特集 PR

最後の1ピース KAGEROインタビュー

最後の1ピース KAGEROインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中慎一郎
2012/11/06

こうやって状態が揃ってきて、今思ってるのは、4人の中で次に変化しなきゃいけないのは僕なんだろうなって。(白水)

―『KAGERO ZERO』に入ってる唯一の新曲“Pyro Hippo Ride”はどのようにできたのですか?

白水:ツアーから帰ってきて2、3日後がレコーディングだったんだけど、ここまでライブを意識して作った曲は初めてかもしれない。間奏に絶対盛り上がる四つ打ちを入れたり、「こういう曲が映えるライブをしたい」って思って。

―萩原さん加入後にできてる新曲は、やっぱり全体的にこれまでとは違うテイストになってるんでしょうか?

白水:一曲一曲の振り切り方が前より大きいかも。前は曲を作るときアルバムのバランスを考えて作ってて、「何曲目の曲を作ろう」みたいな感じだったんですけど、最近は一曲一曲がよければいいかなって。それがたまってアルバムでいいんじゃないかって。

萩原:もちろん今までの曲もやってて楽しいんですけど、やっぱり今の4人で作った曲の方が好きなんですよね。僕の中ではこれ(『KAGERO ZERO』)が出るまでが一区切りで、これが出ちゃえば、今までのことは気にせず新曲も作れるかなって。

―『KAGERO ZERO』はもちろんベスト盤でもあり、今の4人のそのままを詰め込んだライブ盤というような印象も受けました。

白水:感覚的にはファーストを出したときに近いかも。ファーストはアマチュアのときのベストだから、それに近い感じ。今KAGEROを知らない人に、「何から聴けばいいですか?」って聞かれたときに、ファーストとかセカンドは音もテンポも今と全然違うし、てか人が違うしっていう(笑)。そういうときに、「これでしょ!」って言えるものを作らせてくれたっていうのは、CDが売れないこの時代に、ホントありがたいなって思いますね。

―途中で「今調子がいいからこそ、結果も出したい」というお話もありましたが、KAGEROの「目的」について最後に改めて聞かせてください。前回の取材のときに、KAGEROが変化をし続けていることに関して、変化が目的なのではなく、目的があって、そこにたどり着くための手段が変化なんだっていう話をしていただいたのがすごく印象的だったんですね。では、その「目的」とは何なのか? 枚数や動員といった数字的な部分もあるだろうし、もっと内面的な、自分の中での達成感もあると思うのですが、KAGEROが目指す「目的」について、話していただけますか?

白水:それは結構目の前のことだったりするんですよ。ここから先はハギじゃないと無理だと思ったのもそうだけど、俺がどうこうしても進めないなってことが常に目の前に出てくるんです。今は昔みたいにバンドの中だけで「よかったね」で終わらせていいレベルじゃないし、具体的に「武道館でやりたい」とかそういうことでもなく、KAGEROに求めることって年々変わっていって、目の前の障害も変わってくるから、それに対して向かっていくだけなんですよね。

―さらに次の目的に行くために、今必要な変化は何だと思いますか?

白水:こうやって状態が揃ってきて、今思ってるのは、4人の中で次に変化しなきゃいけないのは僕なんだろうなって。ハギが入って、Ruppaさんと智恵子は僕に寄って来てくれて、でも僕自身はそこまで変わったわけではないので。ただ、前よりライブで盛り上げたり……。

萩原:恥ずかしがらずに盛り上げられるようになってきたよね。

白水:そう、ドヤ顔で盛り上げられるように(笑)。

―さすが、萩原さんは白水さんのことをよくわかってますね。萩原さんはKAGEROの目的について、どうお考えですか?

萩原:僕は今までパンクとかハードコアばっかり聴いてて、数字に対してアンチな人たちとか、アバンギャルドな人が好きだったりもして、特に高校生の頃とかそんなのばっかり聴いてたから、染みこんでる部分はあるんですね。でも、このバンドに入って、ちゃんと数字が目に見えて出るっていう状況で、少なくとも、このバンドでお客さんがいないライブをやってもつまんないと思ったんですね。それを続けていくためには、数字とかいいライブが必要で、それをやりつつ4人とも曲がらない、曲を作るときに数字の比重が大きくなっていくようなバンドにはなりたくないですね。

