特集 PR

「今も青春の真っ只中」シャムキャッツ×小田島等対談

「今も青春の真っ只中」シャムキャッツ×小田島等対談

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中慎一郎

「あんな服着てみよう、こんな服着てみよう」とか、「彼女に優しくしてみよう、冷たくしてみよう」とか、そんな感じでしょ?(小田島)

―小田島さんは、ジャケットを作るときに、詞をからイメージを広げるのですか? それとも、音や全体的な雰囲気からインスパイアされることが多いですか?

小田島:うーん……。とにかく僕はシャムキャッツのことが好きなので、わかっちゃう。セカンドアルバムなんて責任重大だし、結構悩んで、締め切り、ちょっと遅れちゃってね(笑)。

夏目:そうだね(笑)。曽我部さんに、「小田島くん、大丈夫?」って訊かれて、「全然大丈夫ですよ」って答えたら、「小田島くん、いつかドカンと来るよ」って言われた(笑)。

シャムキャッツ

小田島:あの人僕のことなんでも知ってますから(笑)。まあ、だから音や詞からというよりも、「わかるから」って感じかな。この12曲は、全方位にあらゆるエネルギーを放出していて、それをジャケットで包括せねばならないと。「包括」っていうと閉じ込めるような印象だけど、そうじゃなくて、放出してるエネルギーをもっと出す、その一種の潤滑油的な装置としてのビジュアルじゃなきゃいけないと思って。この水晶玉のような12曲の世界を、もっと外側に、グワーと拡散させる役割ですね。そのお手伝いのひとつになればなって。

夏目:見たことないジャケだよね。今まで見たことのないものが出てきた。

小田島:やっぱり危機っていうのは人にとっていい場合もあるんですよね、対応しようとするから。もちろん原発事故がよかったなんて言うことはできないけど、今の有事があって、こんな素晴らしい作品が出るっていうのはあるのかもしれないね。

夏目:うん、いろいろ真剣に考えなきゃいけなくなっちゃったしね。

小田島:君らのようにホントに真っ直ぐな青年たちがね、こんな時代に何か作んなきゃいけないなんて、非常に酷な話だと思いますけど、頑張ってほしいと思います。僕も一生懸命、頑張らなくちゃいけないし。

―今回のジャケットにもどことなく懐かしさを感じたのですが、シャムキャッツの音楽や、小田島さんの作品には、青春が今も続いているような感覚があると思うんですね。そういうことって意識されましたか?

小田島:あのさ、青春って、終わると思うじゃん? 終わらないでやんの(笑)。

夏目:うん、そうだよね、きっと(笑)。

夏目知幸

小田島:終わらないで、高円寺フラフラしてたら、僕たち会っちゃったわけじゃん? みんなも今青春でしょ?

夏目:全然青春、やっと面白くなってきたよ。

小田島:そうだよね。「あんな服着てみよう、こんな服着てみよう」とか、「彼女に優しくしてみよう、冷たくしてみよう」とか、そんな感じでしょ?

夏目:うん、そんな感じ(笑)。

小田島:いやあ、でもホント、このアルバム僕は好きだなあ。それぞれの暮らしに潜入していって欲しい。みんなもこれを青春のBGMにしたらいいと思う。

夏目:自分が高校生のときに、これが家にあったような気がする。このジャケットも、見たことないんだけど、自分の部屋にあったような気がしてくるんだよね。

小田島:わかる。車のダッシュボードのとこにあった気がする。19歳の頃に、車を持ってるボンボンの同級生がいてね、よくその車であっちこっち行ってたのよ。Primal Scream聴いてさ、朝まで遊んでね。

夏目:きっとその車にあったね、これ。

Page 4
前へ

リリース情報

シャムキャッツ『たからじま』(CD)
シャムキャッツ『たからじま』(CD)

2012年12月5日発売
価格:2,500円(税込)
PCD-18693

1. なんだかやれそう
2. 本当の人
3. SUNNY
4. シンパシー
5. No.5
6. 手紙の続き
7. さよならアーモンド
8. おとといきやがれ
9. 渚
10. 金太郎飴
11. スピークアウト
12. YOU ARE MINE

  • Amazonで購入する
  • プロフィール

    シャムキャッツ

    東京を中心に活動している4人組ロックバンド。2007年頃から活動開始。2009年4月に1stアルバム『はしけ』をリリース。以降、枠にはまらない楽曲と自由なステージングで、その独特な存在感はじわじわと広がりを見せる。2010年、「DEMO SINGLE SERIES」と銘打ったCD-R作品を3作連続リリースし全てソールドアウト。2011年、3月9日に1stシングル「渚」、8月24日に2ndシングル「サマー・ハイ」をリリース。どちらも良い感じにヒット。11月23日にミニ・アルバム『GUM』をリリース。2012年12月5日に約3年半ぶりのフル・アルバム『たからじま』をP-VINE RECORDSよりリリース。

    小田島等

    1972年東京生まれ。イラストレーター / デザイナー。桑沢デザイン研究所卒業。1990年に「ザ・チョイス」入選。95年よりCD、広告物、書籍装丁のアートディレクションを多数手がける。同時に漫画家、イラストレーターとして活動。近年では展示活動も精力的に行う。近著に自身のアーカイブ的作品集『ANONYMOUS POP』がある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ユニクロ「ドラえもんUT」登場 名言入り配送ボックスも用意 1

    ユニクロ「ドラえもんUT」登場 名言入り配送ボックスも用意

  2. 米津玄師の新AL『STRAY SHEEP』パッケージ公開 本日“感電”初オンエア 2

    米津玄師の新AL『STRAY SHEEP』パッケージ公開 本日“感電”初オンエア

  3. 花盛友里の写真集『NUIDEMITA ~脱いでみた。2~』刊行 写真加工一切なし 3

    花盛友里の写真集『NUIDEMITA ~脱いでみた。2~』刊行 写真加工一切なし

  4. 『MIU404』放送開始。綾野剛×星野源らキャストによる「刑事ドラマ」 4

    『MIU404』放送開始。綾野剛×星野源らキャストによる「刑事ドラマ」

  5. 都築響一が語る、日本のファッションの面白さ、本当のかっこよさ 5

    都築響一が語る、日本のファッションの面白さ、本当のかっこよさ

  6. 『アングスト/不安』に石野卓球、相沢梨紗、大石圭、江戸木純らがコメント 6

    『アングスト/不安』に石野卓球、相沢梨紗、大石圭、江戸木純らがコメント

  7. 長澤まさみの主演映画『MOTHER マザー』にYOU、米倉涼子らがコメント 7

    長澤まさみの主演映画『MOTHER マザー』にYOU、米倉涼子らがコメント

  8. アップリンク元従業員らが浅井代表のパワハラ「謝罪声明」を批判 8

    アップリンク元従業員らが浅井代表のパワハラ「謝罪声明」を批判

  9. 平野啓一郎と観る西洋絵画。「よくわからない」も楽しみ方の一つ 9

    平野啓一郎と観る西洋絵画。「よくわからない」も楽しみ方の一つ

  10. スピッツ、リモート制作による新曲『猫ちぐら』配信 ジャケットは長崎訓子 10

    スピッツ、リモート制作による新曲『猫ちぐら』配信 ジャケットは長崎訓子