特集 PR

忘れられない気持ちがある 荒川ケンタウロスインタビュー

忘れられない気持ちがある 荒川ケンタウロスインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作

荒川ケンタウロスが1stミニアルバム『遊覧船の中で見る夜明けはいつも以上に美しい』で見せた輝きは鮮烈だった。年齢的には20代後半でありながら、バンド経験の少ないメンバーも含んだことによる初期衝動的な輝きによって、すべての楽曲がキラキラとまばゆい光を放っていたのだ。そんな作品と共に、2012年を全速力で駆け抜けたバンドを取り巻く状況は、1年前とは比べものにならないほど広がったと言える。しかし、その輝きが強くなればなるほど、そこには影も生まれるというもの。「もっと先へ進みたい」という気持ちが生まれた一方で、これまでにはなかった問題も当然浮かび上がってきている。

「街」をテーマにしたという2ndミニアルバム『Apartment』は、そんな現実と向き合いながらも、それでも色褪せることのない輝きを見事に示した作品である。前作よりもちょっとだけシリアスに、しかし、楽しむことは忘れずに、しっかりと未来を見つめている5人の姿がここにはある。楠本(Gt)、一戸(Vo,Gt)、場前(Key)の発言から、2012年の荒川ケンタウロスを追った。

地方遠征、野外フェスティバル出演……動き始めた物語

荒川ケンタウロスにとっての2012年は、間違いなく飛躍の年だった。デビューシングル『天文学的少年』に続いて、1stミニアルバム『遊覧船の中で見る夜明けはいつも以上に美しい』を2011年11月に発表すると、「タワレコメン」や「iTunes今週のシングル」に選ばれるなど、大きな注目を獲得。2012年は初の地方遠征にも乗り出し、『SAKAE SP-RING』や『MINAMI WHEEL』といったサーキット型のイベントへの出演も大盛況で終えている。彼らの物語は、大きく動き始めたのだ。

楠本:予想外でないと言ったら偉そうですけど(笑)、地道にやってきた成果が出たんじゃないかと思ってます。自分たちのやってることに自信はありましたけど、やっぱり不安もあったので、それが結果として表れたことで、確信に変わった気がします。今は「もっと行ける」っていう気持ちが強いですね。

一戸:初めての遠征のときは、「ライブをやったこともない、友達もいない場所でやって、うちらを聴きに来てくれる人がいるんだろうか?」って思いながら行ったんですけど、でも行ってみたら来てくれる人がいて、それを重ねていくうちに、自信がついてきた気がします。

場前:都内のライブにしても、チケット予約とか全然なかった頃に比べて、今はライブをやれば予約をしてくれる人がいて、そういう実感と、「ここからもっと広げていきたい」っていう欲求が合わさってる感じですね。

地方遠征が初めてだった彼らにとって、神戸の『COMIN'KOBE』や富山の『BEATRAM MUSIC FESTIVAL』といった大型フェスティバルへの出演ももちろん初めて。中でも、『BEATRAM MUSIC FESTIVAL』への出演には、それぞれの感慨があったようだ。

『COMIN'KOBE』での演奏風景
『COMIN'KOBE』での演奏風景

一戸:僕はフェスって今まで一度も行ったことがなかったんですけど、その日に夕暮れどきのステージを見て、「ああ、あそこに立ちたい」ってすごく思いました。僕らは小さいステージだったので、大きいステージに対する憧れが生まれましたね。

楠本:2005年にフィッシュマンズが(忌野)清志郎さんとかいろんなボーカリストを迎えて『RISING SUN ROCK FESTIVAL』でライブをやるって決まったときに、お金なかったんですけど、どうしても行きたくて、青春18切符で、鈍行で、2日間かけて北海道に行って、寒さで死にそうになりながら見た思い出があるんです(笑)。そのときも黄昏どきから夜にかかる時間帯で、それも思い出しつつ、次はもっとでかいステージでそれを味わいたいと思いました。

左から:場前、一戸、楠本
左から:場前、一戸、楠本

2012年の様々な活動を通じて得た自信は、バンドをもっともっと前に進めたいという欲求を呼び起こすこととなった。前作から、ちょうど1年ぶりのリリースとなる2ndミニアルバム『Apartment』は、そんな欲求の中から生まれた作品だ。

一戸:前回CDを出したときは、出せたことが嬉しかったんで、「これを果たして誰が聴くんだろう?」って気持ちだったんですけど、今回は「このCDを売りたい」ってすごく思ってます。もっといいライブがしたいし、もっと売れたいっていう意識が強くなってますね。

こんな発言の一方で、楠本は自分たちの「変わらなさ」についても語る。

楠本:自信がついたっていうのはあるんですけど、じゃあこの1年で劇的に変わったかっていうと、特にそういうわけではないと思うんです。「音楽でやっていきたい」っていう気持ちは1枚目を出したときからあったんで、そこはずっと変わってないと思うんですね。自分勝手にやってるわけではないので、周りの反応に対してちゃんと応えたいとは思うんですけど、「楽しいからやってる」っていう部分も変わらないですからね。

Page 1
次へ

リリース情報

荒川ケンタウロス『Apartment』(CD)
荒川ケンタウロス『Apartment』(CD)

2012年11月21日発売
価格:1,800円(税込)
exPoP!!!!! Label / EXPP-1003

1. アパート
2. superstar
3. 夕凪
4. ニュータウン
5. 春
6. まちぶせ
7. コース

イベント情報

『荒川ケンタウロス レコ発ワンマン「Apartment」〜いつかは持ちたい一軒家〜』

2013年2月16日(土)
会場:東京都 新宿 MARZ

プロフィール

荒川ケンタウロス

2009年7月頃から、国分寺を拠点に活動を開始。地道なライブ活動を続けていたが、2010年、著名アーティストが数多く出演してきたイベント『exPoP!!!!!』に一般公募枠で出演。以降、sleepy.ab、音速ラインとの共演やするなど、2011年に入り急速に注目を集め始める。同年11月に1stミニアルバム『遊覧船の中で見る夜明けはいつも以上に美しい』をリリース。キャッチコピーは、「小粋にポップでゲームのような軽快さと、ドラマティックさのエッセンスが、ずん胴鍋でごった煮。そんなエクセレントな時間を、おしゃまな5人組がお届けします」

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 1

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  2. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 2

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  3. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 3

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  4. カネコアヤノが歌う、変わっていく覚悟 中野サンプラザ公演を観て 4

    カネコアヤノが歌う、変わっていく覚悟 中野サンプラザ公演を観て

  5. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 5

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  6. 音楽イベント『森、道、市場 2021』タイムテーブル発表 6

    音楽イベント『森、道、市場 2021』タイムテーブル発表

  7. Homecomings福富が語る原点 寂しさを手放さず、優しさで戦う 7

    Homecomings福富が語る原点 寂しさを手放さず、優しさで戦う

  8. 東京事変が『ガッテン!』『笑う洋楽展』『ムジカ・ピッコリーノ』ジャック 8

    東京事変が『ガッテン!』『笑う洋楽展』『ムジカ・ピッコリーノ』ジャック

  9. 木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由 9

    木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由

  10. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 10

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」