特集 PR

ニック・ラスコムインタビュー 街に恋する音楽体験『Musicity』

ニック・ラスコムインタビュー 街に恋する音楽体験『Musicity』

インタビュー・テキスト
宮崎智之(プレスラボ)
インタビュー撮影:佐々木鋼平, ロケーション撮影:川瀬一絵(ゆかい)

イギリス・ロンドンを舞台とし、都市を歩きながら音楽と出会うプラットフォームを構築した『Musicity(ミュージシティ)』。同企画は英国デザインミュージアムが選ぶ「デザイナーズ・オブ・ザ・イヤー」にノミネートされ、2012年からは世界展開を目指しているが、その第1弾がブリティッシュ・カウンシルの主催で、東京・六本木でスタートすることになった。デジタル配信が浸透し、いつでもどこでも好きな音楽を手に入れることができるようになった現在で、あえて「場所」にこだわったプラットフォームを提案する理由とは。『Musicity』創設者の1人で、ブロードキャスター、音楽キュレーターとしても活躍するニック・ラスコムに話を聞いた。

PROFILE

ニック・ラスコム
ブロードキャスター、音楽キュレーター。幅広いジャンルとスタイルの音楽に精通し、過去20年の間、XFMでの人気番組『Flo-Motion』やBBC等各ラジオ局で番組を担当。東ロンドンのショーディッチのクラブ、カーゴからロイヤル・フェスティバル・ホールなどの場でライブイベントをキュレーション。また『ベスティバル』や『シークレット・ガーデンパーティ』等のフェスでDJショーケースを行うなど、新しい才能の紹介にも力を入れている。

レコード屋に音楽を探しに行くような体験を

―『Musicity Tokyo(ミュージシティ東京)』が3月24日の『六本木アートナイト2012』に合わせてローンチされました。まずは、基本的なコンセプトからご説明ください。

ニック・ラスコム:アイデアはとても簡単で、ミュージシャンにある特定の場所のためのオリジナル楽曲を制作してもらい、リスナーがスマートフォンを持ってその場所に行くと、ストリーミングして聴くことができるというものです。また、一度ストリーミングで聴いた楽曲は、その後、ウェブサイトからダウンロードすることができるようになることも特徴のひとつです。

写真左:リスニングスポット1 阿部海太郎×芋洗坂、写真右:リスニングスポット2 ECD×星条旗通り(※4月1日スタート)
写真左:リスニングスポット1 阿部海太郎×芋洗坂
写真右:リスニングスポット2 ECD×星条旗通り(※4月1日スタート)

―どういった経緯でこのアイデアを思いついたのですか?

ニック:私はDJや音楽キュレーターなどとして活動していますが、建築やデザインにも興味を持っていました。一方、もう1人の創立者で、建築やインテリアデザインを手掛けるサイモン・ジョーダンは、大の音楽好きです。彼とはもともと親友で、常日頃から「2人の専門領域を融合した新しい取り組みをしたい」と話していたことがきっかけとなって、『Musicity』の構想を思い付きました。確か2010年のことだと思います。音楽と建築業界のコミュニティーを結びつけて、面白いことがしてみたいという狙いもありました。

―デジタル配信やスマートフォンが普及し、音楽を入手する利便性が飛躍的に向上しました。そんななか、なぜ「場所」という「不便」な縛りを設けたプラットフォームを作ろうと考えたのでしょうか。

『Musicity』体験中の様子 撮影:Hako Hosokawa
『Musicity』体験中の様子
撮影:Hako Hosokawa

ニック:私はiTunesのキュレーションを4年間手掛けているので、リスナーにとって便利な時代になったことは実感しています。しかし、家の中にいても簡単に音楽を取得できる時代だからこそ、難しいチャレンジをしなければ音楽と出会えないようなプラットフォームを作ってみたいという欲求がありました。レコード屋まで足を運んで一生懸命に音楽を探し、気に入った曲がなければまた次のレコード屋に行かなければいけないような体験を再現したつもりです。音楽を取得できるリスニングスポットがレコード屋の代わりだと言えます。


―オリエンテーリングのような体験でもありますね。

ニック:場所によって音楽を発見すると同時に、街の魅力も再発見してもらいたいとも考えています。今回は六本木エリアに15ヶ所のリスニングスポットを設置していますが、それらを順番に辿ることによって、普段は歩かないような道を歩き、六本木という街をもっと知って好きになってほしい、という思いもあります。

写真左:リスニングスポット3 フィンク feat. 初音ミク×ニコファーレ、写真右:リスニングスポット4 ゴーストポエット×鳥居坂
写真左:リスニングスポット3 フィンク feat. 初音ミク×ニコファーレ
写真右:リスニングスポット4 ゴーストポエット×鳥居坂

―確かにマップを見て実際に行ってみると、思っていたはずの場所とは少し違っていたり、新鮮な感覚がありました。

ニック:『Musicity』の創立にあたり、多大な示唆を与えてくれたフランスのギー・ドゥボールという著述家が提唱するサイコジオグラフィーは、「歩行者たちを月並みな通り道から連れ去り、都市の風景について新しい感覚を惹起させる、都市探索の独創的な方策」です。そんな思いを込めたプロジェクトが、今回の『Musicity Tokyo』だと言えます。プロジェクトの企画を考案するにあたり、地理の専門家や社会学者とさまざまな意見交換をし、とてもポテンシャルが高く、広がりのあるプロジェクトだと確信しています。

2/3ページ:「場所の記憶」が音楽とリスナー、ミュージシャンを結びつける

Page 1
次へ

インフォメーション

『Musicity』リスニングポイント:

1. 阿部海太郎 × 芋洗坂
2. ECD × 星条旗通り(※4月1日スタート)
3. フィンク feat. 初音ミク × ニコファーレ
4. ゴーストポエット × 鳥居坂
5. 蓮沼執太 × 六本木ヒルズ 六本木けやき坂通り
6. 井上薫 × 六本木ヒルズ66プラザ
7. スチュアート・マッカラム(ザ・シネマティック・オーケストラ)× 国立新美術館
8. 中島ノブユキ × 東京ミッドタウン
9. オオルタイチ × 乃木公園
10. Righteous(矢部直&DJ Quietstorm)× 西麻布交差点
11. ニティン・ソーニー × 六本木交差点
12. テニスコーツ × 麻布十番大通り(※4月1日スタート)
13. やくしまるえつこ × 乃木坂駅前郵便局 × 郵便ポスト(複数)

最新情報、詳細は公式サイトにて

プロフィール

ニック・ラスコム

ブロードキャスター、音楽キュレーター。幅広いジャンルとスタイルの音楽に精通し、過去20年の間、XFMでの人気番組『Flo-Motion』やBBC等各ラジオ局で番組を担当。東ロンドンのショーディッチのクラブ、カーゴからロイヤル・フェスティバル・ホールなどの場でライブイベントをキュレーション。また『ベスティバル』や『シークレット・ガーデンパーティ』等のフェスでDJショーケースを行うなど、新しい才能の紹介にも力を入れている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場