特集 PR

「美しい」だけじゃない、シシド・カフカの本当の魅力

「美しい」だけじゃない、シシド・カフカの本当の魅力

インタビュー・テキスト
渡辺裕也
撮影:西田香織

国籍も背景も煙に巻かれたアーティスト名。はっとするほどの美貌から繰り出される、パワフルでエモーショナルなドラムボーカルの演奏スタイル。活動範囲も音楽業界だけに留まらず、モデルや役者の活動もこなし、早くも「一体何者なんだ?」と注目を集め始めているミュージシャン、シシド・カフカが、満を持してデビューシングル『愛する覚悟』をリリースする。

まずはフォトジェニックな美貌に気をとられてしまいそうだが、演奏家としての彼女はまさに叩き上げで、10代から先輩ミュージシャン達に揉まれてきた実力は折り紙つきだ。ほぼブラック一色で身を固めたクールなビジュアルも含めて、なかなか付け入る隙がなさそうにも感じるが、実際に話してみると実に快活でクレバーな女性。しかしその一方で、繊細さから生まれる葛藤も見え隠れする。自らを「器用貧乏」と言い、葛藤しながらも一歩ずつ自分の世界観を広げていくうちに、彼女の言う短所はマルチな才能という魅力に変わりつつあるようだ。その魅力を紐解いていけばいくほど、予想もしなかったような表情を見せてくれるシシド・カフカ。これは目が離せなくなりそうだ。

バンドマンとしてのいろんなことは、すべてThe Newsに叩き込まれました。

―こうしてソロアーティストとしてデビューされるわけですが、シシドさんの出自はやっぱりバンドマンですよね。自分はバンドマンだっていう自負もきっと強いんじゃないかと思ったんですが、どうでしょうか。

シシド:そうですね。これまでずっとバンドの中でドラムを叩いてきましたし、ドラマーとしていろんなバンドに関わらせてもらってきたので、私の中にある音楽の大半を占めている形は、やっぱりバンドで作られたサウンドなんです。だから、アーティストと言われるよりも、バンドマンとかミュージシャンと言われた方がしっくりくる感じはありますね。

シシド・カフカ
シシド・カフカ

―どのようにしてミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせたんですか。

シシド:高校生のときからバンドはやっていたんですけど、スタート地点と呼べるものは、やっぱりThe Newsっていうバンドに入ったことかな。The Newsは『いかすバンド天国』というテレビ番組がまだ始まったばかりの頃に出演していた女性のトリオバンドで、みなさん私のふたまわりくらい年上なんですけど、そのバンドの3代目ドラマーとして活動していた時期があるんです。そこでの活動がきっかけで、ダイアモンド☆ユカイさんや、頭脳警察のPANTAさん、マルコシアス・バンプの秋間経夫さんといった方々とも交流させていただけるようになって。バンドマンとしてのいろんなことは、すべてThe Newsに叩き込まれました。

―若くして、ミュージシャンとしての大先輩にあたる方々に揉まれてきたんですね。

シシド:確かに、「揉まれた」っていう表現が適切かもしれないですね(笑)。ホントにかわいがってくださって、たとえばバンドのリハーサルでセッションするときに「まずはドラムソロから始めて」と言われて、私が叩き始めると、The Newsの二人は楽器を置いてしまうんですよ。グルーヴが出てくるまで、私がドラムを叩いているところをずっと見ているんです(笑)。それで30分以上ドラムソロを続けたこともありましたね。

Page 1
次へ

リリース情報

シシド・カフカ<br>
『愛する覚悟』初回限定盤(CD+DVD)
シシド・カフカ

2012年9月19日発売
価格:1,600円(税込)
TECI-280

1. 愛する覚悟
2. サバイバル
3. a.notice
[DVD収録内容]
・“愛する覚悟”PV
・“デイドリームライダー”PV

シシド・カフカ<br>
『愛する覚悟』通常盤(CD)
シシド・カフカ
『愛する覚悟』通常盤(CD)

2012年9月19日発売
価格:1,200円(税込)
TECI-281

1. 愛する覚悟
2. サバイバル
3. a.notice
4. デイドリームライダー

プロフィール

シシド・カフカ

ドラマー/ボーカリスト。6月2日生まれ、175cm。メキシコで生まれ、アルゼンチンで中学時代を過ごす。14歳のときにドラムを叩き始め、18歳でプロミュージシャンの仲間入り。大島賢治(THE HIGH-LOWS)、平出悟(UVERworldプロデューサー)と出会い、ドラムボーカルとしての才能を開花。同時に、モデル、役者としても活動中。2012年5月16日「デイドリームライダー」で配信デビュー後、大きな話題を呼んだ。精力的にライブ活動も行っており、パワフルでアグレッシブな演奏と、ルックスからは想像できないエモーショナルなボーカルで観客を魅了している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. IZ*ONE宮脇咲良の“FIESTA”歌詞。日本語による再解釈を紐解く 1

    IZ*ONE宮脇咲良の“FIESTA”歌詞。日本語による再解釈を紐解く

  2. ユニコーンが全員で振り返る「100周年」。ド派手に活動した2019年 2

    ユニコーンが全員で振り返る「100周年」。ド派手に活動した2019年

  3. 西加奈子が書く、肯定の世界。完璧じゃない自分を認めて生きたい 3

    西加奈子が書く、肯定の世界。完璧じゃない自分を認めて生きたい

  4. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(前編) 4

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(前編)

  5. TWICEが対峙する「欲望」の複雑さ。『Eyes wide open』が表すもの 5

    TWICEが対峙する「欲望」の複雑さ。『Eyes wide open』が表すもの

  6. 元たま滝本晃司×知久寿焼×石川浩司の共演ライブが紫明会館で開催、配信も 6

    元たま滝本晃司×知久寿焼×石川浩司の共演ライブが紫明会館で開催、配信も

  7. 佐藤健×松丸亮吾が頭脳戦、ポケモンカードゲーム新CM「真剣勝負」篇 7

    佐藤健×松丸亮吾が頭脳戦、ポケモンカードゲーム新CM「真剣勝負」篇

  8. 宮崎駿企画、宮崎吾朗監督のCGアニメ『アーヤと魔女』12月30日にNHKで放送 8

    宮崎駿企画、宮崎吾朗監督のCGアニメ『アーヤと魔女』12月30日にNHKで放送

  9. 吉沢亮・渋沢栄一と草彅剛・徳川慶喜が運命の初対面、NHK『青天を衝け』 9

    吉沢亮・渋沢栄一と草彅剛・徳川慶喜が運命の初対面、NHK『青天を衝け』

  10. 君島大空、苦闘の第二作。狂騒と覚醒の狭間で、ひっつかんだ実感 10

    君島大空、苦闘の第二作。狂騒と覚醒の狭間で、ひっつかんだ実感