特集 PR

楽しいことを見つけたら猛ダッシュで 蜜インタビュー

楽しいことを見つけたら猛ダッシュで 蜜インタビュー

インタビュー・テキスト
柴那典
撮影:柏井万作
2012/06/01

鍵盤ハーモニカとアコースティックギター、そして聴き手をふわりと包み込む心地良い2つのメロディ。シングル『初恋かぷせる』でメジャーデビューを果たす男女デュオ「蜜」の魅力は、まず何より2人の歌声が生みだす絶妙なハーモニーにある。でも、それだけじゃない。ライブを観たら1度でわかる。楽しいのだ。音楽性自体にはカフェミュージックっぽいポップセンスも感じるけど、お洒落に気取ったところは一切なし。確実にお客さんを笑顔にするステージ。奔放でやりたい放題な木村ウニのパフォーマンスと、それに引っ張られつつ、時にツッコミを入れつつ、屋台骨を支える橋詰遼のプレイ。大阪人気質な2人の掛け合いが、とても面白い。そういう2人の醸し出す雰囲気が、キュートでエネルギッシュな木村ウニの歌声と包容力ある橋詰遼の歌声が融け合うという、蜜の音楽自体の魅力にも繋がっていると思う。インタビュー初登場となる今回は、その成り立ちを探った。

最初はソロのつもりでしたけど、結果オーライでした(木村)

―こないだ、上野公園の水上野外音楽堂でやっていたイベントに出演した時のライブを観たんです。非常に自由なパフォーマンスで驚いたんですけれど、普段からあんな感じなんでしょうか?

橋詰遼
橋詰遼

橋詰:そうですね。基本的にあんな感じでやってます(笑)。でも、あの時は楽しかったですねえ。「パンダが近くにおるでー!」ってお客さんとコール&レスポンスしたり(笑)。ヤバかったなあ。

―ライブになるとスイッチが切り替わるんでしょうか? それとも普段からああいう感じ?

木村:普段からですね。ステージは家の中みたいな感じです。

橋詰:素っ裸な感じですかね?

木村:…。

橋詰:それはちょっと違うみたいです(笑)。

―ははは! この2人の関係性がどうやって成り立ってきたのかをまず知りたいんですけれども。最初にお2人が会った時はどんな第一印象だったんでしょう?

橋詰:僕は一目観てファンになりました。2005年くらいに、同じコンテストに別の出演者として出ていたんですよ。それが、すごく格好よかった。

木村:私は、すごくいい声の、爽やかなお兄さんだなって思いました(笑)。当時、白いTシャツをタンクトップみたいにめくり上げて、素晴らしい笑顔で歌ってたんで。

木村ウニ
木村ウニ

―まずは歌っている姿を見て惹かれ合ったんですね。木村さんはその時はどんな感じでやっていたんですか?

木村:その時はアコースティックギターとジャズベースと私の3人で歌ってました。

橋詰:10代しか出られないコンテストだったんですよ。でも10代らしからぬブルージーな曲と大人びた歌詞の世界を、ソウルフルなボーカルで歌い上げていて。で、「格好いいですね」 って、僕から話しかけたんです。でも、ホンマに変わった人たちで、かなり大雑把なんですよ。抜けてる部分もあって。遅刻もしたり、忘れ物も一杯あって。僕、本番の当日にカポタスト貸しましたもん(笑)。

木村:前日にだけ練習したんですけど、それにすらカポを忘れてきた(笑)。

橋詰:全然練習になれへん、ていう。

―ははは!

木村:でも、すごく面白い人達で、いまだに大好きです。

―では、2人で一緒にやろうと思うようになったきっかけは?

木村:その大会で初めて出会った2年後くらいですね。私は他にバンドをやってたんですけれど、そのバンドが一段落した頃に、ソロでイベントに出てみない? って言われて。でも、曲もなかったし楽器も弾けなかったんで、橋詰くんの曲を歌おうと思って、連絡したんです。あの大会で橋詰くんが歌っていた曲がシンプルで、歌が伝わる曲だったから、歌わせてもらえないかなって。それがこの”初恋かぷせる”という曲なんですよ。

―そうなんだ。じゃあ、メジャーデビューとなるこの曲が最初にあった曲なんですね。

木村:そうなんですよ。2005年に歌ってた曲です。

橋詰:で、初めはそれっきりの予定だったんです。ただ、評判がよかったんで、続けるようになった。

木村:でも私からしたら、ソロのつもりだったんですよ。そのつもりで橋詰くんの曲を歌ってギターを弾いて欲しかったのに「2人でやるの? いいよ!」って言われちゃって(笑)。

橋詰:ソロだって聞かされてなかったんですよ(笑)。だから勝手にコーラスとかつけちゃったんですね。でも、後々聞いたらそういうつもりじゃなかったという。

木村:でも、結局橋詰くんとやるのが楽しくなってきたし、「よかった」って話しかけてくれる人も多くて。最初はソロのつもりでしたけど、結果オーライでした(笑)。

Page 1
次へ

イベント情報

蜜プレゼンツ
『voice dinner』

2012年7月14日(土)
会場:東京都 渋谷7th FLOOR

リリース情報

蜜<br>
『初恋かぷせる』

『初恋かぷせる』

2012年6月6日発売
価格:1,000円(税込)
TOCT-45048

1. 初恋かぷせる
2.HE
3.私がオバさんになっても

プロフィール

唯一無二の声をもつ木村ウニ♀と橋詰遼♂、二人の出会いが生んだ、奇跡の唄合戦ユニット『蜜』。過ぎ去った甘くほろ苦い恋を、笑いあり涙ありで、ジェットコースターの如く感情を揺さぶる。ロック、ポップ、カフェミュージック、昭和アングラ歌謡…と、あらゆるジャンルにアクセスしながら生み出される、超個性的な2人の歌唱と不思議に溶けるハーモニーは、新たなジャンル『蜜』を織りなす。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Yackle“ココナッツ(feat. ちゃんもも◎ from バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI & カルロスまーちゃん)”

現役高校生・Yackleの初フルアルバム収録曲“ココナッツ”のライブ映像。浮遊感あるサウンドに、ちゃんもも◎とカルロスまーちゃんが呪文を乗せたような1曲。歌詞にある「ぐにゃぐにゃに見えるプール」の中にいるような、不思議な世界観に引き込まれる。Yackle自身がヨーヨーを華麗にプレイするシーンなど、音源では味わえないパフォーマンスにも注目したい。(岡本)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」