特集 PR

Red Dracul Scar Tissueとの意外なコラボ Jazztronikインタビュー

Red Dracul Scar Tissueとの意外なコラボ Jazztronikインタビュー

インタビュー・テキスト
澤田大輔
2012/12/13

Jazztronikこと野崎良太が、コンセプトからして面白い二枚の作品を世に送り出す。ひとつは謎のプロジェクト「Red Dracul Scar Tissue」とのコラボによるflumpool楽曲のリミックス集『experimental』。もうひとつはスタジオライブレコーディングによるベストアルバム『Studio Live Best』だ。後者はいわゆるライブ盤ともベスト盤とも異なるし、前者は一般的なリミックスとは一味違った仕上がり。クラブミュージックをベースにしつつ、ボーダーレスなサウンドを一貫して展開してきたJazztronikだが、その固定概念やジャンルに縛られない柔軟な姿勢は、この二枚からも如実に伺える。両作品の制作過程を追いながら、リミックスやポップミュージック観、ライブなどについて大いに語ってもらった。

ジャズというテーマが先にあったんですが、flumpoolの楽曲を聴いて、正直最初はどうしたら良いか悩みました。

まずは謎のバンパイアバンド「Red Dracul Scar Tissue(以下:レックル)」とコラボレーションしたflumpoolのリミックスアルバム『experimental』について話を伺おう。

Red Dracul Scar Tissue
Red Dracul Scar Tissue

flumpoolがアルバムをリリースするタイミングになると、突如姿を現しリミックスを行うことで知られているレックルだが、これまではエレクトロやテクノといったダンスミュージック寄りのリミックスが中心だった。しかし今作『experimental』のテーマは、なんと「スモーキーなジャズ」。Jazztronikとコラボレーションをすることで、flumpoolのエモーショナルなロックチューンの数々を、大人仕様のクールなサウンドへと変換している。

野崎:今まで100曲以上リミックスをやってきましたが、1アーティストの楽曲を、テーマを決めて何曲もリミックスするのは初めてだったので、面白そうだと思い参加させてもらいました。ジャズというテーマが先にあったんですが、flumpoolの楽曲を聴いて、正直最初はどうしたら良いか悩みました。まずは既存のコードを壊して行くことから始めたんですけど、彼らの楽曲は非常に凝っていて、むしろ取りかかってみると複雑なコード進行などにも全然対応してくれる楽曲ということがわかって。そこからは意外とスムーズに進みました。flumpoolは凄く丁寧に音楽を作っているんだなと思いましたね。ロックバンドにはない構成だったりコード進行だったり、曲を作る人間としては、そういったところにとても魅力を感じました。

ジャジーなflumpool……そう言われても、まるで仕上がりが想像できないかもしれない。実際、ネガとポジを反転させるかのような大胆極まりないリミックスぶりなのだが、それでいてなんの違和感もなく成立してしまっていることに驚かされる。どの楽曲も、ボーカルとメロディーはそのままに、それ以外の要素を一新。エレガントなアンサンブルを緻密に作り上げており、何気なく耳にしたらこれがオリジナルバージョンだと思ってしまうかもしれない。ピアニストや作編曲家としての側面も持ち合わせ、サントラからポップスまでの仕事を幅広くこなす野崎の職人気質がいかんなく発揮されている。

野崎:やっぱり原曲とは全く違う楽しみ方をしてもらえると良いなという意識はありましたね。今回は通常のリミックスとは異なり、リアレンジに近いものになったかと思います。実際の作業はピアノとドラムを打ち込み、ブラス、ベース、ギターは生楽器に差し替え、歌のことも意識しながら進めました。打ち込みのピアノとドラムも、他の楽器と馴染むような質感を出すことを心がけましたね。

Page 1
次へ

リリース情報

Red Dracul Scar Tissue×Jazztronik『experimental』(CD)
Red Dracul Scar Tissue×Jazztronik
『experimental』(CD)

2012年12月12日からタワーレコード限定発売
料金:1,500円(税込)
AZCS-1021

1. Answer
2. Because... I am
3. 証
4. どんな未来にも愛はある
5. Touch
6. Present

Jazztronik『Jazztronik Studio Live Best』(CD)
Jazztronik
『Jazztronik Studio Live Best』(CD)

2012年12月19日発売
価格:2,500円(税込)

1. Opening
2. Voyage
3. Love Tribe
4. 守破離
5. Black Dragon
6. Mista Swing
7. Tiger Eyes
8. Beauty Flow
9. Sweet Rain
10. 七色
11. Butterfly Dance
12. Samurai -侍

プロフィール

Jazztronik

ピアニスト、DJ、作編曲家の野崎良太による、特定のメンバーを持たない自由なミュージック・プロシェクト。1998年、Flower Recordsより初リリース。 昨今はドラマ/映画音楽の作曲にも積極的に取り組むなど、クラブ・ミュージックだけにはとどまらない独自の活動を展開している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」