インタビュー

ダブって知ってる? Tam Tamインタビュー

ダブって知ってる? Tam Tamインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2012/05/07

「ダブは、レゲエから発祥した音楽手法、および音楽ジャンル。ダブワイズとも呼ぶ」。これはウィキペディアからの引用だが、もちろん、これはあくまでダブの一側面を切り取ったに過ぎない。どんなジャンルでもそうだが、音楽は一面的なものではなく、重層的なのものである。ルーツを探っていくことによって新しいものが生まれ、新しいものを生み出そうとすればルーツにぶつかる。そうやって音楽を知っていく喜びは、何物にも代えがたい。

あらかじめ決められた恋人たちのダブPAとしても知られ、音楽レーベルmaoを主宰する石本聡の秘蔵っ子、平均年齢20代前半の新世代ダブバンドTam Tamは、そんな音楽の喜びをよく知っているバンドだ。Little TempoのHAKASE-SUNをプロデューサーに迎え、ダイナミズムを増した初の全国流通盤『meteorite』は、ルーツに対する愛情も、自分たちの音楽を探求するチャレンジ精神も、どちらも自然体で織り込まれた、現在進行形のダブアルバムである。「ダブってよくわからない…」というあなたにも、このアルバムがきっと新たな扉を開いてくれるに違いない。

タワレコもスペシャもない片田舎だったんで、HMVとかのオンラインを使って、なけなしの小遣いでCDを集めてました(笑)。(黒田)

―Tam Tamは大学生のときに結成されたそうですが、音楽サークルの出身ですか?

小林:そうですね。大学の音楽サークルで、いわゆる中南米の音楽ばっかりやる集団で出会って。最初はカバーをやってたんですけど、段々オリジナルをやるようになりました。実は、このバンドができる前に、僕はダブバンドのオーディションとか受けに行ってて。

黒田:へー!

小林:これ、今初めて言ったんですけど(笑)、落とされたんですよ。それが悔しくて、じゃあ自分でバンドを作ろうと思ったんです。

小林樹音
小林樹音

―黒田さんも、もともとダブが好きだったんですか?

黒田:そうなんですよ。出身が北海道なんですけど、ローカルのFM局でブラックミュージック専門の番組みたいのがあって、よく聴いてたんです。そこで自分は結構昔の音源が好きだって気づいて、ソウルとかファンクを掘るようになって。レゲエは高校生のときにショーン・ポールが流行って、その流れで、アルトン・エリスとかを聴くようになりました。

―ちゃんと掘り下げていったんですね。

黒田:タワレコもスペシャもない片田舎だったんで、HMVとかのオンラインを使って、なけなしの小遣いでCDを集めてました(笑)。で、何だかんだで、ジャマイカの音楽が一番好きだなって。

―シンガーとしての経験はあったんですか?

黒田:カラオケで歌ってたくらいで、ちゃんとシンガーとして活動したことはなかったんです。

小林:もともとサークルではトランペット吹いてたもんね(笑)。

―そうだったんですか! それでこの歌声を持っていたというのは、みんな驚いたでしょうね。

黒田:ルーツダブっておじさんのシンガーが多いので、最初はそういうドスの効いた感じをイメージしてたんですけど、私の声だとそういうのが出ないんで、あんまりそこにはこだわらないようにして、自分で歌い方を考えるようになった感じです。

黒田さとみ
黒田さとみ

―じゃあ小林さんは、どんな風にダブに出会ったんですか?

小林:高校生になった頃から兄の影響で音楽を聴くようになって、わりとすぐにヒップホップとテクノに行ったんです。その流れでAUDIO ACTIVE(日本のダブバンドで、イギリス最大のロックフェス『グラストンベリー』にも出演している)に出会ったことでダブを知って、そこからボブ・マーリーとかも聴くようになった感じです。そのサークルに入るまではベースも弾いたことなかったんですけど、たまたま友達からもらったベースがあったんで、「僕ベース弾きます」って。

―楽器は大学からなんですね。じゃあ、そこから必死に練習して?

小林:そうですね。何でも飽きっぽい子だったんですけど、周りの人たちがみんな音楽も楽器も詳しくて、なんかすっげえ悔しかったんです。だから、先輩の飲みの誘いも無視して、ひたすら練習して…愛想悪かったと思います(笑)。

2/3ページ:『KAIKOO』に行ったらすごい感動しちゃって、そのときに「あ、俺やっぱり音楽したいんだな」って気づいたんです。(小林)

Page 1
次へ

リリース情報

Tam Tam『meteorite』
Tam Tam
『meteorite』

2012年5月2日発売
価格:2,100円(税込)
mao / maocd-33

1. Akkeshi Dub
2. Dry Ride
3. Clay Dance
4. Elevator
5. Skit
6. Eyes Of Danger
7. Stop The Alarm
8. Space Debris
9. Inside The Walls
10. Train
11. Wasureta
12. Proof

イベント情報

Tam Tam 1st album『meteorite』 Release Party

2012年7月7日(土) OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 青山 月見ル君想フ
出演:Tam Tam
スペシャルゲスト:
HAKASE-SUN
画家
料金:前売2,500円 当日3,000円(共にドリンク別)

プロフィール

Tam Tam

メンバーの平均年齢が20代前半となるヤング・ダブバンド。ダイナミクス溢れるソウルフルなボーカルを軸に、強力なリディムセクションがボトムを支え、ギター/キーボードが彩りを添えるバンドサウンドは、メンバーの年齢からは想像できない完成度をほこり、レゲエを土台にしつつそこにクラブミュージックの良質なエッセンスを注入した音楽性も相まって、ベース・ミュージックシーン、インストロック、ジャムバンド界隈からも厚い支持を得ている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像