特集 PR

次元の違う場所に行くために おおたえみりインタビュー

次元の違う場所に行くために おおたえみりインタビュー

インタビュー・テキスト
柴那典
撮影:西田香織

彼女がピアノの前に座ると、ピンと張り詰めた空気が生まれる。歌い始めると、その瞬間から目が離せなくなる。ライブを観た人は一様に息を呑み、「天才だ」と声を揃える。そういうタイプのシンガーソングライターが、おおたえみりだ。

昨年8月に19歳でデビュー、『セカイの皆さんへ / 集合体』『セカイの皆さんへ2 / 最短ルート』『セカイの皆さんへ3 / かごめかごめ'12』という3作のDVD+CD作品をリリースしてきた彼女。基本的にはピアノの弾き語りを中心にしたスタイルだが、その音楽性には既存のポップのフォーマットには一切とらわれない自由さがある。跳ねまわるタイム感と奔放なメロディーを持った楽曲を、まるで乗りこなすように歌う。ときに「死」に触れる歌詞の言葉にも、突き抜けた鋭さがある。

その圧倒的なパフォーマンスは、果たしてどんな感性から生み出されているのか。ときおり長い沈黙の中で考えながら、彼女は小さな声で一つ一つの問いにしっかりと答えてくれた。

私がすごくワガママだったんです。練習をすごく嫌がっていて。そしたら、ピアノの先生が「自由に弾きなさい」と言ってくれて。

―おおたえみりさんの音楽を初めて聴いたときに、ゾクゾクした感触があったんです。これまで見たことがないものだし、突き抜けているし、しかもポップな感覚があった。すごく自由だし、しかも音楽と一つになっている感じがあった。すごい! って思ったんですね。

おおた:ありがとうございます。

―なので、おおたえみりさんがどんな風に音楽と触れ合ってきたのかをまず聞こうと思うんですけれども。最初に曲を作ったのは、小学生のころなんですよね。

おおた:そうです。3歳からピアノを習っていて、その中で曲を作ることをやってきました。それじゃなく、今に通じるような歌詞付きの曲を最初に作ったのが14歳くらいです。

―そのときから作っていた曲が、DVDやCDに入っている曲?

おおた:そうですね。今回の第3弾に入っているのが、すごく初期の曲です。

―これまでに発表された中で、一番古い曲は?

おおた:“トマトソング”が一番古いです。その後に、奇をてらうブームがおきて“郵便局員タカギ”を作って。そのあと、調を変わったものにするブームがおきて“きんちゃく”を作って。その後、かなり大きくなって、大人の雰囲気が出てきたなってときに、“シャンデリア”を作りました。

―10代のときに、自分の中でいろんな作曲スタイルのブームがあったんですね。

おおた:今でもあります。

―そういうブームは、どんな風にして生まれたんですか?

おおた:他の人に言われた言葉を受けて、考えて、出てくるものとかですね。“トマトソング”を作って、これはすごく変わってる曲だって褒めてもらって。そこから奇をてらうブームが起きたり。そんな感じです。

―ピアノはほぼ独学ということですけれども、どのくらいから自分の弾き方で演奏するようになったんでしょう?

おおた:私がすごくワガママだったんです。練習をすごく嫌がっていて。そしたら、ピアノの先生が「自由に弾きなさい」と言ってくれて。小学校を卒業するくらいまで先生に教わっていたけれど、好きな風に弾きながら、先生が弾くクラシックの曲を身体で覚えるという練習の仕方をしていて。

―それが今につながっている、と。

おおた:そうです。で、自分の弾き方を考えだすきっかけになったのが、ピアノにコードがあるということを知ったことで。楽譜を買うようになって、ここに書いてある「A」ってなんだろう? と思って。コードって簡単だったんですよね。楽譜は読めなくてもコードはわかる。それから歌詞のある曲を作れるようになりました。コードのおかげです。

おおたえみり
おおたえみり

―それが14歳くらいのお話ですね。いつごろにミュージシャンとしてやっていく心づもりが決まりました?

おおた:それはやっぱり、コンテストで「いいね」って言ってもらえたからだと思います。

―『The 1st Music Revolution JAPAN FINAL』でグランプリを受賞したのが、15歳のころですよね。普通の15歳って、将来どうするかとかイメージしてないと思うんですけれども。僕なんか、全然考えてなかった。

おおた:私も考えなかったです(笑)。

―でも、音楽が仕事になればいいという気持ちはあった?

おおた:なれそうだなっていうのはありました。なりたくてなれるものじゃないし、運がありそうだから、このままやってみようかなって。

Page 1
次へ

リリース情報

おおたえみり『セカイの皆さんへ3 / かごめかごめ'12』(DVD+CD)
おおたえみり『セカイの皆さんへ3 / かごめかごめ'12』(DVD+CD)

2013年1月30日発売
価格:1,890円(税込)
cutting edge / CTBR-92087/B

[DVD収録内容]
1. トマトソング
2. 調整中
3. きんちゃく
4. シャンデリア
5. 郵便局員タカギ
[CD収録楽曲]
1. かごめかごめ
2. かごめかごめ(instrumental)

プロフィール

おおたえみり

幼少の頃からピアノに親しみ、小学4年生の頃から曲作りを始める。2007年、The1st Music Revolution JAPAN FINALにおいて、創作初期の楽曲「情の苗」にてグランプリを受賞。翌年から、地元のライブハウスにて弾語りのマンスリーライブをスタート、その後関西を中心に定期的にライブ活動を行う。併行して、オリジナル楽曲の制作・レコーディングを行い、ライブラリーは150曲を超え、現在も増え続けている。既存の概念や枠に捉われない、全く新しいタイプのアーティスト=音楽芸術家として、2012年8月1日、cutting edgeよりDVD&CD「セカイの皆さんへ/集合体」にてメジャーデビュー。11月21日には2ndDVD&CD「セカイの皆さんへ2/最短ルート」をリリース。2013年、早くも3rdDVD&CD「セカイの皆さんへ3/かごめかごめ'12」が1月30日にリリース決定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで