特集 PR

「美しい」だけじゃない、シシド・カフカの本当の魅力

「美しい」だけじゃない、シシド・カフカの本当の魅力

インタビュー・テキスト
渡辺裕也
撮影:西田香織

国籍も背景も煙に巻かれたアーティスト名。はっとするほどの美貌から繰り出される、パワフルでエモーショナルなドラムボーカルの演奏スタイル。活動範囲も音楽業界だけに留まらず、モデルや役者の活動もこなし、早くも「一体何者なんだ?」と注目を集め始めているミュージシャン、シシド・カフカが、満を持してデビューシングル『愛する覚悟』をリリースする。

まずはフォトジェニックな美貌に気をとられてしまいそうだが、演奏家としての彼女はまさに叩き上げで、10代から先輩ミュージシャン達に揉まれてきた実力は折り紙つきだ。ほぼブラック一色で身を固めたクールなビジュアルも含めて、なかなか付け入る隙がなさそうにも感じるが、実際に話してみると実に快活でクレバーな女性。しかしその一方で、繊細さから生まれる葛藤も見え隠れする。自らを「器用貧乏」と言い、葛藤しながらも一歩ずつ自分の世界観を広げていくうちに、彼女の言う短所はマルチな才能という魅力に変わりつつあるようだ。その魅力を紐解いていけばいくほど、予想もしなかったような表情を見せてくれるシシド・カフカ。これは目が離せなくなりそうだ。

バンドマンとしてのいろんなことは、すべてThe Newsに叩き込まれました。

―こうしてソロアーティストとしてデビューされるわけですが、シシドさんの出自はやっぱりバンドマンですよね。自分はバンドマンだっていう自負もきっと強いんじゃないかと思ったんですが、どうでしょうか。

シシド:そうですね。これまでずっとバンドの中でドラムを叩いてきましたし、ドラマーとしていろんなバンドに関わらせてもらってきたので、私の中にある音楽の大半を占めている形は、やっぱりバンドで作られたサウンドなんです。だから、アーティストと言われるよりも、バンドマンとかミュージシャンと言われた方がしっくりくる感じはありますね。

シシド・カフカ
シシド・カフカ

―どのようにしてミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせたんですか。

シシド:高校生のときからバンドはやっていたんですけど、スタート地点と呼べるものは、やっぱりThe Newsっていうバンドに入ったことかな。The Newsは『いかすバンド天国』というテレビ番組がまだ始まったばかりの頃に出演していた女性のトリオバンドで、みなさん私のふたまわりくらい年上なんですけど、そのバンドの3代目ドラマーとして活動していた時期があるんです。そこでの活動がきっかけで、ダイアモンド☆ユカイさんや、頭脳警察のPANTAさん、マルコシアス・バンプの秋間経夫さんといった方々とも交流させていただけるようになって。バンドマンとしてのいろんなことは、すべてThe Newsに叩き込まれました。

―若くして、ミュージシャンとしての大先輩にあたる方々に揉まれてきたんですね。

シシド:確かに、「揉まれた」っていう表現が適切かもしれないですね(笑)。ホントにかわいがってくださって、たとえばバンドのリハーサルでセッションするときに「まずはドラムソロから始めて」と言われて、私が叩き始めると、The Newsの二人は楽器を置いてしまうんですよ。グルーヴが出てくるまで、私がドラムを叩いているところをずっと見ているんです(笑)。それで30分以上ドラムソロを続けたこともありましたね。

Page 1
次へ

リリース情報

シシド・カフカ<br>
『愛する覚悟』初回限定盤(CD+DVD)
シシド・カフカ

2012年9月19日発売
価格:1,600円(税込)
TECI-280

1. 愛する覚悟
2. サバイバル
3. a.notice
[DVD収録内容]
・“愛する覚悟”PV
・“デイドリームライダー”PV

シシド・カフカ<br>
『愛する覚悟』通常盤(CD)
シシド・カフカ
『愛する覚悟』通常盤(CD)

2012年9月19日発売
価格:1,200円(税込)
TECI-281

1. 愛する覚悟
2. サバイバル
3. a.notice
4. デイドリームライダー

プロフィール

シシド・カフカ

ドラマー/ボーカリスト。6月2日生まれ、175cm。メキシコで生まれ、アルゼンチンで中学時代を過ごす。14歳のときにドラムを叩き始め、18歳でプロミュージシャンの仲間入り。大島賢治(THE HIGH-LOWS)、平出悟(UVERworldプロデューサー)と出会い、ドラムボーカルとしての才能を開花。同時に、モデル、役者としても活動中。2012年5月16日「デイドリームライダー」で配信デビュー後、大きな話題を呼んだ。精力的にライブ活動も行っており、パワフルでアグレッシブな演奏と、ルックスからは想像できないエモーショナルなボーカルで観客を魅了している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開