特集 PR

ぶれない強さ DAISHI DANCEインタビュー

ぶれない強さ DAISHI DANCEインタビュー

インタビュー・テキスト
渡辺裕也
2012/11/21

恐らくどこを見渡しても、現時点でDAISHI DANCEほどポップミュージック全体に深くコミットできているダンスミュージッククリエイターはまず見当たらないだろう。2006年のデビュー以来、彼の動向はクラブ界隈だけでなくメインストリームでも注目されるようになり、ジブリ作品のカバー作『the ジブリ set』のヒットはそこに拍車をかけた。さらにはAFTERSCHOOLやRAINBOWといった韓国の音楽シーンを代表するアーティストに楽曲提供を手掛けるなど、彼の存在感は日韓のポップシーンを横断できる数少ないクリエイターとしても日増しに強まってきている。

そんなDAISHI DANCEのオリジナルとしては3年ぶりとなるアルバム『WONDER Tourism』は、ジャンルレスなゲスト陣も手伝って、彼のしなやかなフットワークが存分に発揮された作品だ。そして今回直接話を聞いてみて感じたのは、このクリエイターの振れ幅はまだここから先も大きくなりそうだということ。こちらの予想よりはるかに柔らかな物腰と口調で、DAISHI DANCEは語り始めた。

どうやらDAISHI DANCEの常連さんたちは、いま遠征ブームらしいんです(笑)。

―ブログを拝見したのですが、風景を撮影したお写真をたくさん載せていますよね。中でも電車が多くて。

DAISHI:小学生の頃から鉄道マニアなんです(笑)。そこから乗り物全般が好きになって。 昔から鉄道の写真を撮りに行ってたし、戦闘機、航空機、空母とかも好きで、いまだに航空ショーにはよく一人で行きます(笑)。ホントいろんなところに行っていて、関東だったら横田基地はほぼ毎年行ってたり。あとは地元の新千歳空港でやる航空自衛隊のショーとか。

撮影:DAISHI DANCE
撮影:DAISHI DANCE

―毎年ですか(笑)。見に行くたびに変化があるんですか?

DAISHI:いやぁ、毎年同じなんですけどね(笑)。地元の神社でやるお祭りに毎年行っちゃうような感じで。

―そういえば、アルバムの冒頭も踏切の音でしたね(笑)。

DAISHI:あの音も自分でフィールドレコーディングしています。札幌に、よく行く車両基地があるんですよ。電車が走る音はどこでも簡単に録れますが、それだと音が速すぎて、イントロのスピード感じゃないんです。でも、車両基地の引き込み線の踏切だとゆっくりした音が拾える。それで3日間くらい通って、いいものが録れたんです。また鉄道マニアっぽい話ですけど(笑)。

撮影:DAISHI DANCE
撮影:DAISHI DANCE

―アルバムの冒頭ですから、そこはこだわりますよね。

DAISHI:アルバムのタイトルは日本語にすると「摩訶不思議な旅」みたいな感じなんですけど、たとえば通勤中の山手線でイントロのメロディーを聴いてもらったとしても、きっと違う空間に誘ってくれるようなものになってるんじゃないかなって。

―写真の撮影は音楽制作になにか影響しているのでしょうか。

DAISHI:僕は札幌に住みながら毎週全国各地に行っているので、年間で150、ピークで200回くらいは飛行機に乗っていて。それで訪れた各地のパワースポットや移動中の風景なんかをブログにアップすると、どうやらリスナーの中でその写真と僕の音楽のイメージがリンクすることがあるみたいなんです。中にはその写真を携帯の待ち受けに使っている人もいて。だから、自分のアルバムを聴いてその場所に行ってみたいと思ってくれたら嬉しいなと思って撮ってます。それがまず1点ですね。

―では、2点目は?