白水:いや、そんな器用じゃないっすよ(笑)。

萩原:そうですね(笑)。

白水:どうすれば数字が出るかなんてわかんないもん。やり方があるなら、教えてほしい(笑)。だから、まずは目の前だけを見て、今はライブで自分たちもお客さんもホントに楽しめるようにっていう、それを考えていくだけじゃないですかね。

Page 3
前へ

イベント情報

『KAGERO ZERO Release Party』

2012年11月9日(金)
会場:東京都 渋谷 UNDER DEER LOUNGE
出演:KAGERO
※二部構成で実施、ゲスト参加者あり

『KAGERO ZERO release tour「ZERO WAY」』

2012年11月15日(木)
会場:北海道 札幌 KLUB COUNTER ACTION

2012年12月15日(土)
会場:栃木県 宇都宮 HELLO DOLLY

2012年12月22日(土)
会場:神奈川県 横浜 OTONAMA CIRCUIT -2012 WINTER CHRISTMAS SPECIAL-

2013年1月14日(月・祝)
会場:宮城県 仙台 RIPPLE

2013年1月26日(土)
会場:愛知県 名古屋 池下CLUB UPSET

2013年1月27日(日)
会場:茨城県 水戸 club SONIC mito

2013年2月2日(土)
会場:兵庫県 神戸 BLUEPORT

『KAGERO ZERO release tour「ZERO WAY」Tour Final 2Days』

2013年2月8日(金)、2月9日(土)
会場:東京都 下北沢 SHELTER

リリース情報

KAGERO<br>
『KAGERO ZERO』(CD)
KAGERO
『KAGERO ZERO』(CD)

2012年11月7日発売
価格:2,000円(税込)
RAGC-005

1. DEATHVALLEY HIPPY DUCK
2. SCORPIO
3. Pyro Hippo Ride
4. YELLOW
5. ROYAL KLOVER CLUB
6. GAS
7. HOT ROD DEVIL
8. HYSTERIA
9. CHEMICAL ONE
10. MR.BROADKASTER
11. JAILBIRD
12. AIR
13. sheepless, but feel alright

プロフィール

KAGERO

白水悠(Ba)、佐々木“Ruppa”瑠(Sax)、菊池智恵子(Piano)、萩原朋学(Drums)。ジャズカルテット編成の常識を覆す攻撃的な轟音とパンクスピリット溢れるライブパフォーマンスを武器に、活動当初から都内アンダーグラウンドシーンを席巻。ジャズ、パンク、ハードコアシーンを股にかける異端児として、国内外問わず注目を集めている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 新しい学校のリーダーズが世界へ。「自分らしさ」を探る旅路 1

    新しい学校のリーダーズが世界へ。「自分らしさ」を探る旅路

  2. ROTH BART BARON三船との対話 日本の音楽に宿るルーツを巡って 2

    ROTH BART BARON三船との対話 日本の音楽に宿るルーツを巡って

  3. 長瀬智也×宮藤官九郎『俺の家の話』 キャストや見どころ紹介 3

    長瀬智也×宮藤官九郎『俺の家の話』 キャストや見どころ紹介

  4. Perfumeがリーバイス「Levi's RED」新キャンペーンに起用、特別映像公開 4

    Perfumeがリーバイス「Levi's RED」新キャンペーンに起用、特別映像公開

  5. 西野七瀬が教師役で登場 神木隆之介、松本穂香ら出演au「高杉くん」新CM 5

    西野七瀬が教師役で登場 神木隆之介、松本穂香ら出演au「高杉くん」新CM

  6. カシオ「BABY-G」×ピカチュウのコラボモデル「BA-110PKC」販売 6

    カシオ「BABY-G」×ピカチュウのコラボモデル「BA-110PKC」販売

  7. 成人が「12歳の少女」としてSNS登録 性的搾取の実態追う記録映画『SNS』 7

    成人が「12歳の少女」としてSNS登録 性的搾取の実態追う記録映画『SNS』

  8. 『映画秘宝』年間映画ベスト&トホホ10に斎藤工、のん、宇多丸ら153人参加 8

    『映画秘宝』年間映画ベスト&トホホ10に斎藤工、のん、宇多丸ら153人参加

  9. 綾野剛主演『ホムンクルス』場面写真一挙公開 成田凌、岸井ゆきのらの姿も 9

    綾野剛主演『ホムンクルス』場面写真一挙公開 成田凌、岸井ゆきのらの姿も

  10. 川崎鷹也が語る、世間に見つかるまでの葛藤と、根底にある「愛」 10

    川崎鷹也が語る、世間に見つかるまでの葛藤と、根底にある「愛」