特集 PR

改めて今、楽しく演奏したい 芳垣安洋インタビュー

改めて今、楽しく演奏したい 芳垣安洋インタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2012/08/20

あなたは芳垣安洋というドラマーの名をご存知だろうか? たとえ名前は知らなくても、彼が生み出すリズムに体を揺らしたことのある人はきっとたくさんいるに違いない。たとえば彼がメンバーとして参加してきたバンドには、ROVO、DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN、渋さ知らズといった夏フェスの常連バンドや、日本の即興音楽をリードする大友良英のバンド「ONJT」などがあり、UAや原田郁子といったシンガーのバックでも演奏をしている日本屈指のドラマーだ。一般的にドラマーというと、なかなか名前を記憶されることの少ないポジションではあるが、音楽をやっている人たちからすれば、「芳垣安洋」はドラマーでありながら、もはやひとりの重要な「アーティスト」として尊敬される人物である。

さて、このように音楽業界のなかでは確固たるポジションにいる芳垣が、昨年新たに自身のリーダーバンド「オルケスタ・リブレ」を結成し、今年7月には2枚のアルバムを同時リリース、ヨーロッパツアー、『フジロック』への出演と、かなり活発に活動を展開している。なぜ今このタイミングで新しい活動を始める必要があったのか? その理由を訊きにご自宅へお邪魔をしてきたわけなのだが、これほどまでのキャリアを積んでなお、もう一度初心へ帰ろうとするその姿勢を目の当りにして、僕自身が自分を省みるいい機会を与えてもらうことになった。歳を重ねるほどに人は経験や知識を積んでいく。そのなかでいつの間にか置き去りにしてきてしまったものは無いだろうか。

幅広いジャンルを横断する、日本有数の名ドラマー

早速オルケスタ・リブレの話にいきたいところではあるが、まず芳垣安洋という名ドラマーの歴史を辿りながら、芳垣が育ったひとつの重要な音楽シーンを紹介できればと思う。

芳垣が初めてドラムを叩いたのは高校3年生のとき。友人に誘われ、当時流行していた沢田研二の“時の過ぎゆくままに”をコピーしたのが、ドラマーとしての原体験だった。そこで音を鳴らすことの喜びを覚えた芳垣は、関西学院大学への入学後、軽音部に入部。本格的にドラマーへの道を歩み始める。

芳垣:ちょうど高校を卒業する頃に、WEATHER REPORTの『BLACK MARKET』が出たり、ジャコ・パストリアスの最初のソロアルバムが出て、「こういう音楽がやりたい!」と思って。大学の軽音に入って、そういう音楽をやるにはジャズができないとダメだと先輩にいわれてジャズをやり始めたんだけど、やってみたらすごく面白くて。当時はジャズの歴史を作ってきた、いわゆるジャズ・ジャイアントって呼ばれるような人たちがまだみんな生きてて、毎月のように来日してコンサートをやってくれてたし、すっごくワクワクしたわけ。

軽音時代の写真
軽音時代の写真

こうしてジャズにのめり込んでいった芳垣は、在学中より関西のジャズ・エリアで演奏活動を開始し、卒業後はジャズクラブROYAL HORSEのハコバンのメンバーとなる。本人いわく、「全然なるつもりはなかったんだけど、ズルズルと」プロの世界へ足を踏み入れたそうだが、やがては売れっ子のジャズドラマーとして活躍するようになっていく。もちろんそこにはドラマーとしての確かな腕前と、技術を得るためのドラムに対する強い好奇心があったことは言うまでもない。

ドラム専門誌でも度々表紙を飾っている。画像は『リズム&ドラム・マガジン』2012年8月号
ドラム専門誌でも度々拍子を飾っている。
画像は『リズム&ドラム・マガジン』
2012年8月号

しかし芳垣のその後の活躍から考えるに、芳垣安洋というドラマーの本当の魅力というのは、ジャズドラマーという枠に収まらない、自由で創造性の高いリズムを生み出せるところにあると言っていいのかもしれない。芳垣のドラムが多くの演奏家たちから愛され、演奏に誘われ続ける背景には、そうした演奏家たちと同じ、いやもしかするとそれ以上に、芳垣が幅広い音楽を愛し、興味を持っているという事実があるのだ。


プロとしては「ジャズ」に出自を持つ芳垣ではあるが、中学、高校の頃はロックが好きで、SANTANAを聴いてラテンに興味を持ったり、コステロやTHE SPECIALSを聴いてレゲエに傾倒したりと、様々な音楽を聴き続けていた。だからジャズドラマーとして仕事を得るようになっても、その枠には収まらず、やがては自身でサルサバンドを立ち上げ、関西を中心に精力的な活動を展開するようになっていく。さらには1989年、関西を中心に即興のムーブメントが起きていた最中、現在も活動が続いているアルタード・ステイツを、内橋和久、ナスノミツルと共に結成することになる。

