特集 PR

楽しいことを見つけたら猛ダッシュで 蜜インタビュー

楽しいことを見つけたら猛ダッシュで 蜜インタビュー

インタビュー・テキスト
柴那典
撮影:柏井万作
2012/06/01

鍵盤ハーモニカとアコースティックギター、そして聴き手をふわりと包み込む心地良い2つのメロディ。シングル『初恋かぷせる』でメジャーデビューを果たす男女デュオ「蜜」の魅力は、まず何より2人の歌声が生みだす絶妙なハーモニーにある。でも、それだけじゃない。ライブを観たら1度でわかる。楽しいのだ。音楽性自体にはカフェミュージックっぽいポップセンスも感じるけど、お洒落に気取ったところは一切なし。確実にお客さんを笑顔にするステージ。奔放でやりたい放題な木村ウニのパフォーマンスと、それに引っ張られつつ、時にツッコミを入れつつ、屋台骨を支える橋詰遼のプレイ。大阪人気質な2人の掛け合いが、とても面白い。そういう2人の醸し出す雰囲気が、キュートでエネルギッシュな木村ウニの歌声と包容力ある橋詰遼の歌声が融け合うという、蜜の音楽自体の魅力にも繋がっていると思う。インタビュー初登場となる今回は、その成り立ちを探った。

最初はソロのつもりでしたけど、結果オーライでした(木村)

―こないだ、上野公園の水上野外音楽堂でやっていたイベントに出演した時のライブを観たんです。非常に自由なパフォーマンスで驚いたんですけれど、普段からあんな感じなんでしょうか?

橋詰遼
橋詰遼

橋詰:そうですね。基本的にあんな感じでやってます(笑)。でも、あの時は楽しかったですねえ。「パンダが近くにおるでー!」ってお客さんとコール&レスポンスしたり(笑)。ヤバかったなあ。

―ライブになるとスイッチが切り替わるんでしょうか? それとも普段からああいう感じ?

木村:普段からですね。ステージは家の中みたいな感じです。

橋詰:素っ裸な感じですかね?

木村:…。

橋詰:それはちょっと違うみたいです(笑)。

―ははは! この2人の関係性がどうやって成り立ってきたのかをまず知りたいんですけれども。最初にお2人が会った時はどんな第一印象だったんでしょう?

橋詰:僕は一目観てファンになりました。2005年くらいに、同じコンテストに別の出演者として出ていたんですよ。それが、すごく格好よかった。

木村:私は、すごくいい声の、爽やかなお兄さんだなって思いました(笑)。当時、白いTシャツをタンクトップみたいにめくり上げて、素晴らしい笑顔で歌ってたんで。

木村ウニ
木村ウニ

―まずは歌っている姿を見て惹かれ合ったんですね。木村さんはその時はどんな感じでやっていたんですか?

木村:その時はアコースティックギターとジャズベースと私の3人で歌ってました。

橋詰:10代しか出られないコンテストだったんですよ。でも10代らしからぬブルージーな曲と大人びた歌詞の世界を、ソウルフルなボーカルで歌い上げていて。で、「格好いいですね」 って、僕から話しかけたんです。でも、ホンマに変わった人たちで、かなり大雑把なんですよ。抜けてる部分もあって。遅刻もしたり、忘れ物も一杯あって。僕、本番の当日にカポタスト貸しましたもん(笑)。

木村:前日にだけ練習したんですけど、それにすらカポを忘れてきた(笑)。

橋詰:全然練習になれへん、ていう。

―ははは!

木村:でも、すごく面白い人達で、いまだに大好きです。

―では、2人で一緒にやろうと思うようになったきっかけは?

木村:その大会で初めて出会った2年後くらいですね。私は他にバンドをやってたんですけれど、そのバンドが一段落した頃に、ソロでイベントに出てみない? って言われて。でも、曲もなかったし楽器も弾けなかったんで、橋詰くんの曲を歌おうと思って、連絡したんです。あの大会で橋詰くんが歌っていた曲がシンプルで、歌が伝わる曲だったから、歌わせてもらえないかなって。それがこの”初恋かぷせる”という曲なんですよ。

―そうなんだ。じゃあ、メジャーデビューとなるこの曲が最初にあった曲なんですね。

木村:そうなんですよ。2005年に歌ってた曲です。

橋詰:で、初めはそれっきりの予定だったんです。ただ、評判がよかったんで、続けるようになった。

木村:でも私からしたら、ソロのつもりだったんですよ。そのつもりで橋詰くんの曲を歌ってギターを弾いて欲しかったのに「2人でやるの? いいよ!」って言われちゃって(笑)。

橋詰:ソロだって聞かされてなかったんですよ(笑)。だから勝手にコーラスとかつけちゃったんですね。でも、後々聞いたらそういうつもりじゃなかったという。

木村:でも、結局橋詰くんとやるのが楽しくなってきたし、「よかった」って話しかけてくれる人も多くて。最初はソロのつもりでしたけど、結果オーライでした(笑)。

Page 1
次へ

イベント情報

蜜プレゼンツ
『voice dinner』

2012年7月14日(土)
会場:東京都 渋谷7th FLOOR

リリース情報

蜜<br>
『初恋かぷせる』

『初恋かぷせる』

2012年6月6日発売
価格:1,000円(税込)
TOCT-45048

1. 初恋かぷせる
2.HE
3.私がオバさんになっても

プロフィール

唯一無二の声をもつ木村ウニ♀と橋詰遼♂、二人の出会いが生んだ、奇跡の唄合戦ユニット『蜜』。過ぎ去った甘くほろ苦い恋を、笑いあり涙ありで、ジェットコースターの如く感情を揺さぶる。ロック、ポップ、カフェミュージック、昭和アングラ歌謡…と、あらゆるジャンルにアクセスしながら生み出される、超個性的な2人の歌唱と不思議に溶けるハーモニーは、新たなジャンル『蜜』を織りなす。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送