DAISHI:僕は移動中に企画のアイデアや曲の構成を考えることが本当に多くて。毎週いろいろな海外の新しい音源を買ってはそれをクラブでプレイして、お客さんのリアクションからいつもインスピレーションを受けているんですけど、同時に移動先で日本の原風景を見てはその写真を撮っていて、それも自分の制作にリンクするんです。いつも同じような制作環境にこもるんじゃなくて、旅先で受けた様々なインスピレーションを札幌のスタジオで形にして、また次の旅に出る。そういうサイクルで僕はずっとやっているので。

撮影:DAISHI DANCE
撮影:DAISHI DANCE

―なるほど。だからずっと札幌を拠点とされているんですね。

DAISHI:生まれてからずっと同じ地区に住んでいるんですよ。そのおかげで一歩引いてシーンを見れるというか。お盆とか正月に地元に帰ると、1回自分をリセットできる感じがしますよね? あれを僕は毎週やっているんです。そのリフレッシュ感がよくて。それに、環境を変えないから軸がぶれないっていうところもあると思う。

―あの写真はDAISHI DANCEさんが受けたインスピレーションの断片みたいなものだったんですね。あるいはDAISHI DANCEさんの視点をリスナーが共有するためのものというか。

DAISHI:どうやらDAISHI DANCEの常連さんたちは、いま遠征ブームらしいんです(笑)。各地区にいる常連さんたちのコミュニティー同士で交流があるんですよ。みんなでクラブを一緒にツアーして、観光がてらに各地のファン同士で交流して楽しんでいるみたいで。ブログに僕が写真をアップしていることで、たとえば東京の人が「大阪すごく盛り上がってるんだな」と思って実際に駆け付けてくれたりする状況が起きていて。そういう意味でも写真は活動のプラスになっています。

Page 1
次へ

リリース情報

DAISHI DANCE<br>
『WONDER Tourism』(CD)
DAISHI DANCE
『WONDER Tourism』(CD)

2012年11月14日発売
価格:2,800円(税込)
UPCH-1895

1. Have a nice trip!
2. FANTASTIC JOURNEY feat. Crystal Kay
3. Free feat. blanc.
4. Take me hand feat. Cecile Corbel
5. Last Quarter
6. Traditional Island feat. 吉田兄弟×Tetsushi Hiroyama(ORIONBEATS、RYUKYUDISKO)
7. Reflector feat. 姫神
8. Life feat. Pixie Lott
9. see you next morning
10. HOME LINER
11. A.T.W ! feat. GILLE×SHINJI TAKEDA
12. NEW GATE feat. NOISEMAKER
13. PARTYRUNWAY
14. Many Many Many stars away feat. COLDFEET(MITOMI TOKOTO Limited Express mix.)
15. Predestinate feat. 麻衣

リリース情報

DAISHI DANCE<br>
『WONDER Tourism』
DAISHI DANCE
『WONDER Tourism』

2012年11月14日発売
価格:2,800円(税込)
UPCH-1895

1. Have a nice trip!
2. FANTASTIC JOURNEY feat. Crystal Kay
3. Free feat. blanc.
4. Take me hand feat. Cecile Corbel
5. Last Quarter
6. Traditional Island feat. 吉田兄弟×Tetsushi Hiroyama(ORIONBEATS、RYUKYUDISKO)
7. Reflector feat. 姫神
8. Life feat. Pixie Lott
9. see you next morning
10. HOME LINER
11. A.T.W ! feat. GILLE×SHINJI TAKEDA
12. NEW GATE feat. NOISEMAKER
13. PARTYRUNWAY
14. Many Many Many stars away feat. COLDFEET(MITOMI TOKOTO Limited Express mix.)
15. Predestinate feat. 麻衣

プロフィール

DAISHI DANCE

札幌を中心に活動するハウスDJ。メロディアスなHOUSEからマッシブなHOUSEまでハイブリッドでカッティングエッジなDJスタイルでダンスフロアに強烈なピークタイムと一体感を創り出す。ピアノやストリングスを軸としたメロディアスな楽曲プロデュースが特徴的。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」