芳垣:俺らが関西でやってた即興演奏を東京の人たちもすごく関心を持ってくれて、東京にも呼ばれるようになって。その流れで、不破大輔と出会って渋さ知らズに参加したり、大友良英とも一緒にやり始めたんだよね。そうこうしているうちに、引きずり込まれるようにモダンチョキチョキズをやるようにもなって、このバンドは主要メンバーが東京に行っちゃったから、俺も東京に行くことがますます増えて行ったんだよね。

そうして音楽的にも人脈的にも徐々に幅を広げていく中、芳垣にとってひとつの大きな転機となったのが、1995年に起きた阪神・淡路大震災だったそうだ。この震災をきっかけに、2年後の1997年、芳垣は東京へと拠点を移すこととなる。兵庫県出身の芳垣が、この震災で大きなダメージを受けたことは言うまでもないが、しかし、東京へと移ることを決めたのは、決してネガティブな決断だったわけではない。

芳垣:震災によって関西の音楽シーンに元気がなくなったっていうことはなくて、逆に、ソウル・フラワー・ユニオンみたいに、「どこでもいいからやろう」っていう連中が増えたよね。俺が東京に行くことにしたのは、単純に当時ドラムを教えるために使ってた場所が壊れて使えなくなっちゃったりとか、いくつかの仕事がストップしちゃったからで。それに、大友や不破なんかとの活動もあって、東京でも大阪でも変わりなくできるっていう状況もあったからね。

実際に、東京移住後の芳垣の活動ペースは少しも落ちることなく、むしろますます活発になっていった。1999年には自らのリーダーバンド「VINCENT ATMICUS」を始動させた他、大友良英ニュー・ジャズ・クインテット(ONJQ、現ONJT)、菊地成孔率いるDATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN(現DCPRG)での活動も始まるなど、これまでに積み重ねた経験が、より大きな舞台で生かされるようになっていったと言えるだろう。ただ、これだけの大きな変化があれば、逆に音楽活動に対する迷いが生じてもおかしくはないような気もするのだが、芳垣は平然とこう答える。

VINCENT ATMICUSライブ写真。バックでは菊地成孔がサックスを演奏している
VINCENT ATMICUSライブ写真。バックでは菊地成孔がサックスを演奏している

芳垣:東京の方が、ジャズをやる人でオリジナルの曲をやる人が多かったから、あんまりバンドが増えちゃうと曲を覚えきれなくて(笑)。そういう面で大変な部分はあったけど、逆に言えばそれぐらいで、東京に来たからといって迷うことは特になかったかな。

Page 1
次へ

Orquesta Libreライブスケジュール

『Orquesta Libreインストアライブ』

2012年8月30日(木)
会場:東京都 TOWER RECORDS 新宿店 7Fイベントスペース
ゲスト:柳原陽一郎、おおはた雄一

2012年10月29日(月)
会場:東京都 新宿 PIT INN

2012年11月26日(月)
会場:山梨県 甲府 桜座

2012年11月27日(火)
会場:愛知県 名古屋 TOKUZO

2012年11月28日(水)
会場:東京都 深川江戸資料館 小劇場

芳垣安洋ライブスケジュール

『横濱 JAZZ PROMENADE 2012』

2012年10月6日(土)
出演:芳垣安洋「Duke Elington, Sound of Love」

リリース情報

Orquesta Libre<br>
『うたのかたち〜UTA NO KA・TA・TI』(2CD)
Orquesta Libre
『うたのかたち〜UTA NO KA・TA・TI』(2CD)

2012年7月4日発売
価格:3,000円(税込)
EWGL-0013/14

[DISC1]
『オルケスタ・リブレと柳原陽一郎』
1. アラバマ・ソング
2. ジゴロのバラード
3. モリタート(live ver.)
4. 「人間はどうやって生きてきたのか?」(『三文オペラ』第2のフィナーレ)
5. いつもさよならを
6. アルフィーのテーマ
7. スマイル
[DISC2]
『オルケスタ・リブレとおおはた雄一』
1. いとしのセシリア
2. ゴロワーズを吸ったことがあるかい
3. リリー・マルレーン〜青い旅団
4. オー・シャンゼリゼ
5. パープル・ヘイズ
6. アイ・シャル・ビー・リリースト

Orquesta Libre<br>
『うたのかたち〜UTA NO KA・TA・TI』[MP3]
Orquesta Libre
『うたのかたち〜UTA NO KA・TA・TI』[MP3]

価格:1,950円(税込)
こんなに楽しくてスリリングなジミヘンやバカラック聴いたことないっ!

