてナレーションを付け、エピソードごとにストーリーを分割していない編集バージョンを作ったんです。このふたつでは、ずいぶん印象が違うと思います。

―今回、初回版DVD特典のオフィシャル資料集は、監督にとって初の手記出版ということにもなるのでしょうか? 『チェブラーシカ』は「監督・中村誠をつくった作品」でもあったことから、振り返って1冊の本にしたとき、どのようなお気持ちでしたか?

中村:ズバリ手記としては処女作です。手記なんて出したことがないので、できた時は嬉しかったですよ。もとの原稿は、資料集用に書いていたわけじゃないんです。『チェブラーシカ』は7年がかりで、作品としても、僕のキャリアとしても大仕事だったので、書いておかないと忘れちゃうなと思い日記のように書きためていたんです。そしてこのDVDを作る時にこの手記の話をしたんですね。職業柄、出口のないものを書いたり作ったりするのって苦手ですから、ちゃんと本の形になってはじめて、書いておいてよかったなと思えましたね。

『劇場版 チェブラーシカ 特別版』コレクターズエディション
『劇場版 チェブラーシカ 特別版』コレクターズエディション

―7年がかりの制作だったと伺いましたが、ご自身にとって最も感慨深かったエピソードは何でしょうか?

中村誠

中村:一番嬉しかったこととして記憶しているのは、作品完成後、ロシアでプレミア試写会をやったときのことです。もう、すごい人の数で。国民的人気というのを肌で感じましたね。そして終わった後の記者会見もすごく時間がかかったし、取材の嵐みたいな1日だったんです。そんな時間が終わり、一息ついて僕が劇場から出るときのことです。劇場の係の人が「ありがとう、監督」って言ってくれたんです。それがものすごく嬉しかった。取材では、すごく専門的なことを尋ねられます。「カチャーノフの伝統が日本人にこう受け継がれた…」とかね。もちろんとってもとっても嬉しいんですけど、なんだか難しい話ですよね(笑)。専門的な多くの言葉よりも、一般のお客さんの目線に近いロシア人の、たったひとつの「ありがとう」が僕は欲しかったんだとその時気づき、とても嬉しかったんです。心から、よかった、と思いましたね。届いたんだ、って。

―『チェブラーシカ』をCGで作るなどして大作にしてしまうと、『チェブラーシカ』を自分の代で終わらせてしまうかもしれないという危惧を感じていたからこそ、パペットで新作を撮影されたのだと手記に書かれていました。大切なことは『チェブラーシカ』をいつまでも愛されるアニメーションにすること。監督は、渡されたバトンを本当に大切に受け取られたように思います。そして作品を作り終えた今、そのバトンを次に渡したいと考えている人などはいるのでしょうか?

中村:僕の次はロシア人が作ってくれるといいな、と思っていたんです。それで、アルダーシンという美術監督がいるんですけど、ロシアプレミアのときに、「次、監督しなよ」って声をかけたら、「次も中村が作れ」って言われたんですよね(笑)。でも、実際7年間という年月をかけて作ったという愛着から、他の人が作ったものを見たら嫉妬するかもしれない、という微妙な気持ちも正直あります。バトンは渡したいけど、僕の死んだ後に誰かリメイクしてくれたら、なんて冗談まじりで思っています(笑)。

3/3ページ:生命を持たないパペットが人格を持つ、という不思議

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

『劇場版 チェブラーシカ 特別版』コレクターズエディション(2DVD)

2011年11月25日発売
価格:7,140円(税込)

監督:中村誠
脚本:金月龍之介、島田満、中村誠、ミハイル・アルダーシン
声の出演:
[日本語版]
大橋のぞみ
土田大
北乃きい
チョー
藤村俊二
[ロシア語版]
ラリーサ・ブロフマン
ウラジーミル・フェラポントフ
オリガ・ズベーレワ
ドミトリー・フィリモーノフ
アレクサンドル・パジャーロフ
[DISC1]
・日本語版本編
・ロシア語版本編
・ロシアプレミア上映時の映像
[DISC2]
・ロシア語本編(銀残しver.)
・メイキング映像
・原作者エドゥアルド・ウスペンスキー、オリジナル映画の美術監督レオニード・シュワルツマンインタビュー
[特典]
・『チェブラーシカ』資料集
・フィルムカットセット(3枚入り)

『劇場版 チェブラーシカ 特別版』通常版(DVD)

2011年11月25日発売
価格:4,410円(税込)

監督:中村誠
脚本:金月龍之介、島田満、中村誠、ミハイル・アルダーシン
出演:
声の出演:
[日本語版]
大橋のぞみ
土田大
北乃きい
チョー
藤村俊二
[ロシア語版]
ラリーサ・ブロフマン
ウラジーミル・フェラポントフ
オリガ・ズベーレワ
ドミトリー・フィリモーノフ
アレクサンドル・パジャーロフ
[収録内容]
・日本語版本編
・ロシア語版本編
・ロシアプレミア上映時の映像

プロフィール

中村 誠

1970年生まれ。アニメーション作品の企画・制作などを行う株式会社フロンティアワークスに所属し、アニメーション関連のシナリオライターとして活動。2004年、『チェブラーシカ』の新作の監督に抜擢される。2010年に公開された同作は、パペットアニメーションの秀作としてロシアをはじめ世界的脚光を浴びる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 1

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  2. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 2

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  3. 宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一 3

    宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一

  4. エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由 4

    エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由

  5. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 5

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  6. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 6

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  7. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 7

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  8. CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように 8

    CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』 10

    ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』