Orquesta Libre<br>
『Can't Help Falling In Love〜好きにならずにいられない』(CD)
Orquesta Libre
『Can't Help Falling In Love〜好きにならずにいられない』(CD)

2012年7月4日発売
価格:2,500円(税込)
EWGL-0015

1. 首の差
2. ハッシュ
3. パープル・ヘイズ
4. 小さな願い
5. 遥かなる影
6. ハロー・ドーリー
7. シシリアンのテーマ
8. 砂の岬
9. 好きにならずにいられない

Orquesta Libre<br>
『Can't Help Falling In Love〜好きにならずにいられない』[MP3]
Orquesta Libre
『Can't Help Falling In Love〜好きにならずにいられない』[MP3]

価格:1,800円(税込)
緻密にアヴァンギャルド!コミカルでドラマチック!

プロフィール

芳垣安洋

1959年生まれ。関西のジャズエリアでキャリアをスタートさせ、モダン・チョキチョキズ、ベツニ・ナンモ・クレズマー・オーケストラ、渋さ知らズなどに参加後上京。山下洋輔、坂田明、梅津和時、巻上公一、菊地成孔、オオヤユウスケ、高田漣、小島真由実、浜田真理子、カヒミ・カリィ、UA、原田郁子、Jhon Zorn、Bill Laswellなど様々なミュージシャンと共演。現在、ROVO、大友良英ニュー・ジャズ・オーケストラ、南博GO THERE、アルタード・ステイツや自己のバンドVincent Atmicus、Emergency!、Orquesta Nudge!Nudge!等のライブ活動の他、蜷川幸雄や文学座などの演劇や、映画の音楽制作も手掛ける。メールスジャズフェスを始めとする欧米のジャズや現代音楽のフェスティバルへの出演や、来日するミュージシャンとの共演も多く、海外ではインプロヴァイザーとしての評価も高い。レーベル「Glamorous」を主宰する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

ジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督Q&A

『キングス・オブ・サマー』『キングコング: 髑髏島の巨神』の監督であるジョーダン・ヴォート=ロバーツが、自身や自作を語る動画が公開。「影響を受けた映画」や「使用する楽曲への思い入れ」など、ファンからの質問に彼が回答しています。また、ファンが最も気になっていたであろう「髭に対するこだわり」も明らかになる、貴重な映像になっています。(久野)

  1. 『奇面組』再舞台化 メインキャスト続投、なだぎ武&宮下雄也が追加 1

    『奇面組』再舞台化 メインキャスト続投、なだぎ武&宮下雄也が追加

  2. 『SWITCH』でギャルソン「白の衝撃」特集 川久保玲のロングインタビューも 2

    『SWITCH』でギャルソン「白の衝撃」特集 川久保玲のロングインタビューも

  3. 『銀河鉄道999』生放送で実写化 メーテル役に栗山千明、鉄郎は前田旺志郎 3

    『銀河鉄道999』生放送で実写化 メーテル役に栗山千明、鉄郎は前田旺志郎

  4. 宇多田ヒカルが森見登美彦原作『ペンギン・ハイウェイ』主題歌、AL詳細も 4

    宇多田ヒカルが森見登美彦原作『ペンギン・ハイウェイ』主題歌、AL詳細も

  5. J・ビノシュ&岩田剛典が涙、永瀬正敏が微笑 河瀬直美『Vision』新予告編 5

    J・ビノシュ&岩田剛典が涙、永瀬正敏が微笑 河瀬直美『Vision』新予告編

  6. 桜井日奈子&吉沢亮と両親Sが語る 『ママレード・ボーイ』特別映像公開 6

    桜井日奈子&吉沢亮と両親Sが語る 『ママレード・ボーイ』特別映像公開

  7. 放送作家・倉本美津留が語る音楽仕事 最新の企画は「怖い童謡」 7

    放送作家・倉本美津留が語る音楽仕事 最新の企画は「怖い童謡」

  8. 黒木華&多部未華子が樹木希林の指導で四苦八苦 『日日是好日』特報公開 8

    黒木華&多部未華子が樹木希林の指導で四苦八苦 『日日是好日』特報公開

  9. 『鬼神童子ZENKI』漫画家の黒岩よしひろが心筋梗塞で逝去、55歳 9

    『鬼神童子ZENKI』漫画家の黒岩よしひろが心筋梗塞で逝去、55歳

  10. フィッシュマンズのアナログ盤が2作発売 ベスト&『Night Cruising 2018』 10

    フィッシュマンズのアナログ盤が2作発売 ベスト&『Night Cruising 2018』